ユネスコ運動全国大会ー仙台

民間ユネスコ運動70周年を記念する全国大会に参加するために
仙台に出かけていました。仙台国際センターを会場に
開催された大会には全国のユネスコ会員をはじめ、中国、韓国、
ベトナム、インドなど16ヵ国の関係者、およそ900人が参加しました。

d0043602_11293301.jpg

NHK仙台少年少女合唱隊によるオープニングコンサート


「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、心の中に
平和の砦を作らなければならない」と有名なユネスコ憲章。
もう、2度と悲惨な戦争を繰り返してはならと第二次世界大戦後の
1946年に発足したUNESCO(国連教育科学文化機構)ですが
まだ国連加盟も許されていない日本にあって、この崇高な憲章に接した
仙台の土居光知氏、桑原武夫氏、上田康一氏らが中心となり
翌年の1947年7月19日に仙台で世界で初めての
民間ユネスコ協力会を立ち上げたことが
全国各都市に瞬く間に広がりをみせていたようです。

石川県内では、その数ヶ月遅れで「金沢ユネスコクラブ」として
スタート、その後、石川県ユネスコ協会と改組、一時期、
休眠状態となりましたが20数年前に活動を再開、現在に至っています。

つづく


# by makimaki59 | 2017-07-19 12:32 | ユネスコ | Comments(0)

新造艦「かが」金沢港に入港

早朝散歩に浜に出たとところ朝もやの中に巨大な艦影が・・・
カメラの望遠レンズを使い見てみると、本日、09:30、金沢入港予定の
海上自衛隊の新型ヘリコプター搭載護衛艦「かが」のようです。

d0043602_11112194.jpg


内灘・大根布の沖止めでパイロット船を待つ「かが」

d0043602_11221175.jpg


水先案内人(パイロット)が乗艦したようで
金沢湾港入口に向かい180°回頭です。


d0043602_11283080.jpg


「かが」は大型ヘリ搭載艦の「いずも」に次ぐ2番艦で
ことし3月に就役、金沢港へには初寄港です。

d0043602_11383113.jpg


「かが」は17日の09:00に出港しますが、
あす15日(土)の10:00~16:00の間
一般公開されるそうです。

Data : 基準排水量 19,500㌧ 全長248m 全幅38m
喫水7.1m 最大速力30ノット 搭載ヘリ 9機(最大14機)
乗員520名 ※艦内神社は白山比咩神社
旧日本海軍の航空母艦「加賀」と漢字表記と平かな表記の違いが
あるものの、名前を引き継いだかたちです。




# by makimaki59 | 2017-07-14 14:30 | 日本海の景色 | Comments(0)

北陸地区国立大学ヨット競技大会・・・新湊③

d0043602_10024258.jpg

本部艇にはいろいろな旗(フラッグ)が、揚がっています。
選手たちは、この旗と音響信号でレースを行っています。
右からピンク色の旗・・・運営艇を示すフラッグです。
白地に丸の三角フラッグは国際信号の数字旗1を意味します。
数字旗はそのレースのマークを回る順番、コースを示します。
オレンジ旗はスタートラインと見通し線を示す旗です
数字旗の影になっているのは競技艇の種目を示すクラス旗「470級旗」
赤と黄色に色分けされている旗は国際信号のO旗・・・風が強い場合
この旗が掲揚された時には通常違反となるパンピング・ロッキング、
ウーチングをすることが許可されたことを意味します。
紺地に四角白抜きはP旗、準備信号旗でレース4分前に展開され
スタート1分前に降下されます。

海の上では声が届きにくく、旗と音響に信号によって意思疎通を図っています。
音響が不発だったり、聞こえなかった場合は、視覚信号が優先されることになっています。
この他、N旗(中止)C旗(コースの変更)S旗(コースの短縮)
X旗(リコール艇あり)第1代表旗(ジェネラルリコール・・・スタートのやり直し)
L旗(通告あり・声の届く範囲に来い・この艇につづけ)Y旗(ライフジャケット着用)
H(ハーバー)H旗の上にN旗が掲揚された場合は、レースの中止、ハーバーに戻れ
H旗の上にN旗の場合は、全てのレースを中止する、本日はこれ以上のレースは
行わない。 回答旗 スタートしていないレースを延期する。またH旗とA旗の組み合わせで
H+N旗やH+A旗と同じ意味を持っています。

国際信号旗には、どのような意味を持たせているのか
知ることも楽しいですネ。


d0043602_11000777.jpg
d0043602_11014138.jpg


d0043602_11062289.jpg


レース結果
昨年、総合優勝した富山大学でしたが、今大会は金沢大学が470級、
スナイプ級ともに優勝しリベンジを果たしました。

団体戦 470級 
1位 金沢大学Aチーム(4472艇宮田・中根組 4286艇河合・石﨑・渡辺組)
2位 富山大学Aチーム(4622艇 藤原・金川組 42461艇開発・榑沼組)
3位 金沢工業大学Aチーム(4024艇軽米・川田・花井組 4007艇小山・多賀・萩田組)

団体戦 スナイプ級
1位 金沢大学Aチーム(30622艇富田・寒川・向山組 29798艇前畑・笹島・山中組)
2位 富山大学Aチーム(30977艇新谷・上村組 30305艇古川・西保組)
3位 富山大学Bチーム(30976’ 伊藤・丹菊組 29597稲ヶ部・中根組)

個人戦 470級
1位 4472艇宮田・中根組(金大)2位 4622艇 藤原・金川組(富大) 
3位 4286艇河合・石﨑・渡辺組(金大)4位 42461艇開発・榑沼組(富大)
5位 45081艇坂本・清水組(富大)6位 3423艇 石田・北垣組)

個人戦 スナイプ級
1位 30622艇富田・寒川・向山組(金大) 2位 前畑・笹島組(金大)
3位 30106艇村本・山中組(金大) 4位 30977艇新谷・上村組(富大)
5位 30976’ 伊藤・丹菊組(富大) 6位 303051宮田・田口組(富大)





# by makimaki59 | 2017-07-05 17:57 | セーリング | Comments(0)