金沢城内にある旧陸軍第六旅団司令部

以前,旧陸軍第九師団司令部・同師団長官舎・偕行社・兵器支廠兵器庫 (石川県立歴史博物館)などを
紹介しましたが、今回は金沢城内に残る旧陸軍第6旅団司令部庁舎を紹介します。
旅団とは、師団の管下に置かれ旧陸軍では1師団に2旅団が置かれました。
また、旅団の下には通常2~3の歩兵連隊が置かれました。
第九師団では、日露戦争前の明治31年以降、その隷下に歩兵第七連隊と歩兵第35連隊編成による
第六旅団と歩兵第19連隊と歩兵36連隊編成の第十八旅団(福井県敦賀に司令部)がありました。

d0043602_202049100.jpg

城内「切手門」・・・藩政時代は側室の住まい数奇屋敷がありました。

d0043602_20254812.jpg

旅団は師団と連隊の間の中2階的(中間管理職的?)な存在だったようです

d0043602_20244789.jpg

d0043602_2027267.jpg

旅団長は少将クラスで副官2~3名・事務取り扱いの書記役の曹長2~3名と
それに連隊から派遣される当番兵のこじんまりした組織だつたようです。

旧陸軍第九師団司令部の建物
■旧陸軍偕行社の建物
■第九師団長官舎





 
by makimaki59 | 2006-06-07 20:39 | 金沢散策 | Comments(5)
Commented by tokimekiroman at 2006-06-09 21:50
旧陸軍第六旅団司令部、貴重な建物ですね。
陸軍関係の建物紹介、4回目ですか。だんだん充実してきましたね。

この建物も師団長官舎の近くへ移して、一体的に整備した方がよいのでではと思います。
Commented by 風の旅人 at 2006-06-09 22:17 x
ときめきさんへ
第九師団が置かれた明治30年代からから昭和20年8月の終戦まで、ある意味では軍都と言っていいかも知れませんね。
これだけの建造物が現存している他にはあまりないのでは・・・・貴重な歴史的建造物として後世に残すべきですネ。
集中させるとすると、やはり、護国神社周辺ですかネ。
Commented by 白犬さん at 2006-06-10 06:04 x
懐かしい建物ですね。かつて金沢大学が城内にあった頃、一般人向けの大学開放講座がこの建物で開かれていました。毎月1回土曜午後でしたが十数年前に三年間ほどこの建物に通いました。板敷きの床を歩く感触が今も鮮明に思い出されます。写真を見ていたらそこで行われた講義の一つ、シュトルムの「みずうみ」を読んだときの感動が蘇ってきました。雰囲気から旧陸軍のものだろうとは思っていましたが旅団の司令部跡とは知りませんでした。ご案内有難うございました。
Commented by 風の旅人 at 2006-06-10 14:11 x
白犬さんへ
10数年前に、すでに一般向けの大学開放講座が会ったのですか・・・
金沢大学がまだ城内にあった頃ですかね・・・・
あの頃と比べる城内はすっかり様変わりです。
Commented by 河童 at 2007-12-29 01:36 x
班<分隊<小隊<中隊<大隊<連隊<旅団<師団<軍団<軍<軍集団
こういう解釈でいいのかな?
<< 広坂緑地公園の花々 金沢城 石垣回廊を散策 >>