春に向けて・・・

隣町にある大型ショッピングモールに買い物に出かけた帰りに
久しぶりに定年後に河北潟干拓地で農業を始めた友人を訪ねました。
いないことを覚悟にした訪問でしたが、幸い春に向けての
柿の剪定をしている最中で、おばあちゃんに連れられ
5歳になる元気いっぱいのお孫さんも畑に来ていました。

d0043602_10271719.jpg

柿畑・・・10年前に植えた柿の苗木も随分と大きくなりました。
柿は、いまが枝の剪定のシーズンだとのこと・・・
品種は甘柿の「次郎柿」。無農薬栽培とあって、「ほとんどが虫と
鳥の食料になっている」と友は苦笑していました。

d0043602_10360580.jpg

ミツバチもたくさん飼っています。
まだまだ、活動するには寒すぎるのか
冬眠中のようです。

d0043602_11361308.jpg

ニュー耕運機を買ったそうです。
お値段は、わたしの車の3台分越え!
カーオーディオに冷暖房つきの高級車両です。
お孫さんも大変、気に入っているようでした。




 
d0043602_11494472.jpg


  吹雪で荒れ狂った日本海も、次第に春の装いに変わってきれいる感じです。



# by makimaki59 | 2017-02-25 11:51 | 河北潟の四季 | Comments(0)

立山連峰 遠望

   暖かかったり寒かったりの繰り返し、若干 春の気配を感じるものの、
   北陸地方の本格的な春の訪れは、まだまだ先になりそうです。

d0043602_10150878.jpg
19日17:00頃 内灘砂丘頂上付近から立山連峰を望む

d0043602_10154528.jpg
標高2,000㍍級の立山連峰は、まだ雪に覆われています。

d0043602_10274150.jpg
風車と誘雷塔
風車に直接、雷が落ちないように造られた塔
雷の通り道「雷銀座」といわれる河北潟地区とあって
特に設置された誘雷塔ですが、それでも、避けきれずに
何度も落雷の被害を受けて修理が行われています。
この被害さえなければ、すごく効率の良い優秀な発電装置なのですが・・・




# by makimaki59 | 2017-02-20 10:42 | 河北潟の四季 | Comments(2)

選手・指導者へのルール講習会

本格的なセーリングシーズン開幕を前に、恒例となった選手、指導者向けのルール講習会が
⒓日9:30から金沢工業大学の大教室をお借りして行われました。金沢会場での対象は
北陸水域のセーラーとコーチなどの指導者・・・
今回は、福井県からは三国高校、富山県からは富山大学、新湊高校
石川県からは金沢大学、金沢工業大学、金沢医科大学、羽咋工業高校
それに日本航空高校石川のヨット部員や指導者ら120余名が参加しました。

d0043602_22432692.jpg

今冬、最大級の寒波の襲来で鳥取、小浜方面が記録的な大雪
それにインフルエンザが猛威を振るているとあつて
欠席者が、多いのではと心配しましたが・・・遠方の福井、
富山から、雪をものとかと講習に参加してくれました。

 
d0043602_22542706.jpg

今回もJSAFルール委員会メンバーの石川雅之さんが
講師を務めてくれました。

d0043602_07393974.jpg
やはりインフルエンザが流行っているようで
マスク姿の選手の姿が目立ちます。
d0043602_07455358.jpg
セーリング競技は4年に1度、オリンピックのおわつた後に
一部のルールが改定され、ルールブックも新たに出版されます。
今回は大幅な変更はありませんでしたが、
講習会では、まずは改正点を中心に進められました。
d0043602_07532434.jpg
d0043602_07554237.jpg
講習会は昼食を挟んで午後5時近くまで、みっちり勉強しました!
素晴らしい講習会会場を提供していただいた
金沢工業大学のご厚情に感謝です。


d0043602_10114216.jpg
今回、受付を担当してくれた金沢工業大学と
金沢大学の女子部員のみなさん・・・ありがとう!


# by makimaki59 | 2017-02-13 10:04 | セーリング | Comments(0)