勇壮華麗な石崎奉燈祭

能登のキリコ祭りが日本の文化遺産に指定され喜んでいる風旅ですが
中でも大好きな七尾の石崎奉燈祭を見に出かけました。
幼い頃から祭り見物に訪れ、身体にしみこんだ
あの笛、太鼓、鉦の音と威勢の良い掛け声
このリズムを聞くと、見物している私の口からも自然に
サッカサイ、サカサッサイ、イヤサカサーの掛け声出てしまいます。

d0043602_674440.jpg
堂前広場に集結した奉燈6基
左側から東1区の「漁満浦」 東2区「満年楽」 東3区「志欲静」
東4区「智仁勇」、西2区「満祥雲」、西1区「襲銀鱗」・・・堂々とした書です。

d0043602_6393131.jpg
高さ12~15m、重さ2トンのキリコを100名近い若衆が、担ぎます。

d0043602_6443099.jpg
奉燈には笛、鉦太鼓係の若衆7~8人が乗り込みます。

d0043602_646894.jpg

d0043602_934517.jpg

d0043602_9371520.jpg

d0043602_647338.jpg
見事なバチ捌きでリズムをとり奉燈の動きをコントロールします。


d0043602_6494339.jpg

d0043602_657382.jpg
紙吹雪が舞います

d0043602_6584541.jpg
そろいの法被を新調した西1区の奉燈

by makimaki59 | 2015-08-02 06:14 | 能登の祭り | Comments(2)
Commented by 花咲か爺 at 2015-08-02 18:27 x
懐かしいですねー、"いっさき"の奉灯祭。
風旅さんと見に行きましたね!
夜になって奉灯に灯りが入ると迫力がありました、たぶんあの頃のほうが威勢が良かったのでは?
町中の道路も狭かったし、奉灯がすごく高く見えたような気がします。
「トラマ」先輩が完璧ないっさき顔と、いっさき弁でしたね、今でも鮮やかに思い浮かびますよ。
とにかくどこの家でもお酒を飲ませてくれたと憶えています、高校一年生でしたけど…。
もう一度見てみたいですね。
Commented by makimaki59 at 2015-08-02 22:39
花咲か爺さんへ

懐かしいですね!1年先輩の「トラマさん」なかなかユニークな先輩でした。実家が横綱「輪島」の実家の近くで東3区、
銀行マンになった彼とは社会人となっても、ちょくちょく顔を合わす機会がありました。多分、金沢に住んでいると思うのですが・・・
それからN高校のヨット部先輩(義坊の1年先輩)でH大学ヨット部で活躍した故I先輩の自宅は西1区・・・よくおよばれしました。
“いっさき”の人は最初は取っ付きにくいところが、ありますが
気心が知れると、「お前とはやうち!」(親戚)となってしまう
素晴らしい人の多いところですね。



<< 金沢医科大病院 旧本館取り壊し... 第41回和倉温泉MROヨットフ... >>