<   2010年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ゴールデン・ウィーク始まる

大型連休の幕開けです。
年中ゴールデンウィークの風旅にとって、この間は動かないことが賢明と
刻々と変化を見せる庭を眺めながらスズメとの対話です。

d0043602_2075651.jpg
朝方までの雨も上がりスズメたちが庭にやってきます。

d0043602_208484.jpg
アカメガシの鮮やかな赤色が目にしみます。

d0043602_2010775.jpg
レストランmakimakiの順番を待つ夫婦スズメ?

d0043602_20112232.jpg
このモミジは芽生え時期は赤色、秋には黄色にと次第に色を変えます。

d0043602_20142521.jpg
スズメたちはいまが子育てシーズン。
あと半月もすれば子スズメを連れてやってくることでしょう。

by makimaki59 | 2010-04-30 20:14 | 日記 | Comments(1)

金沢城「河北門」を見学ー2

金沢城の実質的な大手門といわれる「河北門」の名前は風旅の住んでいる
河北郡の方角に向いているいることから名づけられたそうです。
方角的には北の越中・越後方面、ひいては江戸への備えともなります。

d0043602_1705274.jpg
枡形から二の門を見る。
屋根の軒に歪みがありますが、将来の沈み込みを計算したものと理解しました。

d0043602_1793313.jpg
瓦は鉛瓦・・・木作りした屋根部分に精巧に薄い鉛板がはられています。

d0043602_22550100.jpg
二の門の二階部分・・・攻めてくる敵に備えるとともに武器庫としての役割を持っています。
能登産のクサマキ(アスナロ材)を使っているようで、
ヒノキと同じ木の香りが心を落ち着かせます。

d0043602_2257974.jpg
雪深い北陸の城とあって木組み一つを取ってみても、いろいろな工夫が・・・
釘一本使わない匠の技に改めて驚かされます。

d0043602_2259214.jpg
出窓部分にも防御の仕掛けが・・・
床部分が、開けるようになっていて、石垣をよじ登てくる敵にたいして
弓で射掛けたり、石や熱湯を落して攻撃できるようになっています。

d0043602_2313086.jpg
一の門側から見た二の丸側にある五十軒長屋
「河北門」の総工費は15億円、高いか安いかは各々の判断に任せることにしますが、
日本古来の木造建築の技を若手職人に伝承する意義はありそうです。

by makimaki59 | 2010-04-27 17:09 | 金沢散策 | Comments(0)

金沢城「河北門」を見学-1

tokimekiさんの撮影したフォトが金沢市役所の1Fエントランスに
展示されていると聞き、先輩のNさんと連れ立って出かけました。
このフォト展は金沢が未来に残したい風景や伝統芸能などをテーマにしたフォトコンテストで
入選した作品でなかなか見ごたえのある力作がずらり・・・
会場で出合ったtokimekiさんの解説を聞いた後、
昼食前の腹こしらいと、3人そろって完成した金沢城の「河北門」の見学に出かけました。

d0043602_21275510.jpg
一昨日テープカットが行われ一般公開が始まった「河北門」
藩政時代は石川門、橋爪門とともに金沢城を代表する3門の一つで
実質的には大手門の役割を果たしていたといわれています。
d0043602_21284563.jpg
二の門側からみた枡形の広見。
白壁に見える部分は実際は石垣に漆喰を塗り壁に見せかけています。
d0043602_2130868.jpg
ケヤキの大木で作られた門を支える大柱
これらは門の木材は全て県の地材が使われています。

d0043602_2136377.jpg
鉄砲狭間・・・藩政時代は幕府を刺激しないように
白壁で隠してあったようですが、見学者に分かりやすく分かりやすくオープン展示になっています。

d0043602_21375175.jpg
「河北門」は石川門よりも広いようですが、
石垣を白壁で隠すなど仕上げから威圧感が感じられません。
これも百万石を生き抜いた加賀藩流の知恵だったのでしょうか・・・

             
次回は内部をご紹介します。

by makimaki59 | 2010-04-26 21:38 | 金沢散策 | Comments(1)

竹垣づくり

竹垣つくりの本番です。
午前9時30分作業開始、久しぶりに好天に恵まれた日曜日に関わらず
町長をはじめおよそ30人近いボランティアが参加してくれました。

d0043602_22502587.jpg
今回、初の重機の登場です!
町内の土木関係の会社が協力してくれたそうです

d0043602_22504857.jpg
作業は、まず2m間隔の支柱たてから開始です・・・・

d0043602_236480.jpg
旧の竹垣から見た作業現場。

d0043602_2358318.jpg
重機のおかげもあって、正午には約100mの竹垣が完成しました。
この竹垣つくりは、この後、年内に3回行われ、延べ1キロの完成を目指します。

d0043602_004630.jpg
水平線に姿をけす太陽・・・この瞬間の輝きに魅了されます。
あすも良い天気になりそうです~♪

by makimaki59 | 2010-04-25 22:55 | 日本海の景色 | Comments(0)

夕日にご対面!

きょうは久しぶりに晴れ上がり、春らしい陽気に包まれました。
午前中はあす行われる竹垣りの下準備のボランティアに出かけました。
この竹垣作りは「クリーンビーチ内灘」が清掃の他に
竹垣を作ることによって砂防とそれによってに作られる
風紋を楽しもうと一昨年から始めたもので
3年間で延べ1キロの竹垣を完成させようというものです。

d0043602_22481773.jpg
あすの朝9時半からの竹垣づくりのために内灘海岸に運びこんだ資材
写真右上に見えるのは金沢医科大学病院です。

d0043602_22584296.jpg
これらの資材は昨年秋頃から8キロ離れた下水処理理場の空き地に集められ
チェーンソーで長さを揃得るなどの作業の後
トラックに積み込み現場へと運び出しています。
d0043602_2393284.jpg
この竹垣は、かって町が試験的設置した竹垣
かなり古くなってきていることもあって
今回はこの竹垣の50m海よりに設置することにしました。

d0043602_23205931.jpg
<久しぶりに夕日とのご対面です!

d0043602_23274584.jpg
春先のサンセットは水平線に落ちる前に靄や雲に隠れてしまいますが、
きょうは見事に最後まで姿を見せながら沈んで行きました・・・明日は晴れのいい天気になりそうです~♪

by makimaki59 | 2010-04-24 22:41 | 日本海の景色 | Comments(0)

ユネスコ総会

桜の花びらの絨毯
d0043602_21573245.jpg
春と冬が行ったり来たり・・・花見を満喫しないうちに花は散ってしまいました。
ここのところ風旅の所属する団体の総会続きでしたが、
昨日の石川県ユネスコ協会総会でいよいよ打ち止めです。

d0043602_2282994.jpg
ユネスコの事務所がある県広阪分庁の会議室で開かれた総会

d0043602_22102982.jpg
ユネスコとあって県、市の教育関係や国際交流関係の
代表が来賓として出席してくれました。
総会はカンボジアの寺子屋継続支援など全議案承認され終了しました。

d0043602_22115887.jpg
体調が思わしくないと辞任を申し出た高柳行雄事務局長の
永年の功労に対して感謝状と記念品が白石会長から贈られました。

d0043602_2214934.jpg
旧県庁の改装も成りフランス料理のレストランなどが、ここに入居したそうです。
一方、各種団体や教育の場として活用されきた分庁舎は近く解体されるようで
市中心部の賑わい創出や文化の拠点としての役割を終えることになりそうです・・・

by makimaki59 | 2010-04-23 22:21 | ユネスコ | Comments(0)

ヨットの総会

4月は風旅が関わっている団体の総会ラッシュ!です。
きょうは、いしかわスポーツ総合センターで開かれた
「石川県セーリング協会」の総会に出席しました。

d0043602_19153888.jpg
総会では例年ゲスト講師を招き勉強会も開いています。

d0043602_19505358.jpg
今回のゲストは地元出身でSR級で2度の国体優勝や
LazerRadial世界選手権出場ナショナルチームとして活動した
藤井あゆ美(旧姓石川)さんを招きました。(ベネッセコーポレーションを今春結婚退社)


d0043602_195436100.jpg
ニュージーランド強化合宿での練習風景 

d0043602_19574576.jpg
強化選手としての体験を語る藤井さん。

d0043602_2002128.jpg
心技体に及ぶ貴重なアドバイスに後輩の高校生や
大学生からも熱心な質問が投げかけられ、充実した勉強会になりました。

d0043602_2013261.jpg
力丸修会長の挨拶
d0043602_2031877.jpg
この後、総会に移り今年度の行事日程や今年度予算案などを承認し閉会しました。
大型艇(クルーザー)のレースは5月9日(穴水)の第1回ポイントレースで幕をあけます

by makimaki59 | 2010-04-18 20:03 | セーリング | Comments(0)

トキ能登に里帰り!

本州最後のトキ「能里」(のり)の生息地だった能登・穴水町にトキが飛来しました。
40年前、能里の佐渡トキ保護センターへの移送を取材したことのある風旅も感無量です。
もう一度、能登の空にトキの飛翔を夢見て朱鷺の保護活動に
情熱を注いできた村本義雄さん(84)の喜びもひとしおでしょう・・・
種の保存の立場から中国朱鷺の生息地の教育環境の整備などユネスコ活動の一環として
村本さんの活動を支えてきた石川県ユネスコ協会にとっても慶事、努力が報われた思いです。


こちらは、今のところ種の保存の心配が全く無いスズメたちです!
d0043602_9422773.jpg
秋植えのパンジーも戻り寒波で寒そう!

d0043602_9434110.jpg
例年なら店じまいする小鳥のレストランですが
餌不足を心配して延長営業を決めました。
d0043602_945589.jpg
元気をもらうために今回は黄色系パンジーを主体に・・・
d0043602_946078.jpg
紫系はやはり寒そうです。
春の暖かさは何時戻ってくるのでしょうかネ・・・・

by makimaki59 | 2010-04-17 09:17 | 野鳥 | Comments(1)

追い出しコンパ!?

陶芸教室作品展も昨日、盛況のうちに終了。
その夜、1年生、2年生の有志による卒業生を送る会を開いてくれました。
このような追い出しコンパはこれまで無かったことで
企画してくれた幹事をはじめ参加してくれた皆さんに感謝しながら
<楽しいひと時を過ごさせてもらいました。

d0043602_15374527.jpg
金沢の夜景が一望できる内灘の店での送別会
挨拶する卒業生で唯一の20歳台のSさん・・・
陶芸教室のアイドルともお別れです。
d0043602_15471068.jpg
3年間の修行を終え卒業を迎えた同期の皆さん。
写真左端は師匠の飯田倫久さん・・・お世話になりました。

d0043602_15521881.jpg
別れを惜しみ、2次会へと繰り出しました。
カラオケにダンスに・・・気がついたら午前様!
楽しい春の宴でした。陶芸教室での素晴らしい出会いに感謝です!

by makimaki59 | 2010-04-15 16:05 | 陶芸 | Comments(2)

当番

陶芸教室「作品展」の当番です。
午前、午後に分けて教室の生徒2~3名が作品の説明にあたります。
師いわく「これも勉強の一つ!」・・・他の人がどのような釉薬を使っているか勉強になります。

d0043602_6423580.jpg
素人の陶芸展にもかかわらず
知人や教室のOBの方々などが次々と訪れてくれています。

d0043602_6445268.jpg
風旅も数点、出品しました。
「春瀑」(しゅんばく)と銘をつけた花器
残雪の中に落ちる滝をイメージしました。

d0043602_6574424.jpg
白萩釉茶碗
口縁に弁柄を使いました。隣にあった緑釉が飛んだのか
薄緑が入り逆に面白い景色となりました。

d0043602_6593283.jpg
赤土を使った茶碗。
松灰釉を回し掛けしました。

d0043602_763383.jpg
作品展は水曜の午前中まで、これが終われば、いよいよ卒業・・・
夜には1年2年生の有志が、追い出しコンパを開いてくれるそうです。

by makimaki59 | 2010-04-12 07:07 | 陶芸 | Comments(4)