<   2005年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2005七尾湾ポイント①・②回レース結果

ISAF(石川県セーリング連盟)定例理事会が開かれた。大型艇レース委員会から5月中に行われた七尾湾第1回・第2回の修正順位が報告された。以下その結果、○印は着順

第1回ポイントレース結果
1位 翔波① 2位 翔龍Jr③ 3位 アナコンダ⑤ 4位 フェアⅤ② 5位 U&U⑥ 6位 トゥインクルR④
d0043602_2392719.jpg
 
   第1回ポイント 着順・修正1位で完全優勝の翔波のスタート準備風景 

第2回ポイントレース結果
1位 レインボー② 2位 ビッグベアⅢ⑦ 3位 トゥインクルR① 4位 翔龍Jr④ 5位 アナコンダ⑥ 6位 翔波③ 7位  フェアⅤ⑤
d0043602_23193016.jpg

   第2回優勝のレインボー、着順2位であったが修正でトップに。
by makimaki59 | 2005-05-31 23:27 | セーリング | Comments(1)

「トゥインクル」がファーストホーム

石川県セーリング連盟主催の第2回ポイントレースが、七尾北湾で行われた。参加は7艇。午前10時30分、金沢工業大学穴水自然学苑ヨットハーバーを各艇一斉にスタート。コースは能登島水族館沖の黒島を回り、中島と能登島に架かる能登島ツインブリッジをフィニッシュするコース。レース当番はU&U、艇長の愛犬も今日はレース委員?
d0043602_2163861.jpg

d0043602_2182287.jpg

d0043602_2193586.jpg

風は東北東の風、3~5メートル。穏やかなレース展開で、コースも短く設定した事から、各艇2時間30分前後で各艇フィニッシュした。着順は、トゥインクルR・レインボー・翔波(とば)・翔龍Jr(しょうりゅうジュニア)・フェアーⅤ・アナコンダ・ビックベアーの順だが、修正タイムでは、レインボーがトゥインクルを逆転したか?
d0043602_21361141.jpg

前回スピントラブルで涙を呑んだが、ファーストフィニッシューしたトゥインクルR
d0043602_21365897.jpg

着順2位のレインボー・修正タイムで1位に浮上か・・・・

by makimaki59 | 2005-05-29 21:56 | セーリング | Comments(2)

「かめ」号 七尾湾に寄港!

このところ北に向かうヨットが多い。先週の長崎出向のクルーザーに続き、七尾北湾に面する中島町外(そで)のヨットハーバーに神戸港を出港した艇(ふね)が寄港した。艇の名は「かめ」号。シングルハンド(一人乗り)で航海しているようだが、急用のため一時艇を降りたらしい。
d0043602_054620.jpg

こちらは和倉港。コッパⅡとTAKO号。先週、陸上げして船底塗装などの整備に入っているが、まだ、少々時間がかかりそうで、あすのポイントレースもリタイアか・・・・・。
d0043602_0115647.jpg

d0043602_0141617.jpg

by makimaki59 | 2005-05-29 00:15 | セーリング | Comments(1)

七尾湾に33フィート艇が仲間入り!

七尾北湾、中島のハーバーに33フィートのクルーザーが仲間入りした。
和歌山県のヨットハーバーからの引越し。かっては鳥羽パールレースなどで活躍した、知る人ぞ知る有名艇である。
引越し後の整備にまだ時間がかかりそうだが、その走りを早く見たいものである。
d0043602_2122013.jpg

d0043602_21223210.jpg

d0043602_21245638.jpg

詳しいデータは、現在、収集中。今しばらくお待ちください・・・・・・。
by makimaki59 | 2005-05-21 21:00 | セーリング | Comments(0)

風のままに北へ

長崎の港を立って北に進路をとるヨットマン2人にあった。
まだ本格の夏シーズン前だが、灼銅色の肌。年齢は50から60代過ぎか。ヤンマーのサービスが来ているのは、エンジンが不調なのか。「航海の安全を祈ります」と声をかけ別れた。中島を離岸するのは1~2日後か。
d0043602_22583981.jpg

   七尾北湾のハーバーに風待ちするクルーザー(黒色)
d0043602_23553.jpg

40ftのヨット。石川県県内ではかつて37フィート艇が最大だったが、それを3ft上回る。これ以上の50~60ftクラスの艇もあるが、歳をとったせいか、シングルハンドで扱える30フィート前後の艇に憧れる。
by makimaki59 | 2005-05-20 22:37 | セーリング | Comments(1)

白山と浅野川

朝早くに、孫に逢いに行く妻を小松空港行きのバスに乗せるために金沢駅前に送っていた帰り、浅野川下流にサギの群れを見つけ車を止めた。残念ながら望遠でなくアップ写真は撮れなかったが、白山の姿を拝めた。
d0043602_21593038.jpg

川が大きく蛇行するこの付近は、水かさが少なくアオサギやゴイサギたちの格好の餌場にしているようだ。
d0043602_2244634.jpg

by makimaki59 | 2005-05-20 22:08 | 金沢散策 | Comments(2)

風待ちのタンポポ

もうとっくに種を散らしていると思っていたタンポポだが、ずっと風待ちをしているのか、種子をそのままにしているタンポポを見つけシャッターを切った。海岸べりに咲いたこのタンポポ、風待ちとすれば、どちらから吹く風を待っているのだろうか・・・・東風に乗れば、海に飛んでゆく。多分、丘に向かう西風を待っているのだろう。
d0043602_2175357.jpg

タンポポの種の飛び方は、竹とんぼ型かなぁ~
by makimaki59 | 2005-05-14 20:50 | 野山の自然 | Comments(0)

金沢21世紀美術館

低気圧が通過して、金沢も昼近くには青空が広がった。この陽光に誘われ、友と外へ食事に出かけた。何を食べるか思案したが、懐かしい味、洋風カツ丼と決め市役所裏通りにある柿の木畑の老舗の洋食屋(レストラン)に出かけた。この洋風カツ丼、甘味なのだ忘れがたくなる代物である。初めてこの味に接したのは30余年前である。
帰りは近道して21世紀美術館の敷地を通り抜けた。この連休には、多くの人が訪れ、金沢の新名所の1つになった感じである。
d0043602_23131569.jpg

d0043602_23134549.jpg

d0043602_23141187.jpg

21世紀美術館市民ギャラリーでは、特別展として川端康成コレクション・文豪が愛した美の世界が今月29日まで開催されている。文豪と言われる泉鏡花・徳田秋声・室生犀星を輩出した土地柄だけあって関心が高く、入りも良いようだ。
by makimaki59 | 2005-05-13 23:22 | 金沢散策 | Comments(1)

内灘海岸の夕陽

朝日もいいが、夕陽が好きだ。空を茜色に染め次第に色あせてゆくさまは、哀愁さえ感じさせる。 内灘砂丘にのぼり日本海に沈み行く夕日を眺めていた・・・・。
d0043602_23142966.jpg

by makimaki59 | 2005-05-10 18:51 | 河北潟の四季 | Comments(0)

レース開幕!

七尾湾のクルーザーレース。2005年第1回ポイントレースがスタートした。予告信号10:25.北東の風5~6メートル。風は冷たいが、波は高くなく、最高のレース日和。
エントリーはオブザーバー参加のJ24を含め7艇、少し寂しい参加艇数だが、まだ、整備の終わってない艇が多いためだろう・・・・。
d0043602_20372990.jpg

         スタート前、相手艇を牽制し合うトゥインクルRとフェア
d0043602_20455695.jpg

         トップスタートする翔波・・・各艇もまずまづのスタート?

コースは和倉港スタート→能登島大橋マーク→種子島・机島の三角コースを2周。種子島付近まではまだ風があったがその後、急激に風が落ち、各艇、悪戦苦闘!長時間のレース展開となった。ファーストホームは、好位置でスタートした翔波、次いで金沢工業大学のフェア、3番手は翔龍ジュニア。修正タイムが出ていなく正式着順は解らないが、ハンディーキャップの小さい翔龍ジュニアが2位に上がる可能性もある。
いづれにしても正式結果が出たら、お知らせしたい。
d0043602_21134339.jpg

            コッパⅡは未整備でハーバーでお留守番!   
by makimaki59 | 2005-05-08 19:20 | セーリング | Comments(4)