七尾の「青柏祭」

青空が広がり絶好の行楽日和になったきょう
家にいることはもったいなくて久しぶりに
七尾の「青柏祭」見物に出かけました。

d0043602_21100875.jpg


昨夜の鍛冶町のでか山の引き出し「宵山」から幕を開けた祭り本番
きょうの未明には「朝山」と呼ばれる府中町のでか山が神事の行われる
山王町の大地主神社(おおとこぬしじんじや)へと引き出されました。
三つの山町の最後の引き出されるのは「本山」と呼ばれる魚町のでか山。
七尾に着いたのは11時過ぎでしたが、何とか魚町(よぅまち)のでか山
巡行を見ることができました。昨年暮れにユネスコの無形文化遺産に
登録されて初めての祭りとあって大変な盛り上がりです。

d0043602_21401005.jpg


魚町のでか山は「マルに二の字」は畠山氏の家紋です。
府中町のでか山は「三つ巴」、鍛冶町のでか山は「まるに山」です。

d0043602_21520042.jpg


大地主神社に先着しているでか山
手前が府中の山 山飾りの場面は「忠臣蔵討入場」
奥鍛冶町は「義経千本桜鳥居前の場」

魚町は「太閤記本能寺の変」です。

d0043602_22022473.jpg

20トンもある「でか山」の方向を変える辻回しは見どころの一つ
大梃子を使い前車を浮かせ、横車をセット、一気に90度の
方向展開を行います。でか山の底部分に差し込んだ大梃子の
上にまたがり梃子の原理と反動で山を浮かす作業中です。

d0043602_22195478.jpg

山を楽しむ女性の姿が目立つようになりました。

つづく


# by makimaki59 | 2017-05-04 22:23 | Comments(0)

山下晴子彫刻展

知り合いからの勧めで、金沢のしいのき迎賓館ギャラリーで開催れていた
山下晴子展 「彫刻の力」~パブリックアートに秘められた作家の思い~を
鑑賞に出かけました。

d0043602_10170808.jpg

山下晴子さんは旧石川郡鳥越村の生まれ(1952)で
金沢大学を卒の後、金沢美術工芸大学の彫刻科に入り直し卒業した異色の人?
制作の場を国内にとどまらず世界各地で作品を残しています。

d0043602_10202754.jpg

中でもエジプトで制作した巨大彫刻「LINK」が知られています。
この他 モロッコやヨロッパをはじめ国内、県内の公共施設などで
彼女の作品を見ることができるそうです。

d0043602_10240269.jpg

白大理石や黒大理石作られた作品が展示されています。
会場ではエジプトでの制作活動を記録したビデオを見ることができました。

d0043602_10341468.jpg

写真、右奥は金沢城の石垣・・・これも石の作品?
堅い石を切り出し、加工して物を作り上げるそれ自体も
大変なことなのに、コッコッと削り出し、磨き上げそれを
それを芸術作品までに高めてゆく作業を想像するだけに
気が遠くなそうです。山下晴子さんを尊敬します。

d0043602_10484863.jpg

お隣の石川県中央公園も新録のシーズンンへ・・・
ところで、この名称、もう3年前の2014.6月25日に
「いしかわ四高記念公園」に改称していました。
北陸新幹線開通を前年にひかえて
観光客対応への変更だったのだろうか・・・


# by makimaki59 | 2017-04-24 11:07 | Comments(0)

さくら満開ーその3



d0043602_08371303.jpg
落葉樹も芽吹き始めたようです。

d0043602_08405201.jpg
雪解けを集めて速し手取川!?
                     
d0043602_08452510.jpg


ソメイヨシノの大木 その横にあるのは藤棚

d0043602_08480238.jpg
河原には土筆が一面に・・

d0043602_08531468.jpg
鶴来は酒屋さんや醬油屋さんなど発酵食品に関係するお店の多いところ、
その一つ、テレ朝系の番組でも取り上げられていた糀(粷)づくりの
お店「武久商店」さんを訪ねてみました。
このお店は江戸時代からつづく老舗の糀屋さんです。

d0043602_09052609.jpg
地下室の石室(イシムロ)の中でつくられた米麹
甘酒と塩麴づくりにトライしてみようと
このお盆(一折)の半分を売ってもらいました。
お値段を聞くと750円。
どぶろくと違いノンアルコールですが、
肌がつるつるなるとこと臨床試験?の
結果は、改めてお伝えします!(笑)




# by makimaki59 | 2017-04-21 09:15 | Comments(0)