GW アラカルト

d0043602_06570394.jpg

   ゴールデンウィークは天気に恵まれました。
春霞の向こうに白山の姿が・・・

d0043602_07003694.jpg

水が張られた田んぼには鳥の群れ

d0043602_07050219.jpg

ズグロカモメ? ユリカモメ?
くちばしの特徴から判断するとユリカモメのようです。

d0043602_07143744.jpg

白山麓・・・新録のシーズンを迎えていました
ハナミズキの花が咲いていました。

d0043602_07192723.jpg


麦も順調に育っているようです。

d0043602_07181078.jpg


河北潟干拓地も春耕の季節です。

d0043602_07284091.jpg


海岸近くの砂丘地の畑では、スイカの植え付けを終えたようです。




# by makimaki59 | 2017-05-10 07:31 | Comments(0)

七尾の「青柏祭」 その3

d0043602_07514905.jpg

七尾の人たちからは「山王さん」の愛称で呼ばれる大地主神社
(おおとこぬしじんじや)、奈良時代に能登の国の守護神として
日吉大社から分霊を勧請して創建されたようですが、明治15年に
八坂神社の神を勧請、合祀して大地主神社に改称されたそうです。

d0043602_08251032.jpg



大地主神社に着到
梃子衆とともに祝いの木遣りが披露されます。

d0043602_11201363.jpg

伝統をまもることは並大抵のことではありません。
でか山の組み立て方、それに山を組み上げる材料の藤蔓。
その調達も山仕事をする人が少なくなっている現在、
難しくなってきているそうです。

また、木遣り唄、一つにとっても楽譜はなく
口伝で受け継がれきています。
山の動きを操作する大梃子、小梃子などの扱いも
一朝一夕でできるものではありません、
永年の経験が必要です。
その面でも、後継者の育成が大切です。

祇園祭や高山祭りなどの山車と比べて雅さはないものの
丸太を藤つるで組み上げ、筵でまわりを覆う
素朴で日本一の大きさを誇る七尾の「でか山」
いつまでも大切にして行って欲しいものです。








# by makimaki59 | 2017-05-05 16:50 | Comments(0)

七尾の「青柏祭」 その2

祭り衣装が、とても似合うちびっ子たち
d0043602_06325406.jpg
カメラに気付き、ポーズをとってくれました。
顔に〇に二の字のマークは・・・

d0043602_06460563.jpg

準備も整い、いよいよ90度の方向転換辻回しの開始です。
d0043602_06525603.jpg
辻回し、その2 向きが、45度変わりました。
d0043602_06582606.jpg
ほぼ90度に回転、一瞬の出来事に歓声が上がります!
d0043602_07032819.jpg

d0043602_07090353.jpg

木遣り衆の合図で山は動きます。
他の山の木遣り衆は6名ですが、魚町の木遣り衆は1名少ない5名です。
まもなく宮入です。

つづく


# by makimaki59 | 2017-05-05 07:22 | Comments(0)