<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

内灘町陶芸教室の研修旅行②


d0043602_715947.jpg
浅蔵五十吉美術館広場に建つ銅鐸を模した巨大作品
九谷陶芸村のシンボル的なモニュメントです。

d0043602_7163192.jpg
九谷陶芸村では研修施設や各窯元の出店をゆっくり見学。
この後、加賀一宮、白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)で陶芸の上達を祈りました。

d0043602_7181460.jpg
木々が鬱蒼と茂る参道脇には小さな滝が・・・

d0043602_720789.jpg
金沢に戻り「大樋美術館」へ
楽焼の流れをくむ大樋焼きは330余年の歴史を誇ります。

初代、土師 長左衛門は加賀藩5代藩主前田綱吉に茶奉行として招聘した
裏千家5千宗室千叟に同道。千叟が京に戻ったあとも金沢に留まり
現在に至っています。当代、十代大樋長左衛門は文化功労者として活躍。
近く自著「陶道無今昔」(とうどうにこんじゃくなし)を刊行予定。

d0043602_7205786.jpg
館内には初代をはじめ歴代名品をはじめ
当代と交流のあった棟方志功や中川一政、加山又造の作品も展示されてありました。

d0043602_72249100.jpg
雨もようやく小降りになり、ようやく集合写真を撮ることができました。
平生の行いが悪いのか、生憎の雨にたたられましたが、
ものは考えよう、雨のおかげで深まり行く秋の風情を堪能できた研修小旅行でした。

by makimaki59 | 2009-11-13 07:22 | 陶芸 | Comments(2)

内灘町陶芸教室の研修旅行

内灘町陶芸教室が、年1回実施している研修旅行です。
毎年行き先を変えていて、前回は能登方面でしたが、
今回は加賀地区の九谷焼と金沢の大樋焼の勉強です!


d0043602_2094325.jpg
1年から3年生総勢26名が参加、
楽しいバスでの研修旅行です。

d0043602_20161996.jpg
最初に訪れたのは「浅蔵五十吉美術館」です。

d0043602_202312.jpg
この美術館は地元出身で芸術院会員・文化功労者の故浅蔵氏から現在の能美市に
平成時代を中心とした数多くの代表作を展示公開するために平成5年に完成しました。

d0043602_20392665.jpg
この美術館は池原芳郎氏の設計によるもの。

d0043602_20411653.jpg
池原氏と朝蔵氏は同じ芸術院会員で親交が深く
これが縁で設計を依頼したようです。

自然林と水をたくみに配した建物そのものが芸術作品に感じました。

つづく

by makimaki59 | 2009-11-12 20:51 | 陶芸 | Comments(0)

ユネスコ全国大会ー横浜に参加 ③

おまけフォト

大さん橋の同じホールで開かれたレセプション。
d0043602_7591667.jpg
模様替えの出来るまで1時間余り、港横浜の夜景見物です。

d0043602_803216.jpg
大さん橋から出航するナイトクルージング船

d0043602_843585.jpg
中華街のお獅子が歓迎してくれました。
これも異文化交流です~♪

d0043602_8353033.jpg
石川県から参加した石川県ユネスコ連盟、白山ユネスコクラブの皆さん。


d0043602_811086.jpg
会議を終了・・・舞台背景はガラス張りだと分かりました。
d0043602_8115053.jpg
能登演劇堂の借景を生かす仕掛けと似ており・・・感動ものです。

by makimaki59 | 2009-11-11 17:07 | ユネスコ | Comments(2)

ユネスコ全国大会ー横浜に参加 ②

大会2日目の基調講演は文化人類学者で元文化庁長官の青木保さん。
青木さんは阪大・東大などの教授を経た文化人類学のエキスパート。
今回は「混成文化」と「多文化社会」と題して話してくれました。
話を聞くほどに、共に生きると言うことはいかに難しいことか・・・
しかし、これを克服しないことには、ユネスコ憲章の目指すところ、
地球の平和、人類にとつての明るい未来は開けませんね

d0043602_8511133.jpg
青木 保さんの基調講演。
d0043602_853268.jpg
大島賢三(JICA副理事長)、久保純子(アナウンサー・世界寺子屋運動まなびゲーター)
尾花珠樹(元ユネスコ協会連盟事務局長)、千葉杲弘(国際基督教大学教育研究所顧問)の4氏による
「世界寺子屋運動が果たした役割と今後」をテーマにしたパネルディスカッション。

d0043602_8594387.jpg
寺子屋運動の強力な推進力を発揮した尾花珠樹元事務局長(鎌倉ュ協理事)
石川県ユネスコ協会再興にも多くのアドバイスを頂きました。

d0043602_858316.jpg
ユネスコ寺子屋運動がスタートして20年、この間に世界43ヵ国と1地域で
124万人の大人とこどもに教育の機会を提供することができました。
教育は人間を豊かにします。貧困からの脱出するにも教育は欠かせません。
読み書きは、心をつくる。仲間をつくる。平和を作る。未来をつくる。
ユネスコ運動の中に、いくつも柱があるが、一番大切にして行きたい活動です。


ちなみに石川県ユネスコ協会と姉妹関係にある白山ユネスコクラブでは
カンボジアに2校、ベトナムに1校に寺子屋や校舎を建設。
毎年、学生を中心に現地を訪問して相互交流、理解に勤めています。

つづく

by makimaki59 | 2009-11-10 08:58 | ユネスコ | Comments(0)

ユネスコ全国大会ー横浜に参加 ①

11月7日8日の両日、横浜のみなと未来で開けたユネスコ連盟の全国大会に参加しました。
ヨットの競技大会などと日程が重なり、この大会参加は久しぶりでのことです。
小松発のJALの1便で上京、午後1時からの開会までに時間があったので
ホテルに荷物も預けた後、港の見える丘公園、外人墓地、元町を散策。
その後、中華街で昼食、、山下公園をへて会場の大さん橋の大ホールに入りました。

d0043602_7202581.jpg
期待した富士山ですが、霞んでしか見えません。

d0043602_634527.jpg
山手のイギリス館
d0043602_636594.jpg
港の見える丘公園で記念写真です。

開港150年を迎えた横浜の地で開かれた第65回日本ユネスコ運動全国大会は
世界寺子屋運動20周年を記念する大会でもあり、全国125の協会から
500名を越える多くのメンバーが参加、「共に生きることを学ぶ」をテーマに
これまでの寺子屋運動などの実践と成果を振り返り、今後の活動の方向を探りました。

d0043602_6432963.jpg
初日の「多文化共生」をテーマにしたシンポジュウム
南砂(読売編集委員)、サイ・イエングアン(オペラ歌手)、黛まどか(俳人)、
リリアン・テルミ・ハタノ(甲南女子大准教授)…女性のみのパネリストで構成されたシンポです。
特に在日ブラジル人の置かれている厳しい現状をレポートした
リリアン・テルミ・ハタノさんの訴えは、考えさせられる事が多く
今一度、足元の日本の教育について見直してみる必要を強く感じました。

つづく

by makimaki59 | 2009-11-09 07:15 | ユネスコ | Comments(0)

芸術の秋!?

石川県セーリング連盟の大型艇の公式レースも全て終えシーズンオフに入りました。
年間総合優勝は「ビックベアー」が、初の栄冠を勝ち取ったようです。
詳しいことは次号以降にすることにして、久しぶりに陶芸の話題です。
陶芸教室に通いだして、今年度が、3年目の最終学年、残りわずかになりました。
今回、窯だした作品をアップしてみます・・・。

d0043602_220196.jpg
最近は、抹茶茶碗にトライしています。
“白萩釉”を掛けた茶碗

d0043602_2212861.jpg
“松灰釉薬”を掛けた茶碗・・・赤土を使用。

d0043602_2224052.jpg
“白鳳釉”を掛けた茶碗・・・白鳳釉は熱いお湯を入れると
表面にひびれの模様(貫入)が現われます。
機会があれば、変化したものをアップしてみます。
 
d0043602_2234863.jpg
“瑠璃釉”を掛けた香入れ
全て瑠璃色ですが、光の関係で色が変化するようです。

d0043602_2245726.jpg
甥からもらった電気窯で自宅で焼いた茶器。
白萩を刷毛塗りしてみました。

卒業までの窯入れは、残り1回、秋の夜長に大型作品に挑戦してみようかなぁ~

by makimaki59 | 2009-11-06 22:05 | 陶芸 | Comments(2)

たのもしいユネスコ青年部!

「戦争は人の心の中で生まれるものであるから
人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」
きょう11月4日は、あの有名なユネスコ憲章が、発効した日です。
これに先立ち一昨日、ユネスコ活動の1っの柱である
ユネスコ寺子屋運動に熱心に取り組んでいる
石川県ユネスコ青年部のベトナム、カンボジア寺子屋スタディー・ツアーの
帰国報告会が旧県庁跡地の県広坂庁舎で開かれました。

d0043602_918645.jpg
石川県ユネスコ協会と白山ユネスコクラブでは、これまでにベトナムのホーチミン市と
カンボジアのシェムリアップ州に寺子屋を建設していますが、
青年部の有志が、相互理解を深めるために自前で旅費を貯めて現地に出かけています。

d0043602_20365688.jpg
現地の様子をパワーポイントを使って紹介。
11回目の今回のメンバーは寺子屋の子どもたちとの交流の他
ベトナムではべトちゃんドクちゃんが治療を受けていた病院を訪問。/center>
カンボジアではアンコールワットで修復作業に当たっている日本人リーダーや
現地、大学生との対話を深めています。

d0043602_20482065.jpg
2年前にカンボジアに建てた寺子屋。
設備的にまだまだ不十分ですが、現地の若者の支援のもと
基礎学力の他、英語や日本語の学習も進められています。

d0043602_2056588.jpg
d0043602_20574844.jpg

d0043602_2113217.jpg

d0043602_9243667.jpg

ハートマークをつくる今回のメンバー・・・現地の寺子屋では、英語や日本語教室
それに折り紙、相撲などの遊びを通じて交流を深めました。
また、新しい試みとして歯磨きの講習会を開くなど公衆衛生にも力を入れたようです。

by makimaki59 | 2009-11-04 09:24 | ユネスコ | Comments(0)