ヨット忘年会 ②

フォト編


d0043602_09030552.jpg
d0043602_09033970.jpg


フェアⅤは年間総合&ポイント総合ともに3位入賞


d0043602_09065793.jpg
d0043602_09080306.jpg
d0043602_09090471.jpg


特別賞の敢闘賞を受賞したビックベア―・グループ

d0043602_09105143.jpg


オーストラリアで開催されるワールドセーリングユース世界選手権大会、
420級の日本代表に選ばれた川崎聖・永田魁組に対しての
遠征費のカンパも集められました。

d0043602_09120660.jpg
お礼を述べる2選手
大会は今月26日~1月3日まで
オーストライアのフリーマントルで熱戦が繰り広げられます。

d0043602_09133968.jpg

d0043602_09145551.jpg
この他、学生たちが企画してくれたビンゴゲームも楽しみました。




# by makimaki59 | 2017-12-11 19:26 | セーリング | Comments(0)

ヨットの忘年会


石川県セーリング連盟の、この1年を締めくくる「陸のヨットフェア」が
昨夜、JR金沢駅近くのホテル金沢で開催されました。
懇親会に先立ち、大型艇のクルーザー部門と小型艇ディンギー部門に分かれて
ことし最後の会議が行われ、新年度の各種レースの開催日などの調整が行われました。

お待ちかねの懇親会は18:00から、国体などで活躍した高校生を含めて
社会人、大学生のヨット乗り約50人が参加し、この1年間を振り返るとともに
来期に向けて,更なる飛躍を誓いあいました。



d0043602_08510368.jpg



今年の暮れには悲しい出来事がありました、七尾北湾で練習していた
金沢工業大学ヨット部の2年生のK.K君が470級に乗艇していて転覆、
若い命を散らしてしまいました・・・
悲しくてとてもショックな出来事でした。

また、この席上で石川国体ヨット競技、総合優勝に導いた
原動力の一人だった元県立穴水高校教諭の新谷仁彦(とよひこ)さんの
悲報が届き、全員で1分間の黙とう奉げご冥福を祈りました。

d0043602_09440782.jpg


挨拶する大西治夫会長


d0043602_10191407.jpg


賞状 第22回国体少年男子420級 8位 
監督 岩城宏志  川崎聖 永田魁 組
同 成年女子レザーラジアル級 8位
監督 青山貴志  矢田 友美

d0043602_09432386.jpg


同 石倉喜八朗理事長

2人からは、今年度の国体はじめインターハイ、インカレなどの成績
また、セーリング・ワールドカップ 420級で磯崎哲也選手
(エスビーネットワーク)とペア―を組んで銀メタルを獲得するなど
大活躍している羽咋工業高校出身の高柳彬選手(日本経済大)
についての情報や来年開催される福井国体へ向けての選手への激励と
競技支援のためのスタッフ協力が改めてなされました。

d0043602_15294818.jpg


表彰式 大型艇レース
年間総合優勝に栄冠に輝いた
翔波グループ

2位カパルアベイ 3位フェアⅤ 4位ビックベア 5位U&U  6位アナコンダ


d0043602_15421527.jpg


七尾湾ポイントレース総合優勝
カパルアベイ・グループ

2位翔波 3位フエアⅤ 4位ビックベア 5位U&U 6位アナコンダ

d0043602_15494721.jpg


七尾港まつりレース
優勝 アナコンダ

2位翔波 3位ビックベア 4位U&U 5位そよ風 6位カパルアベイ


d0043602_15552315.jpg

d0043602_15564410.jpg
d0043602_15583333.jpg
d0043602_15595824.jpg
d0043602_16035318.jpg
d0043602_16043335.jpg
d0043602_16064375.jpg

国体報告をする岩城宏志、青山貴志両監督

d0043602_16080438.jpg


つづく


# by makimaki59 | 2017-12-10 18:00 | Comments(0)

芸術の秋 その2

旧暦の九月十三夜(11.1),文化の日(11.3),立冬(11.7)・・・
速い勢いで暦が進んでいる感じです。街路樹のイチョウやアメリカ楓も
葉を散らし、冬への装いにと真っしぐら!
海も7日には底引漁の解禁、冬の味覚の代表的なカニや
七尾湾のナマコも食卓に上るようになりました。
それに七尾湾や富山湾には早くもブリの回遊が見られるそうです。
いよいよ、私にとって好きではない冬が駆け足でやってきそうです。

しかし、ここ数日は天気が回復、最高気温も20度前後とぽかぽか陽気に
この陽気に誘われて、金沢で開かれている
友人のグループ展や個展を見に出かけました。

d0043602_10185731.jpg


きんしんギャラリーで開催された知人T.Kさんのグループ展
「アトリエ K・アトリエ J」第8回絵画作品展

d0043602_10243392.jpg


性格をそのものを写したような優しい作品です。

d0043602_10265458.jpg


リタイアを期に書や写真、油絵、水彩画など思い思いに
習い事や趣味の世界に生きる友人が沢山いますが
みなそれぞれ、すごい芸術センスをお持ちだったことに
改めて感心させられる、この頃です。



こちらは金沢ひがし茶屋街の「桃組+晴組」の2階の和風ギャラリーで
個展を開いた書家 三藤観映氏の作品展示です。

d0043602_10465459.jpg


中・高校で同級生だった彼は、故今井凌雪(雪心会主宰)に学び
国宝東大寺仁王像の修復に当たり、その胎内の中に新たに納められる
お経作成の担当者の一人として唯一戦後生まれの
書家としてそのメンバーに選ばれた書家です。

d0043602_11222614.jpg


また、以前にNHK教育テレビ「趣味悠々」の~はじめて写経・
般若経を書く~の講師も務めました。
寺を継ぐために七尾に帰郷した彼は、石川県の書道界を
牽引する一人として活躍を続けています。


d0043602_11260349.jpg



プロフィール:願正寺住職、書家・日展会友
NHK京都・金沢美術工芸大学・輪島漆芸技術研修所・
県立七尾高等学校等の書道講師を務め
テレビドラマの題字なども手掛けています。


d0043602_11263602.jpg


ひがし茶屋街の「桃組+晴組」は表通りある旧茶屋「志摩」から
一本北側に入った通りあり、1階は喫茶店、2階はお茶屋の
雰囲気をそのままに残した、趣きのある展示スペース・・・
 作品ととてもマッチしてました。







# by makimaki59 | 2017-11-09 20:33 | Comments(0)