ユネスコ スピーチコンテスト

 
3連休初日は高校生のスピーチコンテストのお手伝いです。

イベント名は国際理解・国際協力のための高校生主張コンクール

石川県ユネスコ協会発足以来の年間行事の一つで日本国連協会主催の

全国大会の県代表予選も兼ねて開催しています。

d0043602_19594557.jpg

テーマは自由ですが、今年は災害ボランティアや戦争と平和、

それに地球環境問題を取り上げたテーマが目立ちました。

d0043602_20174531.jpg
しっかりした意見発表に日本の将来は明るいと感じました

・・・・大人はもつと頑張らなくては、情けない限り・・・・

d0043602_20275395.jpg

「地球に平和な日が訪れる日をめざして」をテーマにした

宮本頌子さん(北陸学院)に最優秀賞が贈られました。

d0043602_2036349.jpg

受賞者3名の記念撮影

左:能登半島地震を取り上げ優秀賞を受けた角口花奈さん(七尾東雲)「広がれボランティアの大きな輪」

右:環境問題をとりあげ優秀賞を獲得した新谷英恵さん(金沢辰己丘)「木を食べる人間」

■最優秀賞を受賞した宮本頌子さんは石川県の代表として国連協会主催の全国大会に出場

 そこでも入賞すれば国連のあるニューヨークに招待されることになります。 健闘をお祈ります! 



 
 
by makimaki59 | 2007-10-06 20:00 | ユネスコ | Comments(4)
Commented by gonkappa at 2007-10-06 22:00
スピーチコンテストのお手伝いお疲れ様でした。このコンテストはもちろん英語なんでしょうね?最近の子どもたちは私たちの時代と違って英語に親しむ環境が違うので彼女たちのスピーチうまさは想像以上なんでしょうね(笑)
Commented by 風の旅人 at 2007-10-08 10:17 x
「国家の品格」の藤原正彦さんではありませんが、
日本語を大切に、主張はもちろん日本語です!(笑)
県の外郭団体の国際交流センター主催のスピーチー・コンテストは
英語で実施しています。
昨今の状況から、今頃の若い者は・・・・との思いもありましたが、
しっかりした発表内容で、まだまだ日本の将来も
そう悲観的にばかり見る必要がないのではとも思いました。
海外見聞やボランティア参加など体験させることが
若者たちを物質偏重文化から覚醒させる一番の近道かもしれませんね。
Commented by tokimekiroman at 2007-10-08 19:13
高校生の主張・・・。
地球環境について、しっかりと自分の意見が述べられる高校生がいることは、心強いことですね!
お手伝い、おつかれさまでした!
Commented by 風の旅人 at 2007-10-08 19:51 x
ときめきさんへ
彼女は東南アジアのマングローブがエビの養殖池のために
伐採が続いていることから危機感をもったようです。
そのエビのほとんどは日本人の胃袋の中に消えてしまう訳ですから
考えさせられますね。
<< 実りの秋 善意に感謝! >>