ちょっと気になるスリップ姿の銅像

金沢市下本多町の電力プラザの前庭に女性の座像がある。春夏秋には、余り気にならなかったが、この積雪の中では、スリップ1枚では寒そう・・・とか、風邪をひきそう・・・とか、美術
鑑賞とは別の方向に気がいってしまいまいます。そういえば、新潟の女性(ひと)で同じ気持ちになった人がいました。その人は雨や雪がかからないようにその銅像に屋根(?)をつけたそうです。

d0043602_20282726.jpg

d0043602_20293498.jpg

d0043602_2030309.jpg


■屋根をつけるのは、金も掛ることだし、ベルギー・ブリュッセルの小便小僧のように季節に合わせて防寒具を含めての衣装を着せるとか、せめて「足湯」を用意すると言うアイディアはいかがだろうか?(ネタ不足の戯言です)
by makimaki59 | 2006-01-13 20:44 | 金沢散策 | Comments(2)
Commented by tokimekiroman at 2006-01-14 22:45
スリップ姿の銅像、私も気になっていました。まわりが雪なのに、ほんとに寒そうです。
最近は、温泉地でも「足湯」がブームですから、せめて「足湯」を用意してあげたらどうでしょう?
北陸電力さんの電気で沸かした湯を使えば、一石二鳥かも?
Commented by 風の旅人 at 2006-01-15 18:15 x
ときめきさんへ
グットアイディアですネ♪
「足湯」がだめなら、きょう観てきた[Always3丁目の夕日」にでていた「湯たんぽ」でもいいですね。
<< 気温上昇で濃霧発生! 金沢21世紀美術館 タレルの部屋 >>