<   2005年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

残波岬灯台

沖縄を旅した。宿泊ホテルのある名護市に向う途中、沖縄中部に位置する読谷村の残波岬に立ち寄った。福井の「東尋坊」を思わせる断崖絶壁の岬の先には灯台が立っていた。「残波岬灯台」である。灯台表番号7101.海面からの高さ40メートル・地上からの高さ31メート。
造られたのは沖縄返還後の昭和49年春ということで、灯台としては新しい。光り方(灯質)は群閃光毎10秒に閃光。つまり10秒ごとにパッ・パッと白い光りを放つ灯台である。ちなみに佐渡レースで折り返し点となる佐渡島両津港近くにある「姫埼灯台」は単閃光で毎秒6秒ごとに1回閃光を放ちます。夜間航行をするセーラーにとっては暗闇の海にかすかに光る灯台の光りを見つけたときの喜びと安堵の気持ちはちょっと言葉では表せない・・・いまは、GPSという新兵器の登場で感動が薄れつつあるらしいが・・・・・。
d0043602_20361397.jpg

 「残波岬灯台」北緯26-26-28 東経 127-42-49 国際番号 F4740.3
d0043602_20383082.jpg

東シナ海を一望・・・・断崖絶壁の岩場で釣りを楽しむ人も。
by makimaki59 | 2005-06-22 19:51 | セーリング | Comments(1)

旧海王丸

インターハイ全国大会出場権をかけての北信越ヨット選手権大会は予定していた5レース全てを消化し19日正午過ぎには無事終了した。表彰式までの合間を縫って競技会場の海竜パーク(新湊ヨットハーバー)から車で5分ほど離れた海王丸パークを訪れた。
海王丸パークには、いろいろな思い出がある。これまで何度か施設を利用させていただいた。
富山国体1年後に開催された全国少年少女ヨット大会の開会・閉会式会場に、また、富山新湊
~七尾港間のクルーザーヨットレースの前夜祭などである。また、個人的には、新日本丸が金沢港入港地にジュニアヨットをやっていた娘たちを介して知り合いになれた平井顕船長が退船後、しばらく記念パークの館長を務められていたこともあり親近感が深い・・・
平井さんには、セーリングを愛しているという事だけで、家族ともども、大変親しくしていただき深く感謝してる。
d0043602_10492479.jpg

d0043602_1052410.jpg

ところで、旧海王丸を見るにつけ、昨年秋の台風23号で走錨し遭難した新海王丸の悪夢が思い出される。海王丸パークから近い海域である。今回の高校生のヨット大会にプロテスト委員として参加した子息も海上保安庁の特別救難隊の一員として決死の乗員救助にあたったとの事。県は異なるが、小学生低学年の頃から娘たちとジュニアヨットをやり、自分の息子のように思っているだけに、たくましく成長したG.K君をたくましく思う。
by makimaki59 | 2005-06-20 20:10 | 日本海の景色 | Comments(0)

P3Cオライオン

北信越高校ヨット選手権2日目の19日には、空からヨットレースを観戦するかのように灰色の
飛行機が行ったり来たり。最初は富山空港に向かう旅客機と気にも留めなかったが、かなりの
低空飛行。よく見たら日の丸のマークが確認された。海上自衛隊機である。エイのように長い尻尾をつけている。
d0043602_2117799.jpg

肉眼では、はっきり見えたのに、写真はピンボケ・・・残念!レース海域の富山湾、北朝鮮の工作船と巡視船が銃撃戦を繰り広げた海域。P3Cオライオンが頻繁に往復しているのは訓練か、
領海侵犯船(潜水艦)がいるのだろうか・・・いろいろと想像してしまう。
厚木基地から飛んできたのだろうか?オライオンとはオリオン座の意味だと後で知った。
d0043602_21324122.jpg

海上では、シーマンシップにのっとり高校生たちの熱戦が繰り広げられていた。
by makimaki59 | 2005-06-19 21:42 | セーリング | Comments(0)

羽咋工業高校ヨット部  全種目制覇!②

第30回北信越高等学校ヨット選手権大会レース2目は、午前9時スタート2レースが行われた。風は北東から北北東の風1~3.5メートル。微風でのレース展開となった。レース最終日とあって各チーム、朝のミーティング時から気合が感じられる。
d0043602_6504511.jpg

d0043602_6525972.jpg

  艇の整備を終え、監督から今日の天候や作戦指示を受ける羽咋工業チーム
d0043602_6591718.jpg

  第4レース FJスタート風景
d0043602_72415.jpg

  赤色のスピンネーカーは羽咋工業・つづく富山商船のライバル対戦
d0043602_792838.jpg

個人・団体など6種目を全制覇!閉会式後、喜びの記念写真を撮る羽咋工業チーム
 ※最終日抗議なし・・・プロテスト委員会開店休業。
by makimaki59 | 2005-06-19 20:36 | セーリング | Comments(0)

第30回北信越高等学校ヨット選手権大会①

平成17年度北信越高等学校体育大会は、昨日の開会式・監督会議につづき、きょうからレースが開始された。参加11校・48艇がエントリーした。少子化を反映してか多くのヨット部では、
部員不足などから廃部となる高校も目立ってきている。長野県では茅野高校が廃部となり長野県の高校からはヨット部が消えた。寂しい限りである。また、新潟県佐渡の両津高校も姿を消した。両学校とも歴史ある名門校であっただけに惜しまれる。再興を期待したい。
レース初日は3レースが行われた。風は北東の風2メートルから5メートル。微風から中風域でのレース環境。男女FJクラス(2人乗り)とシーホッパー級SR(一人乗り)で熱戦が展開された。
d0043602_20332140.jpg

  FJ級第1レーススタート3分風景
d0043602_20374346.jpg

  スタートの予告信号を待つシーホッパー級SRの選手たち
d0043602_20412268.jpg

  レースを見守る「プロテスト」ボート
d0043602_20491430.jpg

スピンネーカーを張り2マークから3マークに向かうFJ級

初日の違反と抗議件数は計3件。[内訳] 42条違反(推進違反ーローリング)1件・10条違反(ポート・スターボード関係)1件・18条3項違反(ルームを与え、避ける)ー事実を認めリタイア1件。
~つづく~
by makimaki59 | 2005-06-18 19:41 | セーリング | Comments(0)

百万石祭りを終え街は元のたたずまいに・・・

6月11日(土)百万石祭りのメインイベント「百万石行列」が5時間にわたり市内メインストリートを練った。心配が的中、あいにくの雨。大降りにはならなかったが沿道での観客数はかなり減少したらしい。そう言う私もMROーTVでテレビ見物・・・。そのような訳で、祭りの写真は当然ゼロ枚。
この愚痴話を聞いてか、友人のS.Kさんから、早速メールで写真が添付されてきた。感謝感謝!厚意に甘えて使わせてもらうことにした。
今回の利家役は、赤井英和。利家のイメージからして若干はずれる気もするが、堂々の馬上姿は見事!どちらかと言うと柴田勝家・加藤清正の方が適役か・・・・。
d0043602_20534372.jpg

新企画として赤母衣隊が登場、注目を集めた。赤備えといえば武田信玄の精鋭部隊。武田滅亡後は徳川家臣の井伊家に召抱えられ、「井伊の赤備え」として知られている。
d0043602_2155642.jpg

利家も若き頃、織田信長の母衣武者を務めといわれている。信長の旗本(親衛隊)であり、伝令
役でもあった。矢は防げたとしても、鉄砲玉は防げるのかナァ~。
d0043602_21272890.jpg

音楽パレードもいいですネ・この写真はバトントワラーの演技?
※姉妹ブログ「風ふうふう」に記載すべきところ今晩はご機嫌が斜めで、こちらに変更した。
by makimaki59 | 2005-06-13 21:31 | 金沢散策 | Comments(0)

酒呑童子Ⅱ&SUNTORYマーメイド世界一周から無事帰港

ヨットマン(セーラーマン)にとって、昨夜から今朝にかけうれしビックニュースが飛び込んできた。単独無寄港世界一周に船出した斉藤実(71)堀江謙一(66)の両氏が無事帰港したとのニュースとまもなく帰港するとの知らせであった。わずか、19フィートの木製(耐水ベニア)の「マーメイド号」で太平洋を横断したことや、その後の数々のチャレンジはよく知られている堀江氏については、ここでは省くが、斉藤実氏を少し紹介させてもらうと、単独世界一周レース(アラウンド・アローン=現5オーシャンズ)に3回出場、3回とも完走し「スピリット・オブ・アラウンド・アローン」の特別賞を受けているその世界では名を知られている外洋セーラーである。
今回は、レースと異なり無寄港も果たした訳で、71歳でこの偉業を果たしたのは初めて、もちろん最年長者世界記録である!
元気の良い60歳~70歳台の活躍を見るにつけ、団塊の世代はもっともっと元気を取り戻さなければ!

所要日数は
  □酒呑童子Ⅱ・・・2004年10月16日三浦半島シーボニアマリーナー出航
             2005年06月06日夜 帰港
               (234日間)
  □マーメイド ・・・2004年10月01日兵庫県新西宮ヨットハーバー出航
             2005年06月07日昼 帰港
               (250日間)
by makimaki59 | 2005-06-07 21:19 | セーリング | Comments(0)

機走テスト!

こちらに引越ししてきた艇の整備を「助っ人」しているが、マスト・デッキ周りの整備をほぼ完了!大変だったのは、組み立て時にスピンハリヤードを第1スプレンダにからませ元に戻す作業。マスト上部まで登る自信がないため、ハーバーにいた仲間とあれこれと知恵をしぼり、いろいろな方法でトライしてみたが、他のシートもからみ、事態はさらに悪化・・・・。この作業を見かねてか、トゥインクルRの艇長N氏がマスト登りをしてくれて一件落着!N氏の行為に「感謝!感謝!」。
d0043602_21102496.jpg

この作業を終え、試運転をして見ようと言うことになりハーバーに残っていた全員で初試乗。なかなか素直な艇で、安定性も抜群。帆走ではどのような走りをするのだろうか・・・
d0043602_21112698.jpg

d0043602_21144428.jpg

by makimaki59 | 2005-06-05 21:15 | セーリング | Comments(1)