内灘「凧の祭典」 帆船が空を舞う?

内灘の「凧の祭典」に出かけてみた。きょうの石川県地方は、高気圧にすっぽりと覆われ、青空が広がった。真夏を思わせる暑い日になったが、午前中は南西の風が、5~6メートルと絶好の凧揚げ日和。空には、国内外から多数参加した凧揚げ名人のユニークで多彩な凧が大空を舞っていた。
d0043602_12191814.jpg


中でも、私の目にとまったのは、「帆船凧」。荒海を航海するかのように、強い風を受けると,ヒール(船が傾くこと)し、その動きは、ヨットと同じ。飛行機の翼やヨットのセールの形状と同じく曲線(アール)を付けることによって抑揚を出しているのに感心しました。

d0043602_12203738.jpg


この他、凧の力を利用したサーフボート。「カイトサーフィン」と呼ぶのだろうか、多数の同好者がやってきていて、その妙技を楽しませてくれた。特に驚かされるのは、そのスピード。アビーム(横風)でモータボート並みの20ノットを超える快速! もっと強くなると空に舞い上がるらしい。

d0043602_12231619.jpg


もう一つご紹介したいのは、35ミリカメラ用の「撮影凧」。どこの国からやってきたのかを聞きそびれたが・・・・墜落してもカメラは、壊れないのだろうか?

d0043602_12263964.jpg

              カメラをチェックする外国参加選手

和凧しか余り馴染みのない小生ですが、その種類の多さに驚かされると同時に、セーリングを趣味とするものにとって、風との付き合いの仕方を勉強させられる「凧の祭典」でした。

d0043602_12295615.jpg

# by makimaki59 | 2005-05-04 12:14 | 日記 | Comments(2)

ヨットシーズン開幕

雪国北陸地方も、いよいよヨットシーズン開幕です。能登半島、七尾北湾にある私たちのハーバーも朝から陸置していたヨットをクレーン車を頼み海に降ろしました。
海王丸が走錨して大きな被害を出した昨年の台風23号で、このハーバーも大きな被害を受け5艇のクルーザーが沈没し廃艇処分に。また、岸壁、陸置場も大きくえぐられ自然の力の大きさに改めて驚かされました。
例年ならば、半月前には艇を浮かべている頃なのに、ハーバー仲間はショックやいろいろな問題をかかえ、連休に入ってのようやくの作業となった。

d0043602_1150113.jpg

d0043602_124873.jpg

d0043602_1243327.jpg

d0043602_125742.jpg


七尾湾で行われるクルーザーのヨットレースはシーズン中は、月1回余りのペースで開催されるが今年のレースの開幕は5月8日(日)第1回穴水湾ポイントレースとなる。
# by makimaki59 | 2005-05-03 11:12 | セーリング | Comments(0)

海竜マリンパーク

北信越ジュニアヨットクラブ総会のため久しぶりに「海竜マリンパーク」(富山県新湊マリーナー)を訪れた。
この富山県新湊にあるハーバーは富山国体のために造られたハーバーで思い出深い。
国体準備のため組織つくりから選手強化策、ハーバー建設へと指導的役割を果たしてくれ
たドクターT.Gさんを思い出す。残念ながら病に倒れてしまったが、長年、ヨットの兄貴分として指導してくれ、ルールの世界にも導いてくれたT.Gさんには深く感謝している。
ハーバー建設時、国体終了後の運用面でハーバー経営が成り立つか心配もしていたが、写真が示すように大型クルーザーやモーターボートがいっぱい。日本海側を代表するハーバーに生まれ変わった。
d0043602_2224377.jpg

d0043602_22252798.jpg
余談だが、昨年秋の台風23号で走錨した練習帆船「海王丸」が漂着したのは、この近くの海岸。
高い一文字防波堤に護られたこのハーバーでは、大型クルーザーのマストが1本折れたくらいの被害ですんだとのことだった。
# by makimaki59 | 2005-03-26 22:21 | セーリング | Comments(0)