タグ:陶芸 ( 32 ) タグの人気記事

秋の小旅行 二題

朝晩の冷え込みが厳しく、野山も海も急激に秋めいてきました。
今週は陶芸サークルや写真同好会の小旅行が、水曜日、木曜日とつづき
越前陶芸村と富山の岩瀬浜や新しくできた富山美術館を訪れました。

d0043602_08582074.jpg


陶芸サークルの仲間とバスを仕立てて越前陶芸の村へ
公園として設えられた広大な敷地の中に、資料館としての
陶芸館、技術センター、即売をしている越前焼の館
それに食事処、宿泊設備などが配置されています。


d0043602_09361039.jpg


日本六古窯の一つとして知られる「越前焼」の歴史は平安末期からはじまり
室町時代に最盛期を迎え、その後、次第に衰退して行ったといわれています。
その焼成に使われていた穴窯(窖窯)が再現されいます。

d0043602_09535254.jpg



 登り窯が出現してくるのは江戸の天保期といわれ、穴窯はそれ以前に
  活躍した焼成窯です。ここでは年2回、火入れをしているそうですが
     燃料の薪はクヌギやマツ材を使っいます。
クヌギを燃料にしても簡単に1300度まで窯の温度を
あげることができ問題がないそうです。・・・機会があれば、
一度、穴窯か登り窯で焼いてみたいものです。


d0043602_15531811.jpg


越前焼の歴史紹介や資料、作品を集めた陶芸館の展示室
自由に撮影できるところがなところが嬉しい!

d0043602_15540403.jpg


室町時代に作られた壺
釉薬を使わない焼き締めの方法で作られた壺ですが、
土そのものから出てくる成分と灰をかぶりできる肌合いが
なんとも言えない野風味たっぷりの趣きを醸し出しています。

d0043602_15542609.jpg


越前の土は石英などのガラス質を多く含んでいて、
焼成の際にそのガラス質が土と土との接着性を高め
堅くてねばりのある品に仕上がるそうです。

d0043602_15545824.jpg


この特性が水漏れのしにくくて、耐火性の強い器づくりに適していて
かつては壺、甕、すり鉢などの生活雑器や宗教的意味合いの強い経筒、
骨壺などが多く生産されたそうです。




d0043602_15552821.jpg


陶芸村の見学の後、同じく越前町にある窯元五島哲氏の「椿窯」を訪れ
越前焼の歴史や陶芸村のこれまでの歩みなど詳しいお話を伺いました。
また、作業場の裏山には鎌坂古窯跡もあり見学もさせてもらいました。

陶芸サークルの県外の窯元訪問の小旅行は隔年に実施していますが
ここのところ、マンネリ気分になってきている
制作意欲を少しはかきたててくる感じです!

次回は北前船の歴史をいまに伝えるお隣の岩瀬地区の模様と
富岩(ふがん)運河環水公園・新しくなった富山県立美術館 見学レポートです。

つづく







by makimaki59 | 2017-10-20 22:25 | 日記 | Comments(0)

ビッグマウス?

2窯目の陶芸作品も焼きあがりました。
私としては初の大物の花器です。
手練りで土もかなり使いました。

d0043602_21454712.jpg
美しいフォルムを避けて思いのまま土紐を重ねて行きました。
何か口広のバックに似ていますね!(笑)

d0043602_21412455.jpg
耳も付けてみました。
蔓で持ち手を取り付けようかとも思っています。

d0043602_21442958.jpg
「大口」「どん平」「呑龍」・・・銘を何にしようかと迷うところです・・・・(笑)

by makimaki59 | 2009-04-14 21:43 | 陶芸 | Comments(0)

水滴 完成!

水滴が、焼きあがりました。
「習字用の水滴が欲しい!」との妻のリクエストに応えたものです。

d0043602_813189.jpg
こちらの2点は蓋付きです。
白萩に織部を掛け分けしました。

d0043602_831725.jpg
こちらは、蓋付きで白萩の単体掛けです。
残念なことに蓋部分にヒビが、入りました。

d0043602_851193.jpg
こちらは蓋無しの水滴です。
紅柄でストライプのラインを入れましたが余分でした。

d0043602_87158.jpg
今回は作品数が多くて1度に窯に入らず、2度の本焼となりました。
2度目は今日が、窯出し・・・
もう一個の大型花器の焼き上がりに期待と不安が・・・・(笑)

by makimaki59 | 2009-04-13 08:07 | 陶芸 | Comments(2)

卒園記念作品

陶芸教室と敷地を同じくする保育園の園児の作品が焼きあがりました。

d0043602_20512150.jpg
この作品は年長組の園児の卒園記念として制作したもので
例年、陶芸教室で学ぶ2年生がお手伝いをしています。
d0043602_20514755.jpg
焼き上がった作品を手にする園児たち
d0043602_20524948.jpg
岡本太郎ばりの自由奔放な作品に感動させられます。
子どもはみんな大芸術家です~♪

by makimaki59 | 2009-03-20 20:53 | 陶芸 | Comments(0)

陶芸教室・・・修行再開!

さぁ~今年も頑張るゾ~!

年末年始の休みもあけて、きょうから陶芸教室再開です。
d0043602_21173017.jpg
「はい、全員こっちを向いて!」
2009年初教室とあって記念写真を撮りました。

d0043602_21235353.jpg
休みの間を利用して小物類を作って見ました。

d0043602_2122166.jpg
ぐい呑・香合・それに線香をマストに見立てたヨット型のお香立てです。

d0043602_2123087.jpg
こちらは1年生、次週、2回目の素焼きとあって作品の
最後の仕上げに力が入ります。

この春から、いよいよ3年生、ここで学べるのも最後の年です。
ちょっと寂しい気もしますが、いよいよ3年生のカリキュラムの
ロクロに入れる喜びと期待も沸いてきます。

by makimaki59 | 2009-01-07 21:24 | 陶芸 | Comments(4)

作品の焼きあがりは・・・?

野焼きにつづき先週、窯入れした作品が焼きあがりました。
今回参加した野焼きを除けば今年2度目の窯入れ。
作品制作→素焼き→釉掛→本焼きの手順で進められますが、
思ったような色に焼きあがっているか、「窯だし」はいつも興奮させられます。

d0043602_1063913.jpg
内灘町陶芸教室・・・手前から1年生・2年生・3年生の作業台です。
d0043602_107512.jpg
隣の棟にある窯から焼成台が、
レールにのって工房に運び込まれす。
 

今回の私の作品です。

d0043602_10234252.jpg
鶴首一輪挿し「花器」
鶴をイメージして下地に透明・上部に白萩の釉薬をかけてみました。

d0043602_1034630.jpg
酒器・・・ぐい呑と変形の銚子
透明・白萩・飴?(失念)を使用
d0043602_10441643.jpg
予想を超える発色に大満足~♪
炎の魔術ですネ!
つづく

by makimaki59 | 2008-10-10 10:02 | 陶芸 | Comments(3)

「野焼き」に向けて・・・

里帰りしていた孫達もいなくなり、我が家に静けさが戻ってきました。
この間、孫守に専念していて他のことは、何も出来ませんでしたが、
ようやく、もとの生活パターンへ・・・まず、手始めは秋に行われる
野焼用の作品づくりです。

d0043602_103615.jpg
昨年9月の野焼き用作品の搬入作業風景(内灘海水浴場)

d0043602_1042281.jpg
籾殻を主体に一昼夜をかけて焼き上げます・・・棒状のものは煙突です。


内灘の陶芸教室で野焼きに参加できるのは2年生から・・・
初チャレンジの今回のテーマを「古代の音」と決め“土笛”を作ることにしました。
d0043602_10575828.jpg
手前は以前に紹介したことのある「弥生時代の土笛」の模倣

d0043602_1111986.jpg
こちらは、その変形型?・・・吹き口を付けてみました。

d0043602_1142662.jpg
ついでに“オカリナ”も作ってみました・・・
d0043602_117132.jpg
横笛
何とか、すべて音が出るようになりましたが
それまでが一苦労、これから音階調整に更に苦労しそうです。

つづく

by makimaki59 | 2008-08-18 10:54 | 陶芸 | Comments(6)

 『作品展・・・』

陶芸教室で学んだ1年間の成果を発表する作品展が、昨日から始まりました。
1年生の出品点数は2~3点とのことで、
思い煩い?下記の作品を出品してみました・・・・・。

d0043602_2304495.jpg

会場の内灘町庁舎6F・町民ギャラリーへの作品搬入風景です。

d0043602_237419.jpg

作品展示を指揮する師匠の飯田倫久先生。

d0043602_23121058.jpg

海を照らす 白釉花器 “ 光の城砦 ”

d0043602_23155243.jpg

新緑の宴 緑釉 “ 瓶子とぐい呑5兄弟 ”

遊び心で、余分なこともキャンプションに書いてしまいました。(笑)

by makimaki59 | 2008-04-18 23:25 | 日記 | Comments(4)

「窯出し」です~♪

「陶芸教室」・・・きょうは本焼の窯出しの日。胸が高鳴り、早めに出勤です!(笑)

d0043602_2058752.jpg

窯入れから1週間、割れを防ぐためにゆっくりと冷やしての窯だしです。

d0043602_2131665.jpg

100点余りの全作品、無事に焼きあがりました~♪
飯田倫久先生(中央)を中心に品評会?です。


d0043602_2145225.jpg

「壷」

d0043602_2185148.jpg

白萩をベースに口の部分をベンガラで縁取り、織部を掛けてみました。

d0043602_21112733.jpg

孫用カップです・・・・白鳳マットに丸の部分を織部でアクセントを付けました。

d0043602_21131622.jpg

自分用マグカップです・・・同じく白鳳マットにゴスでヨットを描いてみました。

d0043602_21154816.jpg

カップ類は、イメージしたより少し地味な仕上がり・・・
釉薬の選び方の難しさを改めて思い知らされます。

by makimaki59 | 2008-02-20 21:05 | 陶芸 | Comments(7)

「素焼き」の窯だし~♪

きょう水曜日は陶芸教室の日。
先週、素焼きのために窯入れした作品が、上手く焼きあがっているか
一寸とワクワク、ドキドキした気持ちで教室に出かけました!(笑)


d0043602_1926690.jpg

先週の素焼きのための窯入れ作業。

d0043602_1927940.jpg

作品数が100点を越え、すし詰め状態。
パズルのように隙間のないように配置、何とか一窯に収納しました!

見違えるほど美肌美人?になりました!

d0043602_19373889.jpg

壷1点・マグカップ5点・コーヒーカップ5点・皿2点・急須の蓋3点
計16点・・・ひび割れることもなく無事に焼き上がりました~♪

d0043602_19464437.jpg

皿の一つはヨットの線形をイメージしてみましたが・・
チョット幅が広く走りそうにはありませんネ!(笑) 
どのような作品になるかこれからが本番!、釉薬を何にするか大いに悩むところです!

by makimaki59 | 2008-02-06 19:33 | 陶芸 | Comments(8)