寒波襲来! 6年振りの大雪!


石川県地方は急速に発達した低気圧と寒波の影響で9日から
大荒れ状態に強風と大雪に見舞われました。
このため台風並みの大風でかほく市や金沢では
屋根が吹き飛ばされるなどの被害が出たほか、
また、一気に降り積もった雪の影響で鉄道や航空関係のダイヤが大乱れ
それに主要幹線道路でもスリップ事故などが多発、大渋滞と混乱を起こしました。

d0043602_20212641.jpg


雪に埋もれれたマイカー

金沢での積雪は46センチを記録したそうですが、
これは6年振りの大雪で、ここ数年は温暖化の影響か
暖冬気味になれた北陸の人間を慌てさせた感じです。


d0043602_20240465.jpg


金沢での積雪は46センチというが
こちらの方が多い感じがします。

d0043602_20262017.jpg


軒先には氷柱もできました・・・

d0043602_20495090.jpg


1昨年、家の前の道路にも融雪が装置ができて
ずいぶんと楽をさせてもらっていますが、
一気に降る雪には、消雪が追い付かないようで
車が出せるように家の前の除雪に一汗をかきました!

d0043602_20313711.jpg


12日正午ごろには雪も、ひとまず峠を越え、
県内、各地に出されていた大雪警報も解除されましたが、
あす、あさっては大学入学センター試験の日
これ以上の、雪が降らないことを祈るばかりです。

゛雪に負けずにがんばれ受験生!”








# by makimaki59 | 2018-01-12 21:30 | Comments(0)

明けましておめでとうございます。



d0043602_10045018.jpg




遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
良いお正月をお過ごしでしたでしょうか・・・
風旅の正月は1日は白山比哶神社に初詣。
早朝4時起きて出かけましたが、もうすでに鶴来街道は大渋滞、
いつもは40分程度で行ける距離なのに4時間もかかりました。

d0043602_10142928.jpg



また、親戚の叔母が3日に逝去、4日5日は通夜と葬儀に参列。
何かと慌ただしいお正月でした。叔母は享年91歳、葬儀は家族葬でしたが、
3人の従弟とは、歳も近いこともあり声をかけてもらいました。
家族葬に参列するは、これが初めてですが、生前親しかった人だけで
故人を偲び、お見送りするこの方法も、いいものでした。(合掌)




# by makimaki59 | 2018-01-10 13:30 | 日記 | Comments(0)

冬将軍到来!

10日未明から降り始めた雪は、数時間で30センチ近い積雪に!
昨年、自宅前の道路に融雪装置がつき安心していたところ
この融雪が、何かの原因で作動しなかったのか、雪原状態!
車がだせないほどの量です。
スコップとママさんダンプを久しぶりに引っ張り出して
懸命の除雪作業!しかりと汗をかきました。


d0043602_18594764.jpg


お隣の4丁目地域の融雪装置は正常に作動しているのに・・・

d0043602_19042020.jpg


12月に、これほどのドカ雪が降ったのは10年振りとか・・・
除雪を終えた後、ユネスコのイベント(ユネスコフォーラム)に
出席するために圧接された雪道をはしり、
やっとの思いで金沢へ・・・・



d0043602_19133429.jpg


四高記念公園(旧県中央公園)もすぽりと雪の中・・・


d0043602_19173414.jpg


四高記念館(旧制第四高等学校)

d0043602_19202201.jpg

d0043602_19214607.jpg


旧大和裏の通りにできた「金沢学生のまち市民交流館」入口
ここでユネスコフォーラムとして夏休みを利用して
ベトナムとカンボジアの寺子屋等を訪問した
ユネスコ青年部の「スタディツアー」の報告会が行われました。

d0043602_19294576.jpg


パワーポイントを使い現地の寺子屋での子どもたちとの
交流の模様を報告する金沢大学、石川県立大学、富山大学の
スタデイツアー参加メンバの皆さん


d0043602_19333211.jpg


現地ではハンカチ染めや折り紙細工、日本語教室
運動会などを行い総合交流・国際理解を深めました。

d0043602_19383359.jpg


和室2部屋を使ってのフォーラム
寺子屋の雰囲気たっぷりです・・・

d0043602_19370655.jpg


第17回スタディツアーに参加した皆さんです。

d0043602_19355827.jpg


外は雪・・・足元が悪く参加者が少なかったのは少し残念でした。


# by makimaki59 | 2017-12-18 19:45 | 河北潟の四季 | Comments(0)