<   2006年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

港町七尾に響くジャズ♪

先週の土曜日、モントレージャズフェスティバルに出かけました。心配された雨も降らず会場の七尾マリンパークには多くのジャズファンで賑わっていました。モントレー(米国・カリフォルニア州)と和倉温泉との交流がきっかけでスタートした、このジャズフェスティバル、回を重ねて今回で18回目。世界3大ジャズフェスティバルの一つ「モントレージャズフェスティバル」の名称使用を許されたジャズの祭典です。
午後2時から開演したフェスティバルは夜が更けるとともに盛り上がりを見せ渡辺貞夫グループ2006の演奏で観衆の盛り上がりも最高潮に!・・・・終演は予定の10時をとっくに過ぎていました。

d0043602_22421366.jpg

七尾食彩市場横の七尾マリンパーク会場

d0043602_22433393.jpg

収録のためのTVカメラ

d0043602_22493310.jpg

d0043602_22545051.jpg

d0043602_22555410.jpg

d0043602_22582625.jpg

昨年開催された愛・地球博に共演したジュニア達も参加

d0043602_22593417.jpg

「なべさださん」が指導に当たられたジュニアの熱演に感動ものでした♪

by makimaki59 | 2006-07-31 22:51 | 日記 | Comments(0)

「ジャッキー」・・・自然豊かな七尾湾を満喫!

ヨットマンにとって七尾湾は人気スポットのようです。
葉山を出航して、半時計回りで北上、津軽海峡を通過して、今度は南下してきた「ジャッキー」
は七尾湾で一息入れて2日間の連泊となりました。2日目は七尾湾で家族とクルージング。
七尾北湾の西岸ヨットクラブに錨を下ろしました。

d0043602_20115034.jpg

昨日と打って変わって波静かな七尾湾クルーズに出発!

d0043602_20145877.jpg

d0043602_20162345.jpg

d0043602_20182589.jpg

クルージングの後、西岸ヨツト倶楽部へ・桟橋で出迎えるN氏


■ジャッキーはこの後、輪島→滝港→鷹ノ巣→舞鶴・・・・・と徐々に南下してゆきます。 

航海の安全をお祈りします!

by makimaki59 | 2006-07-31 20:11 | セーリング | Comments(2)

日本一周途中のジャッキー・メンバー

和倉港の桟橋に接岸した跡に「安着」を祝ってまずはビールで乾杯!私も参加させてもらいました♪
この後、キャビン内を見せてもらいました。中には航海に必要な電子機器類は勿論、大型冷蔵庫・ガスオーブン等が備え付けられいます。我々の貧乏ヨットと比べものになりません(トホホ・・)
この船は林賢之助さんの設計で、ヨット造りでは定評のある、香川県小豆島にある「岡崎造船所」が造ったもので、さすが、外装・内装ともしっかり造られた美艇です。
定年になったら、私もクルージングメンバーに加えてもらおうかなぁ~

d0043602_94167.jpg

「ジャッキー」から見た能登島大橋

d0043602_962069.jpg

メンバーは元パイロット・整備士が主力?

そういえば海も空も共通することが多いですから・・・納得!

d0043602_9134267.jpg

雨と波しぶきを被り・・・キャビン内は臨時の洗濯干し場です

d0043602_920349.jpg

船首側から見たドックハウス

d0043602_9234949.jpg

葉山マリーナーのクラブ旗

d0043602_9271157.jpg

この後、旅館に入り・・・夜の宴です。それにしてもヨット乗りは酒豪ぞろいです♪

by makimaki59 | 2006-07-31 09:30 | セーリング | Comments(0)

ヨットで日本一周♪

日本一周しているヨットが28日午後七尾湾に入りました。葉山マリーナをホームポートにしているこのヨットの名前は「ジャッキー」。39フィトの豪華クルーザーです。以前、葉山でヨットに乗せていただいた知人のM氏が航海に加わっていることから、和倉の桟橋に国際信号旗「U・W旗」(入港を歓迎します)を掲げてお迎えしました。
いつもは波静かな七尾湾ですが、梅雨前線の影響か強風のため荒れ模様の湾内。少し心配しましたが無事、和倉の港に接岸しました。
d0043602_20191317.jpg

能登島大橋を潜り抜けた「ジャッキー」

d0043602_20213297.jpg

歓迎を意味する「U・W」旗を掲げました

d0043602_20252551.jpg

接岸準備をする8人のメンバー・平均年齢は60数歳

熟年パワーを見せ付けられました。

d0043602_20304082.jpg

和倉港に無事入港を記念してハィ~ポーズ・女性陣はお迎えのご夫人です

つづく。
by makimaki59 | 2006-07-30 20:36 | セーリング | Comments(2)

Aクラス優勝はU&U!

お待たせしました!
第32回和倉温泉MROヨットフェアの成績です。修正タイムで着順4位のU&Uがファストホームした翔波、2着のトゥインクルR、3着の翔龍Jr を僅かに押さえ優勝を飾りました。
修正着順は次のとおりです。 ②翔龍Jr ③翔波 ④トゥインクルR ⑤バンドレーロ ⑥アナコンダ ⑦そよ風 ⑧ソフィアⅡ ⑨ビックベアー(RET)

d0043602_750267.jpg

Aクラスで優勝したU&U(金沢)

d0043602_7523728.jpg

熾烈なファーストフォームを競う翔波とトゥインクルR

レース戦術的にも、ルール的にも興味ある戦でした♪


Bクラスの成績(暫定)
①ペニーレーン ②スバル ③ZEROⅡ ④しらゆき ⑤優邦 ⑥ZEROⅠ ⑦レッド ⑧ランファン ⑨アンゼリカ ⑩風望里 ⑪うつせみ(RET) ⑪ 極楽トンボ(RET)
d0043602_802732.jpg

Bクラスでファーストホームしたペニーレーン

d0043602_813618.jpg

千葉にいた艇に買い換えました・・・それにしても大きい!

※Bクラスはハンディーキャップの数値の確定していない艇があるため成績は暫定です。

by makimaki59 | 2006-07-26 08:06 | セーリング | Comments(2)

ヨットマンの祭典 MROヨットフェア ③

レース一番の難所、種子島水道では、他の艇との戦いに加え、島影の複雑な風の流れや、逆潮、浅瀬とも戦わなければならず。艇長とクルーの腕の見せ所です!

d0043602_758311.jpg

水路で2番手につけるトゥインクルR

d0043602_7585288.jpg

スタートの失敗を取り戻し・・・皆さん笑顔?

d0043602_7592329.jpg

3番手・ダブルハンズ(2人)で頑張る翔龍JrのN氏とU氏

d0043602_8142587.jpg

U&Uグループ:帽子をかぶり後ろ向きが艇長のK氏

d0043602_8184784.jpg

後続艇が続々と水道にかかります!

・・・・・続く
by makimaki59 | 2006-07-25 08:08 | セーリング | Comments(2)

ヨットマンの祭典 MROヨットフェア ②

また、雨・・・・
今日みたいな日だったらヨットフェアも台無しだったろうと、昨日のお天道様に感謝!
風は西よりの風1~4m/sとレース派にとってはちょっと物足りない海象でしたが、クルージング
派にとっては手ごろな風。レース観戦を充分に楽しませてもらいました♪
レース結果は明日開かれる理事会報告の後として、各艇の戦いぶりをアップします。

d0043602_20164511.jpg

スタート間もないころの各艇!

d0043602_20191379.jpg

トップ艇グループの走り

d0043602_20244472.jpg

最初の回航地点種子島に向かうトップ艇グループ

d0043602_20292950.jpg

コース最大の難所、種子島水路にたどり着いたトップ艇の「翔波」

d0043602_20351546.jpg

トップ艇を追うトゥインクルRと翔龍Jr(左側)

   ・・・・続く
by makimaki59 | 2006-07-24 20:40 | セーリング | Comments(0)

ヨットマンの祭典 MROヨットフェア ①

第32回和倉温泉MROヨットフェアが昨日、和倉温泉・七尾西湾で行われました。試乗会も兼ねたヨットマンの夏の祭典といえるヨットフェアには、石川・富山のクルーザー22艇がエントリー。開会しの後、親睦ヨットレースを楽しみました。

開会式
d0043602_7335787.jpg

 
 9:30~開会式&艇長ッ会議 
  
d0043602_7362299.jpg

県セーリング連盟力丸修会長挨拶・レースにも参加しました

d0043602_744817.jpg


スタート前の風景
d0043602_749598.jpg

レーススタート5分前・クラス旗は敬意を示しMRO社旗です

d0043602_753622.jpg

風が少なく迫力に欠けるが・親睦レースとしてはベストコンディション?

・・・・・続く
by makimaki59 | 2006-07-24 07:55 | セーリング | Comments(0)

花火

夏の夜空を彩る花火。まだ、沖縄を除いて梅雨明けの声が聞こえない日本列島にあって今一つ気分が乗りませんでしたが、妻に誘われ午後7時ごろから「内灘町民夏まつり」の会場に花火見物に出かけました。会場には、これだけ多くの人々が内灘に住んでいるのかと驚くほど多くの見物客が詰め掛けていました。
多彩に繰り広げられたイベントも終盤のようで会場広場では「よさこいソーラン」の大乱舞と掛け声と熱気でいっぱい!・・・・あまりのボリュームの大きさに「よさこい騒乱?」。明治維新に全国に蔓延したと言われる「え~じゃないか」とイメージをダブらせてしまいました。・・・・・この後、恒例の盆踊り大会があり、午後9時「花火打ち上げ開始です。

d0043602_1913250.jpg

d0043602_18482656.jpg
d0043602_18514426.jpg

d0043602_18535774.jpg

d0043602_1855366.jpg
d0043602_18573036.jpg

 花火が頭上から降り注ぎます。まるで流星群!です

ちょっと近づき過ぎでしたが・・・幻想的でした♪

by makimaki59 | 2006-07-23 19:09 | 河北潟の四季 | Comments(4)

海王丸の船首像

海王丸の船首には女神像が取り付けられている。女神の名は「紺青」(こんじょう)。日本丸の
「藍青」(らんじょう)の妹である。能管を手にするその姿は優雅で気品を感じさせる。
d0043602_20545083.jpg

d0043602_20562999.jpg

この2つの像は東京芸大の西大由教授を中心とする制作スタッフの手によるもので全国から寄せられた善意の結晶として、新日本丸と海王丸におくられ、その後、新海王丸にと引き継がれています。
d0043602_219284.jpg

by makimaki59 | 2006-07-21 21:09 | セーリング | Comments(4)