芸術の秋 その2

旧暦の九月十三夜(11.1),文化の日(11.3),立冬(11.7)・・・
速い勢いで暦が進んでいる感じです。街路樹のイチョウやアメリカ楓も
葉を散らし、冬への装いにと真っしぐら!
海も7日には底引漁の解禁、冬の味覚の代表的なカニや
七尾湾のナマコも食卓に上るようになりました。
それに七尾湾や富山湾には早くもブリの回遊が見られるそうです。
いよいよ、私にとって好きではない冬が駆け足でやってきそうです。

しかし、ここ数日は天気が回復、最高気温も20度前後とぽかぽか陽気に
この陽気に誘われて、金沢で開かれている
友人のグループ展や個展を見に出かけました。

d0043602_10185731.jpg


きんしんギャラリーで開催された知人T.Kさんのグループ展
「アトリエ K・アトリエ J」第8回絵画作品展

d0043602_10243392.jpg


性格をそのものを写したような優しい作品です。

d0043602_10265458.jpg


リタイアを期に書や写真、油絵、水彩画など思い思いに
習い事や趣味の世界に生きる友人が沢山いますが
みなそれぞれ、すごい芸術センスをお持ちだったことに
改めて感心させられる、この頃です。



こちらは金沢ひがし茶屋街の「桃組+晴組」の2階の和風ギャラリーで
個展を開いた書家 三藤観映氏の作品展示です。

d0043602_10465459.jpg


中・高校で同級生だった彼は、故今井凌雪(雪心会主宰)に学び
国宝東大寺仁王像の修復に当たり、その胎内の中に新たに納められる
お経作成の担当者の一人として唯一戦後生まれの
書家としてそのメンバーに選ばれた書家です。

d0043602_11222614.jpg


また、以前にNHK教育テレビ「趣味悠々」の~はじめて写経・
般若経を書く~の講師も務めました。
寺を継ぐために七尾に帰郷した彼は、石川県の書道界を
牽引する一人として活躍を続けています。


d0043602_11260349.jpg



プロフィール:願正寺住職、書家・日展会友
NHK京都・金沢美術工芸大学・輪島漆芸技術研修所・
県立七尾高等学校等の書道講師を務め
テレビドラマの題字なども手掛けています。


d0043602_11263602.jpg


ひがし茶屋街の「桃組+晴組」は表通りある旧茶屋「志摩」から
一本北側に入った通りあり、1階は喫茶店、2階はお茶屋の
雰囲気をそのままに残した、趣きのある展示スペース・・・
 作品ととてもマッチしてました。







# by makimaki59 | 2017-11-09 20:33 | Comments(0)

芸術の秋

芸術の秋、読書の秋・・・・
街の街路樹からも日一日と秋の深まりを感じらえるこの頃です。
数日前の新聞に七尾美術展覧会の記事を読んでいて
高校時代の友人が写真部門で昨年につづき受賞しているのを知り
石川県七尾美術館までドライブを兼ねて出かけてみました。

d0043602_08535729.jpg



長谷川等伯の生誕地の七尾・・・
畠山文化の流れが受け継がれているのか
芸術、文化水準の高いところのようで
県美術館で市民展を開催できることも素晴らしいことですネ!


d0043602_08544132.jpg


友人K.Tさんの作品もすぐに目に入ってきました。
海外の旅先で撮った作品でした。


d0043602_08554178.jpg


会場で偶然、同じく同級生で書家で著名なK.M氏と出会いました。
この展覧会の書の部門の審査員長を務めているようです。

d0043602_08562090.jpg




「忍終不悔」・・・゛忍び耐えて人生の終わりを迎えても後悔はしない”
という意味なのだろうか・・・こうありたいものです。




d0043602_09254276.jpg

七尾からの帰りに邑知潟付近で白鳥の群れを見つけ撮影しました。
40~50羽の群れで田んぼの落ち穂をついばんでいるようでした。



# by makimaki59 | 2017-10-30 09:35 | Comments(2)

秋の小旅行 二題 ④

d0043602_11472643.jpg


富岩運河・環水公園内にかつて使われていた閘門が保存されています。
これを見ると閘門のシステムがよく解ります。


d0043602_12105090.jpg

富山県美術館
昭和56年に造られた富山県美術館の前身である富山県立近代美術館は
耐震性不足と消火施設がスプリンクラーであったために、改めて
富岩運河環水公園内に建設が進められ2016年12月に竣工したものです。
愛称として「TAD」(タッド)と呼ばれています。


d0043602_12172939.jpg


内藤廣建設設計事務所の建設設計で
地上3階鉄筋造り(一部鉄骨鉄筋コンクリート)
敷地面積 112.548平方メートル
延床面積 14.990平方メートル

d0043602_12175132.jpg



オノマトペの屋上
オノマトペ(擬音語・擬態語)から考えた遊具で遊べる屋上庭園

d0043602_12182275.jpg


佐藤卓氏のデザインの遊具

d0043602_12185401.jpg
d0043602_12192304.jpg


3Fにはレストランがあり、東京の老舗の洋食店で知られる
「日本橋たいめんけん」が、地方初出店していて人気を集めています。

d0043602_12194767.jpg


たいめんけんの人気メニューのオムライスとケーキ―セットを注文しました。

d0043602_12495527.jpg


園内にはスタバックスコーヒーの店もありました。
水辺の景色を眺めながらコーヒーなどを楽しむことができる
国内のスタバックスのお店としては一番、雰囲気の良い店とのことでした!



d0043602_12502734.jpg
噴水・水のカーテンを通してみる天門橋

d0043602_12522664.jpg


d0043602_12525907.jpg

富山駅に帰ってきました。
福井、富山と連日の小旅行でした
いろいろのハプニングもあり
それなりに楽しむことができました~♪




# by makimaki59 | 2017-10-24 19:34 | Comments(2)