近江市場ー秋の味覚がいっぱい!

再開発が進む金沢武蔵ヶ辻地区に出かけました。

d0043602_17193062.jpg

歴史的建造物として保存が決まった「北國銀行武蔵ヶ辻支店」(旧本店)も
交差点付近に移動を完了したようです。
d0043602_17302615.jpg

アーケードが取り壊され仮店舗営業中の近江町市場を覗いてみました。

d0043602_1735027.jpg

秋の味覚の王様「松茸」ずらり・・・この夏の猛暑で地物は平年の三分の一
値段は1キロ、十数万円・・・匂いだけかいでみました!(笑)

d0043602_1744566.jpg

地物の柿も店頭に・・・こちらは買えそうです。

d0043602_17522846.jpg

こちらは日本海の幸・・・甘エビなど地物が格安の値段で並びます。

d0043602_17555197.jpg

■memo:近江町再開発ビルは地下1階・地上4階。1階部分には現在ある約50店舗が、
 
再配置されるほか新たに地下1階に25店舗・2階に15店舗がテナント募集される。、

3~4階は金沢市が「市民交流センター」「子育て支援施設」として利用する方針。

完成は09年3月末だが、一部は08年11月に先行オープンの予定。、

by makimaki59 | 2007-10-26 17:32 | 金沢散策 | Comments(12)
Commented by くてくて at 2007-10-27 01:08 x
言われないとわからない風景になってますね。
約1年後には先行オープンするんですかぁ、すごい早さですね。
1枚目の女性が立っている場所はダイエーがあったところですか?
Commented by netton at 2007-10-27 10:33 x
5月の百万石行列の時に近江町市場の前のスタバで陣取っていたんですが、その帰りに立ち寄った市場は改修工事でありながら盛り上がっていたのがスゴイ!!と思いました。
馴れ親しんだものが無くなるのは寂しく、あの状態を残せるように運動して下さっている人もいらっしゃるようですが、時代には逆らえないんでしょうかねぇ
お年寄りが楽にお買い物ができるようい、階段じゃなくてスロープにしてほしいですね
Commented by 風の旅人 at 2007-10-27 10:53 x
くてくてさんへ
武蔵地区は様変わりです。
エムザ(名鉄丸越)の道路を挟んで向い側の武蔵ビルはマンションに
また女性の立っているダイエー側も、解体工事に入っていました。
見慣れた風景が一つ一つ消えて行くのは、寂しいものですね・・・。



Commented by 風の旅人 at 2007-10-27 11:06 x
nettonさんへ
エムザのスタバで陣取って百万行列をご覧になったのですか
・・・・特等席でしたね!(笑)

私もこれまでの近江町市場の雰囲気が庶民の台所の感じがして
良いと思うのですが、老朽化した建物が多く、雪害や火災、それに
地震等を考えるとビル化もやむ得ないのでしょうね。
近代化しても、あの一種独特の近江市場の雰囲気を残して欲しいものです。
Commented by くてくて at 2007-10-27 14:22 x
ありがとうございました、やはりダイエーでしたか。
ダイエーも、、ですものね。
にわか住民の私は近江町市場の中を観光客を追い越し(笑)買い物したものでした。
時々出口を間違えて「ダイエー口」に出たりしてました。
Commented by tokimekiroman at 2007-10-27 14:48
北國銀行武蔵ヶ辻支店、移動が完了ですか。
武蔵ヶ辻もどんどん変わっていきますね。
近江町は威勢のいい掛け声が魅力です。
これからも聞きたいものですね。
Commented by 風の旅人 at 2007-10-27 23:03 x
くてくてさんへ
近江町には幾つかの入り口があり、
また、内部は金沢の裏通りのごとく迷路のようで
私も就職して金沢に来た頃は何度か迷いました(笑)
Commented by 風の旅人 at 2007-10-27 23:10 x
tokimekiさんへ
あのように大きな建物を数十メートルも移動させるなんて
驚きですね。金沢駅から武蔵にかけて変貌の早さに目を見張ります。
Commented by gonkappa at 2007-10-28 17:54
近江市場ですか近江というだけに何だか身近に感じます。
私の親戚にも近江市場ファンがいて、新鮮な魚が欲しいと
車を飛ばして金沢までひとっ走りする人がいるんです。
やっぱり新鮮さが格別なんでしょうね。
Commented by 風の旅人 at 2007-10-29 09:04 x
gonさんへ
前田利家は織田信長の家来。国持大名になつた時には故郷の尾張や
その後のゆかりのあった土地の商人や職人も連れてきたようで、
今でも尾張町や近江町の地名が残ったと思われます。
近江町の開設は1721年(享保6年)で点在していた市場を
ここに集め商いをさせたのが始まりのようです。
1904年(明治37年)には「官許金沢青草辻近江町市場」となり
現在に至っています。
近江町市場の魅力は、なんと言っても新鮮で値段も安く、
威勢のいい体面販売が魅力ですね。
11月に入ると「カニやナマコの解禁!」
いよいよ「冬の味覚」を堪能できるシーズンに入ります。
Commented by 東シナ海 at 2007-10-29 12:40 x
高校生の頃、薄暗くて、魚の匂いがする近江町の中を歩いて、英会話に習いに行っていました。水を受けて反射するアスファルトが、もう見られないのは、ちょっとさみしいです。
Commented by 風の旅人 at 2007-10-29 21:57 x
東シナ海さんへ
近江町には、それぞれ、いろいろな思い出が詰まっているのですね。
年末ともなれば歩けないほどの狭い通路、それに迷路のよな道・・・・
あの雰囲気が無くなるのは、ちょうと寂しいですね。

<< 読書の秋! 「素焼き」無事完了! >>