カテゴリ:能登の祭り( 17 )

石崎の奉燈祭

ことしも石崎の奉燈祭の見物に出かけてしまいました。
どうも、あの太鼓、笛、鉦の音と、
あの「イヤサカサッセ、サカセ、サカサッセ!」の
威勢のいい掛け声が、TVのニュースから流れてくるといけません!
夕食もそこそこに18:30に家を出て、車を走らせて
七尾市石崎町へと駈け付けました。


d0043602_10415725.jpg



夜の奉燈が、動くのは20:00から、JR和倉温泉駅近くの
臨時駐車場に、何とか車の駐車もできて、
かって知ったる石崎町の裏道をショートカットして
6基の奉燈が、勢揃いしている堂前広場に着いたのは
ジャスト20:00、東1区の奉燈が、広場を練って
石崎町の西側、西1区地区に向かい移動を開始したところでした。


d0043602_11010445.jpg


高さ12~15m、重さ2トンの大奉燈(キリコ)が
100名近い威勢の良い若衆たちに担かれて
道幅ぎりぎりいっぱいの街中を練ります。

d0043602_11124298.jpg

石崎の町は東1区から東4区、西1区から西3区の
合わせて7区で成り立っていますが、西3区の奉燈は、
祭りの前日、JR和倉温泉駅の広場で担がれますが
堂前広場に集合する6基の中には含まれていません。



d0043602_11182021.jpg
各々の奉燈は大きさや飾りなどにもライバル意識が、高いようで
奉燈にかかれた立派な書や裏側に描かれた絵を見るのも
楽しみの一つです・・・


d0043602_11522147.jpg



奉燈には笛、鉦を打つ子どもたち7~8人と
太鼓打ちの大人が乗り込み、その囃子方のリズムで
担き手が、掛け声とともに一糸乱れぬ動きを見せるところが
石崎奉燈祭の魅力でもある



d0043602_12000339.jpg



町の西の端まで行った奉燈は、今度は東の端に向かいます。
祭りは日の変わる深夜までつづきます。








by makimaki59 | 2017-08-06 15:21 | 能登の祭り | Comments(0)

お熊甲祭り 

何年か振りにお熊甲祭り見物に七尾市中島町(旧鹿島郡)に立ち寄りました。
久麻加夫都阿良加志比古神社(くまかぶとあらかしひこじんじゃ)のこの祭りは
「二十日祭り](はつかまつり)や「枠旗まつり」(わくばたまつり)とも呼ばれ
国の重要無形民俗文化財に指定されています。

d0043602_10493312.jpg
かっては熊木郷といわれた中島近郊の17の神社から
総社のこの神社にお神輿と枠旗が集合します。
※境内には薬師社とその奥に加茂社がありこれを含めると末社は19社となります。

d0043602_17512727.jpg
枠旗の先端部分を含めると高さ20m近くありそうです。

d0043602_18162927.jpg

d0043602_18184069.jpg

d0043602_1883252.jpg
次つぎと本殿前に各末社の神輿と枠旗が登場! 荒々しくお練りを繰り返します。

d0043602_21261858.jpg
祭りの行列を先導するのは゛猿田彦”
d0043602_21293333.jpg
それぞれの神社の猿田彦の仕草が面白く

d0043602_2130166.jpg
祭りの見どころの一つです~♪

d0043602_21404575.jpg
お昼過ぎ、神社を出発してお旅所の加茂原へ向かいます。

d0043602_21415167.jpg
鉦と太鼓のリズムに合わせ
ユーモラスな動きで魅了する猿田彦します。

d0043602_21445999.jpg

d0043602_21433383.jpg
見物客から盛んにシャッターが切られていました。

今回はここでまつり見物は終了
゛島田くずし”は風旅の資料写真です。



d0043602_2255281.jpg

d0043602_2256521.jpg

d0043602_22435953.jpg
以上  2008.9.20

d0043602_22442229.jpg
2006.9.20

by makimaki59 | 2015-09-21 10:20 | 能登の祭り | Comments(0)

輪島大祭 その2

d0043602_7125549.jpg
マリンタウン入り口の交差点は見せ場となります。
キリコをコマのように回転させて乱舞します。

d0043602_7263960.jpg
祭り広場には2つの大タイマツが立てられ火がつけられます。
このタイマツの先端には3本の御幣竹が取り付けてあり
倒れると同時に、この御幣の奪い合いも見どころの一つです。

d0043602_7174761.jpg
波止場に整列した20余基のキリコ群


d0043602_8214929.jpg

お神輿が、御仮屋を出るときに「輪島まだら」が謡われました。
「七尾まだら」は聴きなれていましたが、輪島まだらを生で聞くのは初めて・・・
やはり格式を感じて、自然に独特の手拍子が出てしまいました!(笑)
このお神輿をかつぐことのできるのは、その年の厄年の方だけで
後厄の人は介添えにつく習わしになつているそうです。

by makimaki59 | 2015-08-26 07:17 | 能登の祭り | Comments(0)

輪島大祭

同業他社のリタイア組のみなさまとともに恒例のバス旅行
今回はNHK朝ドラで、いま注目の奥能登輪島のお祭り見物です。
この祭り輪島市の奥津比咩神社・重蔵神社・住吉神社・輪島前神社重蔵神社の
4っの神社が8月22日から25日のほぼ同じ時期に
夏祭りを行うことから「輪島大祭」と呼ばれています。

d0043602_10491390.jpg
マリンタウンとして整備された輪島港

d0043602_10505395.jpg
2015.3月に市内塚田町から移転、リニュアルオープンした「輪島キリコ会館」
館内には大キリコ7基、キリコ24基が収容展示されています。

d0043602_1839672.jpg
午後8時 キリコが集まるマリンタウンへ
ここではキリコの到着前の時間を利用して御陣乗太鼓のご披露がありました。

d0043602_199954.jpg

d0043602_18535786.jpg

d0043602_18543782.jpg

戦国の世の天正時代、能登に攻め込んできた上杉謙信勢を
樹の皮で仮面を作り、海草を頭髪として太鼓を打ち鳴らし
夜陰に乗じて上杉の陣営に夜襲をかけて撃退させた謂れのある太鼓です。
いろいろな仮面と迫力ある太鼓の響きは、いつ聞いても感動ものです!

d0043602_19583221.jpg

20:00頃 待ちかねたキリコ行列が神輿を先頭に重蔵神社から到着です。

d0043602_201633.jpg


つづく

by makimaki59 | 2015-08-25 10:35 | 能登の祭り | Comments(0)

勇壮華麗な石崎奉燈祭

能登のキリコ祭りが日本の文化遺産に指定され喜んでいる風旅ですが
中でも大好きな七尾の石崎奉燈祭を見に出かけました。
幼い頃から祭り見物に訪れ、身体にしみこんだ
あの笛、太鼓、鉦の音と威勢の良い掛け声
このリズムを聞くと、見物している私の口からも自然に
サッカサイ、サカサッサイ、イヤサカサーの掛け声出てしまいます。

d0043602_674440.jpg
堂前広場に集結した奉燈6基
左側から東1区の「漁満浦」 東2区「満年楽」 東3区「志欲静」
東4区「智仁勇」、西2区「満祥雲」、西1区「襲銀鱗」・・・堂々とした書です。

d0043602_6393131.jpg
高さ12~15m、重さ2トンのキリコを100名近い若衆が、担ぎます。

d0043602_6443099.jpg
奉燈には笛、鉦太鼓係の若衆7~8人が乗り込みます。

d0043602_646894.jpg

d0043602_934517.jpg

d0043602_9371520.jpg

d0043602_647338.jpg
見事なバチ捌きでリズムをとり奉燈の動きをコントロールします。


d0043602_6494339.jpg

d0043602_657382.jpg
紙吹雪が舞います

d0043602_6584541.jpg
そろいの法被を新調した西1区の奉燈

by makimaki59 | 2015-08-02 06:14 | 能登の祭り | Comments(2)

寺家の大キリコ

珠洲市寺家には4基の大キリコがあります。

d0043602_20194535.jpg
須須神社横にはキリコ保管のための大倉庫が・・・

d0043602_20223766.jpg
倉庫の中には9月第2土曜日開催される
秋祭りに使われる4基のキリコが保管されています。
※あいにく、1基は解体修理中でした。

d0043602_20422763.jpg
能登最大クラスの、この大キリコは
高さ16.5m、重さ4トン、屋根の大きさも約12畳というビックさを誇ります。

d0043602_20525460.jpg

また、大きさはもとより総漆塗や金箔、彫り物等に華飾された豪華さにも目を見張ります。

by makimaki59 | 2014-09-26 20:38 | 能登の祭り | Comments(0)

須須神社を参拝

蛸島の早船狂言を見た翌朝、能登半島の最先端部、
三崎町寺家にある須須神社を参拝しました。
延喜式内の古社のこの神社は、わが国の北方の鬼門を守護社として存在で、
航海の安全、厄除けの神徳あらたかな神社です。


d0043602_22505018.jpg
鬱蒼とした原生林に覆われた参道。

d0043602_22514226.jpg
祭り旗に付けられた「さるぼぼ」

d0043602_22532877.jpg
スダジイやタブノキ、モミ、ヤブなど約250種類を数える
この鎮守の森は国の天然記念物に指定されています。

d0043602_22545550.jpg
境内にある宝物殿
宮司さんのご厚情で国の重要文化財に指定されている
木造男神像(鎌倉時代の作)など宝物類の説明をいただきました

d0043602_22562033.jpg

memo  祭神は、高座宮(たかくらのみや)には天津日高彦穂瓊瓊杵尊・美穂須須美命
金分宮(きんぶのみや)には木花咲耶姫命が祀ってある
高座宮の近隣に、須須神社奥宮と、須須神社金分宮がある

by makimaki59 | 2014-09-18 22:47 | 能登の祭り | Comments(0)

「早船狂言」見物に奥能登へ ②

d0043602_10383437.jpg

高倉彦神社の境内に集まってきたキリコ

d0043602_1039957.jpg
雲間から月も顔を出しました。

d0043602_10415426.jpg
絵が描かれているのはキリコの裏面
表側には吉兆を願う文字が書かれています。

d0043602_10424692.jpg
揚屋の芸者「高尾・高崎」?
 
d0043602_10455570.jpg
「早船狂言」の開始は午後9時から・・・

d0043602_10482656.jpg
石川県の無形民俗文化財の指定を受けている
この「早船狂言」 3名の二十代の若者が演じます。

d0043602_10494988.jpg
船頭(右)と艫取り(ともとり)との掛け合い
 
d0043602_10545654.jpg
狂言のあらすじは、今で言うイケメンの船頭が
揚屋の芸者「高尾・高崎」入れあげて、一向に出航しないので
艫取りが、早く船を出すようにせまる様子を狂言にしたものです。

d0043602_10523936.jpg
上演時間は口上を含めて約1時間
台詞が決まる度に見物客から掛け声が飛び
紙吹雪が舞っていました。
能登の祭りは、いつ見ても祭りに対する地元の人たちの
熱い思いとエネルギーを感じさせてくれます。

by makimaki59 | 2014-09-14 10:39 | 能登の祭り | Comments(0)

「早船狂言」見物に奥能登へ

まつりの宝庫ともいわれる能登地方は、秋祭りの最盛期
珠洲市蛸島では9月11日に秋祭りが行われ多くのキリコが街を練り
祭神の高倉彦神社の境内では伝統の「早船狂言」が演じられました。


d0043602_65239100.jpg
町の中を巡行するキリコと御神輿
蛸島には16基のキリコがあるそうですが、今回は1基が参加できなかったそうです。


d0043602_70154.jpg
輪島塗を施したキリコ


d0043602_74373.jpg
華やかな衣装と豪華な刺繍を施した前掛けをしたお祭衆
女性も担ぎ手として加わります。


d0043602_715991.jpg

d0043602_716465.jpg

d0043602_7165033.jpg

思い思いに顔に施した化粧も見ていて楽しい・・・・

d0043602_7235347.jpg
町あげて老若男女ともに祭りを楽しみます。

d0043602_7254875.jpg
自然豊かな蛸島は美人の産地?
美しい女性が多いように感じました・・・

d0043602_736188.jpg
日も暮れ行き、キリコの神社入りとともに祭りは、さらに盛り上がります。

つづく

by makimaki59 | 2014-09-13 06:17 | 能登の祭り | Comments(2)

石崎の奉灯祭り

ようやく北陸地方も梅雨明けしました。
例年より10日遅い梅雨明けだそうです。
このところ帰郷中の孫のサービスに爺は大忙し、
昨日は福井の勝山市にある恐竜博物館へ
きょうは能登、石崎の奉灯祭りに出かけました。

d0043602_23284597.jpg
勝山市にある恐竜博物館

d0043602_2335395.jpg

d0043602_23275787.jpg
ティラノサウルスと対面です。


d0043602_23395314.jpg

d0043602_23425248.jpg

d0043602_23454133.jpg

d0043602_2347254.jpg
鉦と太鼓と笛・・・石崎の奉灯祭りの独特のリズムに
見物するこちらも自然に「イヤサカサッセ!」の掛け声が口をついてでます。
いつ見ても迫力のある大好きな祭りです!

by makimaki59 | 2013-08-03 23:34 | 能登の祭り | Comments(1)