Bクラス優勝はとよ風?

七尾港まつりヨットレースの修正タイムが出て、翌日の朝刊にその結果が掲載されていた。
昨年はコッパⅡ(和倉港)がAクラス優勝を果たしたが、今回は富山からの遠征組のワンダーに
優勝を奪われた。ひょっとしたら着順3位のレインボー(和倉港)が修正タイムで優勝の可能性があると思っていたが、とどかなかったようだ。Bクラスはそよ風、2位はブログでも紹介した富山のオドゥール、3位はレース初参加の空蝉(七尾港)。
新聞ではBクラス優勝は「とよ風」と誤記・・・「そよ風」がかわいそう!相撲の力士名だと「とよ風」でもいいが、ヨット名としては、いただけない。
レースを終え、初陣のUTZSEMI(空蝉)見学に出かけた。艇年数20年前後レーサーというよりはクルージング艇。いろいろ手づくりのアイデア製品を見かけたで紹介してみよう!

d0043602_234565.jpg

 「オカモトK-30」 横浜のオカモト造船所の製作で設計は熊沢時宗氏

d0043602_2364046.jpg

 キャビン内の内装もしっかりしていて綺麗だ!

d0043602_2383752.jpg

 新オーナーが手づくりしたオーナーズチェア。見事、ちょっと塗装の色が濃いか・・・

d0043602_23105924.jpg

 これもアイデア。ウインチの頭部を利用したボトルラック。
# by makimaki59 | 2005-07-19 23:31 | セーリング | Comments(0)

西岸ヨットハーバーに訪問艇

七尾港まつりヨットレースを終え、中島町にある西岸ヨットクラブのハーバーに艇の整備に行った。
ゲスト用バースに日本海航海中のフネが繋留していた。艇名は「DoNTaKu」。七尾に「どんたく」というスーパーマーケットがあるが、どうも違うようだ・・・・。
博多どんたくが有名だから福岡県の艇だろうか?しかし、艇体には静岡と書いてある。お年寄りのヨットマン2人で航海しているようだが、残念ながら話をする機会が無かった。取材不足・・・今度、クラブ長のN氏に詳しいところを聞いてみよう。

d0043602_20245558.jpg

長距離の航海の場合、マストにステップを取り付けてあると便利!
この4月から航海の途中にこのハーバーに寄港したフネは3艇目。いずれの艇もフェンダー(防舷財)の立派さに感心している。

d0043602_2039148.jpg

d0043602_20412974.jpg

d0043602_20433985.jpg

艇の大きさは26フィートクラスか、ドッグハウスも高く、日よけ用のオウニング・・・強風時のクロスホルドは厳しいだろうなぁ~。
「風車」は気に入りました!最近では充電のためのソーラーパネルを取り付けてある艇を見かけますが、ヨットは風で走るもの、充電も風の力を利用したいものですネ。
# by makimaki59 | 2005-07-18 22:03 | セーリング | Comments(1)

七尾港まつりレース

第32回七尾港祭りレースが行われた。私の26歳の時にスタートしたこのレース・・・長く続いています。
昨年の台風23号で十数艇の艇が大破したため例年と比べエントリー数が減ったが、新しい艇もデビュー。富山からもワンダー・花子・オドゥールなど強豪チームが顔をみせた。
レースはスタート→上マークー→サイドマーク→下マーク→上マーク→下フイニッシュの三角コース。午前10時30分、各艇一斉にスタートした。
d0043602_22282978.jpg

 富山からの遠征艇の溜まり(左は石川県艇U&U)

d0043602_22332297.jpg

 オドゥールのメンバー・国立富山高等専門学校のT教授(右端)も退官なされたが元気そう!

d0043602_22421768.jpg

 重量級クルーをそろえたコッパーⅡのフリーの走り・・・・

d0043602_22464765.jpg

 第1下マークに向かいコッパーⅡと競り合う「アナコンダ」

d0043602_22513223.jpg

今回のレース、天気予報では、風が吹かないということで、微風の中での神経戦になると思っていたところ3~6メーターの風が吹き、絶好のレースコンディション。
レース委員会、微風を予測してかショートコースを設定したため1時間半程度で全艇フイニッシュした。
レース結果と表彰式は、来週日曜日のMROヨットフェアで行われる。


 
# by makimaki59 | 2005-07-17 23:17 | セーリング | Comments(0)