タグ:金沢城・兼六園 ( 9 ) タグの人気記事

睡蓮の花

きょうから百万石まつりが幕を開けました。初日は金澤の地名の由来となった金澤神社境内の
「金城霊沢」(きんじょうれいたく)でのお水取りの儀式・尾山神社での祈願祭などが行事が執り行われました。しかし、こどもたちが楽しみにしていた「こども提灯太鼓行列」は夕刻からの雨との天気予報から正午前には中止を決め発表されました。
梅雨入り前後の微妙な時期の、この祭り、いつも天候にやきもきさせられます。
このシーズンの到来を喜んでいるのは、紫陽花と睡蓮かも・・・・・

d0043602_21243931.jpg

d0043602_2123737.jpg

d0043602_21164073.jpg

d0043602_21184840.jpg

d0043602_21204117.jpg

d0043602_21422084.jpg


明日は祭り本番、呼び物の百万石行列が街を練ります。今回から

行列のコースも変り金沢駅東口「鼓門」か「金沢城」へと入城します。

by makimaki59 | 2006-06-09 21:40 | 金沢散策 | Comments(4)

金沢城内にある旧陸軍第六旅団司令部

以前,旧陸軍第九師団司令部・同師団長官舎・偕行社・兵器支廠兵器庫 (石川県立歴史博物館)などを紹介しましたが、今回は金沢城内に残る旧陸軍第6旅団司令部庁舎を紹介します。
旅団とは、師団の管下に置かれ旧陸軍では1師団に2旅団が置かれました。また、旅団の下には通常2~3の歩兵連隊が置かれました。
第九師団では、日露戦争前の明治31年以降、その隷下に歩兵第七連隊と歩兵第35連隊編成による第六旅団と歩兵第19連隊と歩兵第19連隊と歩兵36連隊編成の第十八旅団(福井県敦賀に司令部)がありました。

d0043602_202049100.jpg

城内「切手門」・・・藩政時代は側室の住まい数奇屋敷がありました。

d0043602_20254812.jpg

旅団は師団と連隊の間の中2階的(中間管理職的?)な存在だったようです

d0043602_20244789.jpg

d0043602_2027267.jpg

旅団長は少将クラスで副官2~3名・事務取り扱いの書記役の曹長2~3名とそれに連隊から派遣される当番兵のこじんまりした組織だつたようです。

旧陸軍第九師団司令部の建物
■旧陸軍偕行社の建物
■第九師団長官舎





 
by makimaki59 | 2006-06-07 20:39 | 金沢散策 | Comments(5)

金沢城 石垣回廊を散策

金沢城は石垣の博物館といわれるほど、各年代の石垣が残っています。石川県ではこの石垣の修復・保存へと動き出しましたが、このほどこれらの石垣を近くで見ることができるようにと木道が完成しました。名付けて「石垣回廊」。
県体育館横の宮守坂から旧陸軍第6旅団司令部の建物のある数寄屋敷跡につながりています。
d0043602_21183716.jpg

県体育館のある玉泉丸跡の石垣の石積みは綺麗だ言われている

d0043602_21225559.jpg

切り込みはぎの石積み

d0043602_21272324.jpg

この春に完成した木道・・・階段でひと休みする仲良しおばあちゃん?

d0043602_21365075.jpg

切り込みはぎや打ち込みはぎの石積みとしたのは玉泉丸庭園の借景として石垣を使ったためと言われています。

d0043602_21451273.jpg

■金沢城の石垣は石垣造りのプロ集団「穴太衆」(あのうしゅう/滋賀県坂本)の手によるものといわれ、その一族の血を継ぐ家として加賀藩穴太として「後藤家」が知られている。
by makimaki59 | 2006-06-05 22:07 | 金沢散策 | Comments(4)

桜シリーズその2  金沢城石川門付近

兼六園には4000本余、金沢城公園には2000本余の桜があると言われています。中でも市民の桜見物の場所として親しまれているのは、元のお堀のあった「百間堀」周辺。夜桜を眺めての盃を酌み交わす宴の場所でもあります。今年は、開花宣言の後は雨の日が多く、いまいち盛り上がりに欠けているようですが、明日は花の金曜日、天気もまずまずとのことで賑わいを見せそうです。

d0043602_1574854.jpg

d0043602_1591987.jpg

d0043602_15113186.jpg

d0043602_15125345.jpg

d0043602_15213214.jpg

d0043602_1516861.jpg

by makimaki59 | 2006-04-13 15:16 | Comments(6)

桜シリーズその1 兼六園と金沢城

金沢気象台が午前中、満開情報をだしたと聞きつけ、昼休み時間に無料解放されている兼六園周辺に出かけて見ました。
あいにくの曇り空にも関わらず兼六園周辺は大変な人出!平日にもかかわらず、私と同じく昼休み時間を利用してのサラリーマンやOL、それに観光客で賑わっていました。
兼六園のソメイヨシノは気象台の情報とは異なり、7~8分咲き、満開はあすかあさっての感じでした。

d0043602_21122879.jpg

兼六園茶屋街から見た石川門

d0043602_21152096.jpg

花見客で賑わう園内

d0043602_21173959.jpg

瓢池と三芳庵(みよしあん)

d0043602_21231158.jpg

7~8分咲きのようです・・・・

d0043602_21255345.jpg

私の好きな茶室・・・夕顔亭

■「夕顔亭」 1774年に園内に造られ大名茶室、本席は3畳台目で相伴畳を備えている。袖壁に夕顔(ひょうたん)の透かし彫りがあることから、この名がつけられたが、藩政時代は「滝見の御亭」(たきみのおちん)と呼ばれていたと言う。

次回は石川門周辺の桜です♪
by makimaki59 | 2006-04-12 21:41 | 金沢散策 | Comments(6)

加賀藩の客将 「高山右近」

旧県庁前の広坂通りの教会に「高山右近」の銅像があるのを見つけました。
キリシタン大名だった高山右近は、いろいろな歴史小説に登場する人物で、個人的には好きな戦国武将の一人です。
皆さんご承知なので詳しくは述べませんが、高槻4万石、後に明石6万石の藩主でしたが、キリシタン信仰をやめるように迫られるが、改宗を拒み領地を没収されてしまいます・・・・
この高山右近の窮状を救うために、秀吉に加賀藩御預かりを願い出て客将として迎えたのは前田利家でした。
右近の金沢在住期間は1588年から1614年、家康のキリシタン禁令が出されルソン島(フィリピン・マニラ)に追放になるまの26年間です。この間、加賀藩軍事顧問として小田原攻めや関が原の戦にも同行、また、優れた築城技術を生かし、初期金沢城の改築や内惣構堀や二代藩主利長の高岡城の築城にも関わっています。
右近は軍事面だけではなく、茶人、文化人として一流の人物。
金沢でも「高山右近」を再認識しようとの動きがでてきていることがうれしい・・・・。

d0043602_2145070.jpg

d0043602_2153519.jpg

d0043602_2162598.jpg

■高山右近(1552年~1615年)・洗礼名 Justo Takayama(ジュスト=ジャステイス、正義の人と言う意味か・・・)

by makimaki59 | 2006-04-02 21:27 | 金沢散策 | Comments(14)

金沢城は「石垣の博物館」

加賀百万石のお城「金沢城」は石垣の博物館として注目されてきた。金沢大学が城外に移転したあと城内に五十間長屋が再建され新たな観光スポットとして多くの観光客が訪れている。
石川県では、これらの城内整備に併せて金沢城研究室を設け各方面から調査を行っているが
石垣は藩政期を通じて7期の変遷をへてきていることが解ってきた。
初期の文禄年間の「自然石積」、慶長年間の「割石積」、元和年間の「粗加工石」、寛永年間の
「切石積」、寛文から元禄年間はいろいろな工法で石垣が造られたらしい。
d0043602_22295968.jpg

d0043602_22333382.jpg

d0043602_22323384.jpg

by makimaki59 | 2006-01-26 22:49 | 金沢散策 | Comments(3)

金沢城・五十間長屋の夜景

先週の土日、中秋の名月を鑑賞しようとのイベントが兼六園・金沢城公園で行われ、合わせて
五十間長屋も無料開放された。
昼に見る城内の景色と趣をことにしていた。
d0043602_2253974.jpg

金沢城内の五十間長屋にかかった待宵月
d0043602_22101266.jpg

夜の五十間長屋の内部
d0043602_22145027.jpg

d0043602_2216357.jpg

五十間長屋内部には観月飾りが・・・・
d0043602_2218519.jpg

五十間長屋から石川門を望む。
d0043602_22213754.jpg

石川門にかかった待宵月。十四夜の月は「小望月」とも呼ばれている。
by makimaki59 | 2005-09-20 22:23 | 金沢散策 | Comments(2)

金沢城の夜景

デジタル一眼レフカメラの試運転に先週の土曜日に、ライトアツプされている金沢城内を訪れた。その夜は「太鼓」イベントが行われていた。
d0043602_2219683.jpg

ライトアップされた「石川門」
d0043602_22214465.jpg

五十間長屋の夜景
d0043602_22241283.jpg

d0043602_2231112.jpg

d0043602_22325094.jpg

取扱説明書を5ページ読んだだけですが、一応、撮れていました。どんな機能があるのか良く
勉強して再度「夜景」にトライしてみるつもりです。

シティウォッチさん にTBです。
by makimaki59 | 2005-08-31 22:38 | 金沢散策 | Comments(4)