タグ:船舶 ( 18 ) タグの人気記事

北陸地区国立大学ヨット競技大会 ⑤

レース2日目
 
d0043602_5504854.jpg
レースに備えて艤装の準備をする金沢大学チーム
 
レース最終日はスタート時間が30分繰り上がって9;30分
予告信号は9:25に発せられます

d0043602_602268.jpg

きょうは今月末に新湊で開かれる全国中学校ヨット大会に備えて
ジュニアの大会も開かれます。
射水市から新しいOP艇5艇を買ってもらい志気も高まります!

d0043602_6114341.jpg
レース委員会ー朝のミーティング
 
d0043602_6135330.jpg
指示をする富山大学OBの倉石清和レース委員長

d0043602_6184465.jpg
現役のヨット部員のほかOBの皆さんが支援に駆けつけてくれています。

d0043602_6221738.jpg
レース委員会事務局:受付窓口など陸上サポート全般を受け持ちます。

d0043602_6271257.jpg

出動を待つjuryボート

d0043602_6293829.jpg
もう一つのjuryボートは調子が悪くハードボートに
その後、調子の悪かったゴムの②マーク運営艇と交換。
これを直してjury用として使用しました。

つづく

by makimaki59 | 2014-07-08 05:56 | Comments(0)

そろそろ始動へ・・・

大震災に遭われた方、原発事故で避難を余儀なくされた方に
心からお見舞い申し上げます・・・あまりの被害の大きさに言葉もありません!


d0043602_2213313.jpg

先日、富山県の新湊ハーバーでヨット仲間の会合がありました。
そこで東北地方のヨット仲間の消息や被害の状況が少し伝わってきました。
いまのところ知り合いの仲間は難を逃れて無事のようです。
当日、名取市に艇庫のある東北大学ヨット部や高校のヨット部も
海上練習をしていたようですが、幸い津波の到達する前に高台に逃れ助かったようです。

d0043602_2235185.jpg

この日、集まったのはジュニアセーラーの指導者たち
もし、自分たちが指導している時にこのような事態が起きた場合
どのように対処したらよいか、考えされられると同時に
海のスポーツの怖さと責任の重さを改めて感じていたようでした。

d0043602_2252263.jpg

by makimaki59 | 2011-04-05 21:35 | セーリング | Comments(0)

「日本丸」 金沢港を出港!

5月23日に東京を出港した日本丸は室蘭港、佐渡・両津港を経由、6月9日に補給のために金沢港に寄港していましたが、13日 14:15 抜錨し最終目的港である神戸へと向かいました。
金沢港出港の模様をカメラに収めたいと思っていましたが、その時間帯はあいにく工芸教室。先週は、人間ドック入りで休んだこともあり、連続お休みはまずいと判断、「日本丸」とのお別れを午前中にすませました。
d0043602_21184451.jpg

d0043602_21223128.jpg

マストには、この船は24時間以内に出港することを示す国際信号旗「P旗」が展開していました。

d0043602_2159393.jpg

錨の化粧直しも完了したようです。

d0043602_2242927.jpg

約45mもあるマストの点検です。

d0043602_2252374.jpg

いまでは10m足らずのヨットのマストに登るのも恐怖なのに・・・

軽やかな足取りで上って行きます。若いと言うことは素晴らしいことですネ!

d0043602_13532854.jpg

今回の航海訓練には、東京・神戸の商船大学生77名が乗船しています。

※いずれも合併統合されて現東京海洋大学と神戸大学に・・・

d0043602_13575948.jpg

陶芸教室を終え、急ぎ海に出かけましたが・・・日本丸は遥か彼方に・・・

日本丸の予定:6月15日 関門、部崎で仮泊・23日神戸港入港予定です。

by makimaki59 | 2007-06-13 21:23 | セーリング | Comments(4)

帆船「日本丸Ⅱ」 スナップ

d0043602_17344730.jpg

4檣バーク型帆船・総トン数2570トン・全長110.09m・全幅13.80m

d0043602_1746020.jpg

錨の重さ・・・約3トンだそうです。

d0043602_17491367.jpg

滑車の大きさ、ヨットとは比べ物になりません!

d0043602_17542262.jpg

この写真で少しはヤードの扱い方がわかるのでは・・・

d0043602_18114312.jpg

船首部分のジブセール 4枚セット

d0043602_18171558.jpg

ブリッジ周辺

d0043602_1819391.jpg

何故か・・・・スターボード(右舷)接岸です?

by makimaki59 | 2007-06-10 17:41 | セーリング | Comments(4)

帆船 「日本丸」Ⅱ世との再会!

今朝、金沢港に帆船「日本丸」が入港しました。「太平洋の白鳥」と呼ばれる日本丸の金沢港への入港は1987年10月以来、2回目およそ20年振りです。
当時、ジュニアセラーだった娘二人がOP艇で新日本丸を歓迎しようと港に出かけた際には、平井顕船長からキャプテンルームにご招待され、大変親切にしてしていただきました。娘たちにとっても私にとっても忘れられない思い出深い帆船(フネ)です。

d0043602_209296.jpg

2日に室蘭港を出港→佐渡両津港→金沢港に今朝入港。

d0043602_2023845.jpg

航海の安全を祈る船首像「藍青」(らんじょう)

d0043602_20291831.jpg

船体のお手入れです!

d0043602_20324956.jpg

今回の金沢寄港は補給目的、残念ながら一般公開・総帆展帆はありません。

d0043602_2039543.jpg

13日まで金沢港停泊、その後、最終目的港である広島港へと向かいます。

by makimaki59 | 2007-06-09 20:12 | セーリング | Comments(4)

アンティック船の魅了


世界最古の現役客船「ドゥロス号」の艤装:アンティックな魅力が一杯です!
d0043602_1146993.jpg

ネズミ返し?・・・・ロープを伝っての進入を防ぎます。

d0043602_11504320.jpg

両舷に並ぶ救命ボート(左側)

d0043602_11564670.jpg

ボートの取り扱い説明板

d0043602_1153451.jpg

救命ボートを固定するチェーン。

d0043602_1212045.jpg

トイレ・・・チーク材を使ったドアです。

by makimaki59 | 2007-05-30 11:48 | セーリング | Comments(5)

世界最古の現役客船「ドゥロス号」を見学

ギネスブックにも載っている世界最古の現役客船「ドゥロス号」(6,8181トン)が24日から金沢港の無量寺埠頭に入港しています。
この船が建造されたのは1914年(大正3年)。あのタイタニック号より2歳若い93歳ですが、まだ現役で頑張っています。
現在、この船を運航しているのは、ドイツの非営利慈善法人「GBA」で国際親善と国際交流を深めるために船内に書店をそなえて世界各国を巡っています。この船のすごさは、50ヵ国余りからおよそ350名の若者たちが、ボランティアとして乗り組んでいるところです。

d0043602_1615319.jpg

d0043602_16201690.jpg

「船上書店」・・・ここでの貨幣はドゥロスです。100ドゥロス=300円 

d0043602_1622562.jpg

上部甲板からエンジンルームを見下ろしました。目がくらみそうです!

d0043602_16294869.jpg

バゥデッキではゲームなどをして国際交流です!

d0043602_16355045.jpg

ドゥロス号は人道支援活動も展開しています。

d0043602_16175156.jpg

一般公開は6月4日まで、5日には出港の予定です。

by makimaki59 | 2007-05-29 16:40 | セーリング | Comments(6)

地震ショック・・・いまだ癒えず!

昨日、金沢地方気象台が「開花宣言」を発表しました。例年ならばいよいよ桜のシーズン到来とウキウキした気分になるのですが、被害を受けた能登地方のことを考えるといまだ暗い気分から脱出できないでいます。
災害現場では復旧作業が本格化してきています。特に道路と水道などのインフラ関係に重点が置かれ、これまでに被害が比較的軽微だった能登有料道路、羽咋市の柳田インターと志賀町の徳田大津インター間、それに能登縦貫道路の七尾~徳田大津間が開通。不通となっていた「のと鉄道」(七尾ー穴水間)も今日から列車の運行を再開しています。この他、被害の大きかった徳田大津から以北の能登有料道路や能登島大橋もゴールデンウィークまでの開通を目指しています。
また、昨日から金沢から「ボランティア・バス」の運行が開始されました。県外からも多くの人々が駆けつけ倒壊家屋の後片付けや避難場所でお年寄りの健康ケアーに当たる姿を見るにつけ心温まる思いです。

d0043602_18115622.jpg

和倉方面まで通行可能となった能登有料道路

d0043602_1815171.jpg

徳田大津以北の復旧には約1ヵ月かかりそうです・・・

d0043602_18193928.jpg

被害拡大が心配された雨も午後には上がりました

d0043602_18232721.jpg

雨あがりの日本海

by makimaki59 | 2007-03-30 18:24 | 日記 | Comments(2)

豪華客船「飛鳥Ⅱ」 金沢港に初寄港

一昨日、金沢港に飛鳥Ⅱが入港しているのを見つけ写真に収めました。飛鳥Ⅱの金沢港への寄港はこれが初めて。横浜港を出航、ロシアのウラジオストックへ向かう途中、金沢港に立ち寄ったものですが、港には日本で一番大きい豪華客船を見ようと多くの人が見物に訪れていました。
d0043602_8112858.jpg

 
金沢港のメーンバースに接岸した「飛鳥Ⅱ」

d0043602_8131710.jpg

ナイフの切っ先のようにシャープなバウ(船首)ライン

d0043602_8143242.jpg

それにしても大きい・・・まるで大型のマンションです!   

d0043602_8171112.jpg

改修して「飛鳥Ⅱ」として2月に就航

d0043602_8161566.jpg

24時間以内の出航を告げる国際信号のP旗がマストに

d0043602_8184413.jpg

県の漁業監視船「いぬわし」も歓迎の旗です。

d0043602_820152.jpg

「海は広いなおおきいなぁ~ 行って見たいなよその国~♪」

お値段は1泊 約5万から20万円だとか・・・宝くじあたらないかなぁ~


memo
「飛鳥Ⅱ」・・・約5万トンクラス豪華客船。全長・・・241m 幅・・・29.6m
         12階構造。 客室数・・・462室 旅客店員・・・720名 乗組員・・・360名
         航行速力・・・23ノット。
by makimaki59 | 2006-09-26 08:20 | 日本海の景色 | Comments(18)

退役潜水艦 陸上展示へ

「出口のない海」につづいて潜水艦の話題です。
映画を見た翌々日の朝刊を見ると退役した潜水艦が初の陸上展示されるとの話題が載っていました。来春、広島県呉市にオープンする「海上自衛隊呉資料館」に展示するために陸揚げ作業のニュースです。この潜水艦はゆうしお型の「あきしお」として昭和61年3月に同型の7番艦として就航。横須賀沖で釣り船と衝突事故を起こした「なだしお」(5番艦)とは姉妹艦です。
沈黙の艦隊と言われる潜水艦は隠密性が高いことから、船体に船名・艦番号も標記されることはありませんが、ちなみに「あきしお」・・・SSー579号艦です。(SS=サブマリン・シップ)

d0043602_842962.jpg

         
(2006.9.25 読売新聞・朝刊ー掲載写真)


■日本に潜水艦が導入されたのは、日露戦争時代。その後、各国潜水艦開発に凌ぎを削ることになりますが、特にドイツは第一次世界大戦・第二次世界大戦を通じて潜水艦の開発・建造に力を注ぎUボートととして輸送船団に恐れられました。
日本も太平洋戦争末期(1944.12)には世界最大の潜水艦伊号(伊400型)を建造しました。
しかし、航空機3機を搭載可能な世界初の潜水空母ともいえる巨大潜水艦は、実戦に投入される前に終戦を迎えます。
この伊号はアメリカの原子力潜水艦「ノーチラス号」開発の下敷になったとの話も聞かれます。

memo
ゆうしお型・・・全長76.0m 幅9.9m 深さ10.2m 喫水10.2m
         ディーゼル2基・メーンモーター1基1軸・・・7200PS
         排水量2250トン・水中3600トン
         速力 約12ノット 水中20ノット
         主要装備・・・533ミリ魚雷発射管×6門
         乗員・・・約75名



                      
by makimaki59 | 2006-09-25 08:07 | 日記 | Comments(4)