<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ユネスコ・スタディーツアー壮行式

今年もユネスコ石川青年部の学生たちがベトナム、カンボジアの寺子屋訪問に旅立ちました。
単に寺子屋を建設するだけではなく、そこに学ぶ子ども達と交流を深めようと
一行は本日の深夜旅立ちますが、それに先駆け昨日、関係者が集まり壮行式を行いました。

d0043602_7524073.jpg
県広坂庁舎の会議室を借りての壮行式
式には県ユネスコ関係者や青年部スタディーツアー経験者ら
約30名が参加して行われました。

d0043602_7562063.jpg
今回のツアー参加者は金沢大学・金沢学院大学、
金沢医科大学・北陸学院大学の学生たち合せて15名で
この他、ツアーのガイド役として体験者の学生2名が加わります。
d0043602_757598.jpg
参加者たちは3チームにわかれ
それぞれ現地の寺子屋で行う教育プログラムを約2ヵ月をかけ作成、
授業や遊びをとおして現地の子ども達と交流を深めます。

d0043602_7582531.jpg
一行は9月12日に帰国しますが、寺子屋訪問の他、
ベトナム戦争・カンボジア内戦の悲惨を実感できるいくつかの施設、
現地大学生との交流、アンコールワットなどの世界遺産等を訪ね
見聞を広めることになっています。


d0043602_8422388.jpg
ベトナム・ホーチミンの寺子屋(FFSC)の子ども達(資料写真)

d0043602_8425624.jpg
カンボジア・シェムリアップの寺子屋(EADC)

d0043602_8442910.jpg
カンボジアの寺子屋は完成して間もないため
まだまだ継続支援が必要・・・今回も県内の小学生から寄せられた
鉛筆やノートをはじめ企業・団体からの寄付してくれたTシャツなどを
ツアーメンバーがダンボール箱に詰め手荷物として運び寺子屋に届けます。

by makimaki59 | 2010-08-27 08:03 | ユネスコ | Comments(0)

ファミリーカップレース

和倉ファミリーカップ・ヨットレースが
きょう開かれ家族ぐるみでレースを満喫しました。
d0043602_17445539.jpg

ヨットで遊びほうける旦那連中から、1年1回くらい家族サービスディーを設けようと
このレースも回を重ねて22回目を迎えました。
コッパⅡも妙齢の女性?4名が乗り込み、いつもと違う雰囲気です
ところでこのお嬢さんたち誰のしりあいなのかなぁ~?

d0043602_17523483.jpg
コッパを追いかける翔波も今日はリラックスムードです!

d0043602_1754273.jpg
翔波に乗船しているのはお孫さんたちのようです。
スキッパーはジュニアヨットクラブ時代の教え子のM君!
この風景を見るにつけわが身の歳を思い知らされます。

d0043602_17572317.jpg
1ヵ月ほど前に新たに加わった若手クルーです。

d0043602_1758281.jpg
今日の風は南西の風3~4m
波も殆どなくファミリーレースとしてはベストコンディション!
太陽の陽射しは相変わらず強かったものの
子どもたちにとっては楽しい夏休みの一日になったようです。

by makimaki59 | 2010-08-22 17:48 | セーリング | Comments(0)

サークルでの作品-1

この春に3年間通った陶芸教室を卒業。
誘いもあって週一の木曜陶芸サークルの仲間に加えてもらいました。
ここではテーマもなく個々が好きなものを作っています。

d0043602_18461484.jpg
教室時代はやらなかったロクロに挑戦
轆轤づくり初作品の一つです。

d0043602_18535983.jpg
こちらもロクロ仕上げの蚊取り線香の器です。

d0043602_18595840.jpg
「うずくまる」風花器

d0043602_20135095.jpg
頼まれて作ってみた陶板の表札です。

by makimaki59 | 2010-08-21 18:58 | 陶芸 | Comments(3)

沖泊まりの帆船はロシア船でした・・・

昨日、金沢港沖合い停泊する帆船を日本丸とお伝えしましたが、
今朝、金沢大崎埠頭近くまで行って望遠レンズに見たところ・・・
日本丸ならば船体が白のはずが、青色・・・
船型も明らかに違うことがわかりました。
調べて見るとこの帆船はロシア船籍の「パラダ」(2284トン)とわかりました。
 
d0043602_15235396.jpg

パラダ号は韓国からロシアに向かい航行中、実習生が虫垂炎になり
救助を求めてきたことから巡視艇はまゆきが、志賀町海士埼沖で収容。
金沢の石川県立中央病院で手当を受けていますが、命には別状がないようです。
ここで改めて訂正してお詫びいたします。
なお、日本丸の輪島港寄港は記載のとおりです。

by makimaki59 | 2010-08-20 15:43 | セーリング | Comments(0)

帆船「日本丸」

残暑お見舞い申し上げます。
例年ならお盆を過ぎると少しは涼しくなるのに
依然として厳しい暑さが続いています。
充分にご自愛下さい!

d0043602_19241457.jpg
夕方、海岸道路をドライブしていると沖合いに帆船が・・・
急いで家にカメラを取りに戻り撮影しました。

d0043602_19255173.jpg
海は穏やか、どうも金沢港に入港する気配はなく
西防波堤沖に沖止めするようです。

d0043602_19274273.jpg
この帆船、日本丸か海王丸かインターネットで調べたところ、
輪島マリンタウン竣工と輪島大祭にあわせて22日に初入港する日本丸と判明しました。

d0043602_19291270.jpg
輪島港には26日まで5日間停泊して
この間、セールドリル、船内一般公開、最終日の14:00には登檣礼(とうしょうれい)を行い出港する予定です。

d0043602_19312166.jpg
この日本丸には思い出がいっぱい!
新造なった日本丸が金沢港に入港したおり
幼かった娘たちがOP艇で出迎えたころ、初代キャプテンの平井顕さんが
キャプテンルームに招きいれてくれて、お茶をご馳走してくれた他
帆船パレードの行われたシドニーからは、
わざわざ2人にコアラを贈っていただいた感動が、
いまも素晴らしい思い出として心に深く刻まれています。

by makimaki59 | 2010-08-19 19:24 | セーリング | Comments(0)

暑中見舞い申し上げます!

暑中見舞い申し上げます。

d0043602_19453010.jpg
連日うだるような暑さがつづいています。
これも温暖化の影響なのでしょうか・・・・

d0043602_1954667.jpg
この暑さに帰省してる娘と孫たち連れて夕涼みに浜辺へ出かけました。

d0043602_19585630.jpg
空気も乾燥しているのか真夏にしては立派なサンセットを見ることができました。

d0043602_2023175.jpg
この猛暑ここしばらくはつづきそう・・・・
熱中症などにかからぬようご自愛下さい。

by makimaki59 | 2010-08-05 19:39 | 日記 | Comments(2)

MROヨットフェア・・・ビックベアーが優勝

第36回和倉温泉MROヨットフェアが8月1日、和倉港で開かれ、
参加17艇が真夏の海で熱戦を展開しました。

d0043602_0134623.jpg
ヨットマンの交流とヨット人口の底辺の拡大を図ろうとスタートした
このイベントも回を重ね36年目を向かえました。
当初は、クルーザーはもとより小型艇のディンギー、ウインドサーフィン、
それにジェットスキーも加わった海の仲間の祭典でしたが、それぞれの競技種目の
栄華盛衰もあり、今では大型クルーザーの祭典として定着した感がします。

d0043602_015410.jpg
開会式
1年に1度、このレースだけに参加する艇も多く
懐かしい昔の仲間と顔をあわせるのも楽しみの一つです。

d0043602_0174734.jpg
レースは和倉港桟橋前と対岸の能登島半浦沖に設置したマークを
3周する通称ソーセージでコースで行われました。
このシーズンには珍しい南西の風6メート前後がコンスタントに吹き各艇快走します。

d0043602_0191776.jpg
いつもながらスタートは30秒程度遅れたものの
愛艇コッパーⅡは間もなく翔波と争うトップ位置へ・・・
後続艇の位置を確認するN艇長。

d0043602_0201798.jpg
1週間前に新しくメンバーに加わってくれたヤングマン達!
この間、2度の練習しかしていませんが見事な活躍をしてくれました。
右はコツパーメンバーのオールドマンMさん

d0043602_0211275.jpg
快走するコッパーに思わずVサインをするヤングマン!

d0043602_0225094.jpg
レースは風に恵まれ全艇2時間半内にフィニッシュ
ファースト・フィニッシュは翔波、次いでコッパーⅡも2番手でフィニッシュ・ラインをきりました。
ここでは詳しくは記述しませんがスタート関係にインシデントがあったことから、
救済処置を含めて修正タイムが計算された結果、
ビックベアーが優勝、②アナコンダ ③コッパ ④ペニーレーン
⑤レインボー ⑥フェアⅤ ⑦ 翔波 ⑧翔龍Jr ・・・の順位となりました。

次回の大型艇レースは8月22日(日)に同じく和倉港で開かれる
 「和倉温泉ファミリーカップヨットレース」・・・夏休みの一日を家族でレースの醍醐味を
満喫してもらおうと始まった、これも22回目を迎える伝統のレースです。

by makimaki59 | 2010-08-03 08:08 | セーリング | Comments(0)