山下晴子彫刻展

知り合いからの勧めで、金沢のしいのき迎賓館ギャラリーで開催れていた
山下晴子展 「彫刻の力」~パブリックアートに秘められた作家の思い~を
鑑賞に出かけました。

d0043602_10170808.jpg

山下晴子さんは旧石川郡鳥越村の生まれ(1952)で
金沢大学を卒の後、金沢美術工芸大学の彫刻科に入り直し卒業した異色の人?
制作の場を国内にとどまらず世界各地で作品を残しています。

d0043602_10202754.jpg

中でもエジプトで制作した巨大彫刻「LINK」が知られています。
この他 モロッコやヨロッパをはじめ国内、県内の公共施設などで
彼女の作品を見ることができるそうです。

d0043602_10240269.jpg

白大理石や黒大理石作られた作品が展示されています。
会場ではエジプトでの制作活動を記録したビデオを見ることができました。

d0043602_10341468.jpg

写真、右奥は金沢城の石垣・・・これも石の作品?
堅い石を切り出し、加工して物を作り上げるそれ自体も
大変なことなのに、コッコッと削り出し、磨き上げそれを
それを芸術作品までに高めてゆく作業を想像するだけに
気が遠くなそうです。山下晴子さんを尊敬します。

d0043602_10484863.jpg

お隣の石川県中央公園も新録のシーズンンへ・・・
ところで、この名称、もう3年前の2014.6月25日に
「いしかわ四高記念公園」に改称していました。
北陸新幹線開通を前年にひかえて
観光客対応への変更だったのだろうか・・・


by makimaki59 | 2017-04-24 11:07 | Comments(0)
<< 七尾の「青柏祭」 さくら満開ーその3 >>