カテゴリ:陶芸( 84 )

初窯出し

1月5日は趣味の陶芸の初窯出しでした。
暮れの12月29日に釉薬をかけて窯入れ作品ですが
窯出しの日は、いつもながら、どのような焼き上がりになっているか
期待と不安で緊張する一瞬です。
今回、窯入れしたのは小物ばかり5点・・・
窯入れの作品数が、少なかったため仲間の作品を含めて
まずまずの焼き上がりになったようです。

d0043602_133942100.jpg
コーヒーカップ
陶土/白御影 釉/ 透明・白萩

d0043602_13532630.jpg
ピッチャー(湯冷用)
陶土/白御影 釉/ 透明・白萩

d0043602_13565251.jpg
浅漬け容器の重し蓋を作りました。
陶土/信楽白土 釉/ 透明・瑠璃(ルリ)

d0043602_1424623.jpg
余った土で、いつもながらの「ぐい吞み」
陶土/信楽白土 釉/ 透明・白萩 重さ/90g

by makimaki59 | 2017-01-06 13:31 | 陶芸 | Comments(2)

窯出し


釉をかけて1週間前に釜入れした品が焼きあがりました。

d0043602_9223262.jpg
奥にあるのが電気窯
手前の作業所からレール上の台車で窯入れするシステムになっています。

d0043602_948149.jpg
今回は小物類を11点、窯入れしました。

d0043602_9495550.jpg
白萩釉をかけた「ぐい吞み」

d0043602_9521212.jpg
小ぶりのドレッシング入れ「片口」です。

d0043602_9545357.jpg
おろし蕎麦用につくった小振りのどんぶり(白)

d0043602_955745.jpg
初めて黒マットを使ってみました。

d0043602_1041878.jpg
陶芸・木曜サークルの仲間たちみなさん頑張っていますが
風旅はパワー不足・・・劣等生といったところです。

by makimaki59 | 2016-04-16 09:18 | 陶芸 | Comments(2)

素焼き

久しぶりの窯入れです。
陶芸作品は、意外と時間がかかるものです。
粘土をこね、てび練りや轆轤を使い作品作り、
生乾きの段階での高台つくりや削りの作業、その後、ゆっくりと自然乾燥
その後、素焼き→釉掛け→本焼き→作品完成の流れです。
この作業工程に私たちサークルではそれぞれ1週間の間隔をあけています。

d0043602_954514.jpg
素焼きの窯出し作業です。

d0043602_99524.jpg
今回は「おろし蕎麦」用のどんぶりと余った土でぐい吞みを作ってみました。

d0043602_91337100.jpg
窯出しの日は天気も良く水洗いした後と
しばらくの間、外で天日干しをしました。

d0043602_9172280.jpg
1週間後には、いよいよ釉掛けの作業です。
なかなか思った色彩に上がらないのが陶芸の難しさであり
楽しみでもありますが・・・本当に難しいものです!

by makimaki59 | 2016-04-02 08:59 | 陶芸 | Comments(0)

茶碗&ぐい呑&片口

d0043602_755752.jpg

咲き誇った桜の花も、いよいよ葉桜になってきました。

d0043602_711249.jpg

最近、窯出しした茶碗です。

d0043602_7143070.jpg
ぐい呑-1
d0043602_7154272.jpg
ぐい呑-2

d0043602_7181240.jpg
片口ーA
d0043602_7195963.jpg
片口ーB

by makimaki59 | 2014-04-17 07:07 | 陶芸 | Comments(0)

陶芸 窯出し ②

d0043602_11345870.jpg

d0043602_11372332.jpg

d0043602_11381583.jpg

d0043602_11412915.jpg

by makimaki59 | 2013-07-14 11:40 | 陶芸 | Comments(1)

陶芸 窯出し

素焼き、本焼きを経て先週、窯出し作業を行いました。

d0043602_8212088.jpg
内灘焼窯元の看板が掲げられている
陶芸教室と陶芸サークルで使っている電気窯

d0043602_8231371.jpg
1週間前に窯入れ、1,250度前後の高温で
焼成された作品も取り出し時には、常温までに冷えています。


風旅、今回も茶碗類とぐい飲みです。

d0043602_8434817.jpg

d0043602_8452673.jpg

d0043602_8464611.jpg

つづく

by makimaki59 | 2013-07-14 08:24 | 陶芸 | Comments(0)

同窓会

陶芸教室に通っていた親しい仲間と年1回の食事会です。
陶芸教室を卒業して、早いもので2年がたちました。
卒業と同時に陶芸から離れた方もいらっしゃいますが、
3年間、土こねした仲間には思い出いっぱいです!
昨年は和食料理、今回はすし屋に会場をとってくれました。
d0043602_20213366.jpg
参加者は風旅との同期4名、1年後の卒業生4名の8名
寿司をつまみながら近況の報告です
話に花が咲きすきてすし屋での写真はこの1枚だけ・・・トホホ!

この後、陶芸教室の作品展が開かれている
役場6Fの町民ギャラリーに見に出かけました。

d0043602_20315683.jpg
今回の作品展は一部卒業生も出品しています。

d0043602_2034827.jpg
Kさんの作品

d0043602_20372328.jpg
 
d0043602_20412720.jpg
どこかで見たことが・・・・?

d0043602_20432687.jpg

d0043602_204611.jpg

楽しいひと時を過ごすことができました。
皆さんに感謝です~♪

by makimaki59 | 2013-03-20 20:30 | 陶芸 | Comments(2)

茶碗つくり・・・

「啓蟄」も過ぎ、少しずつ春めいてきましたが
今度はスギ花粉に黄砂、さらにPM2.5の飛来!
アレルギー症状のある風旅にとっては
春を待つ嬉しさも半減といったところです。
d0043602_8424845.jpg
朝7時過ぎなのに黄沙でまわりは霞んで見えます。




冬眠期間中に作った茶碗類が先日焼きあがりました。

d0043602_8543122.jpg
黄瀬戸・茶碗

d0043602_8565268.jpg
瀬戸黒・茶碗

d0043602_858593.jpg
黄瀬戸・ぐい呑

d0043602_9321025.jpg
黒茶碗

d0043602_9191430.jpg
トル青・小花入れ

d0043602_921118.jpg
小花入れ

by makimaki59 | 2013-03-09 08:45 | 陶芸 | Comments(2)

ぐい呑&壁掛け花器


d0043602_18144043.jpg
赤土と白土をブレンドした土で焼いてみました。

d0043602_1820344.jpg
トルコ結晶の釉薬は剥離しやすいようで
剥離した部分を金で補修しました。

d0043602_18432945.jpg
ブレンド土に白萩釉

d0043602_1857699.jpg
ブレンド土にトルコ結晶釉

by makimaki59 | 2012-06-05 18:58 | 陶芸 | Comments(0)

本焼き完了です。

久しぶりに陶芸です。
素焼きをへて先月の上旬に本焼きを終えた品々です。
最近はもっぱら「茶碗」と「ぐい呑」づくりに精を出していますが、
なかなか思ったようには焼きあがりません・・・・
釉薬の掛け方、本焼きの温度等々
それだけ焼き物は奥が深くて、その分面白いのかも知れません。
d0043602_15425694.jpg
飴釉をかけた茶碗

d0043602_15471967.jpg
白萩釉の茶碗

d0043602_15511943.jpg
白鳳マットの茶碗
d0043602_15524790.jpg
高台側・・・窯だしの時に他の人の作品と間違えないように
印(しるし)の意味もあって風旅の「風」を入れています。

次回は「ぐい呑」と壁掛けと「壁掛け花器」を予定・・・

by makimaki59 | 2012-06-05 16:07 | 陶芸 | Comments(2)