「海と日本プロジェクト2018」 ~のと里海の夏を楽しもう!~  成功裡に終了 ①


「海と日本プロジェクト2018」 ~のと里海の夏を楽しもう!~
イベントは県内外のヨット体験してみたいたくさんの親子やクルーザー体験レースには
富山からのクルーザーも参加。盛り沢山な体験イベントに参加者は大喜び!
天候にも恵まれ2日間にわたるイベントは成功裡に終えることができました。


d0043602_05521003.jpg


 

七尾市中島町小牧「小牧艇溜場」での初日イベント参加者
※写真をクリックすると拡大します。



d0043602_06033229.jpg


2日目和倉温泉の港での体験イベント参加者





初日イベント:中島町小牧

初日の体験イベントは①模擬レース観戦 ②ミニクルージングと
ディンギー体験③モータボート乗船 ④工作教室 が行われました。


d0043602_06124730.jpg


ヨット競技とはどのようなものかを知ってもらうために
インターハイから帰つたばかりの羽咋工業高校ヨット部員と
それに七尾東雲高校の部員が模擬レース披露してくれました。

d0043602_06170775.jpg
d0043602_06180334.jpg
d0043602_06194187.jpg
d0043602_06240689.jpg


模擬レースと言っても選手たちは真剣勝負!
力が入り過ぎて「沈」する艇も・・・

d0043602_06222205.jpg



後輩たちのレース運びに心配げに観戦する
元国体選手の二人です。


d0043602_06262981.jpg



レースの模様は国体石川セーリングチーム総監督の岩城宏志氏が
分かりやすく参加者に解説してくれました。

つづく


# by makimaki59 | 2018-08-20 06:36 | セーリング | Comments(0)

のと里海の夏をヨットで楽しもう!

今度の18日19日の土日、七尾市の中島と和倉港を拠点に日本セーリング連盟主催・
石川県セーリング連盟共催・七尾市・和倉温泉観光協会後援の
「海と日本プロジェクト2018」~のと里海の夏をヨットで楽しもう!~が開催されます。

d0043602_08444356.jpg


18日土曜日は七尾市中島町小牧の「小牧艇溜場」を拠点に
午前9時半から午後3時まで親子を対象にした
ヨットの模擬レース観戦やミニクルージング・
ディンギー体験・モーターボート試乗工作教室など
海を楽しむためのいろいろな体験企画が準備されています。


d0043602_09015535.jpg



中島西岸ハーバー近くの喫茶店YUHO(遊帆)


d0043602_08584557.jpg



実行委員会のメンバーが現地に集合
準備のための打ち合わせ会議(8/12)

d0043602_09192105.jpg



イベント内容としては小さなヨットに乗って操船体験ができる①小型ヨット体験
ロープワークの基本の結びを学び標本にする②工作教室
クルーザーに乗って七尾湾をクルーズする③大型艇ヨット体験
それに無線交信も体験できる④モーターボート体験を準備することになりました。


d0043602_09071607.jpg


2日目は和倉温泉「和倉港」に会場を移して
大型クールーザーレースに体験乗船できるイベントが準備されます。
募集人員は200名で午前8時から受付 
9時 艇長会議 9時55分 予告信号(⒑:00スタート予定)

レースは七尾西湾を周遊する約2~3時間のレースです。





# by makimaki59 | 2018-08-15 10:29 | セーリング | Comments(0)

高柳彬選手が世界選手権470級で銀メダル!

羽咋工業高校ヨット部OBで現在日本経済大学4年の高柳彬選手が
8月2日から9日の日程でデンマークのオーフスで開催された
男子470級で磯崎哲也選手(エスビーネットワーク)のクルーとして出場
見事、銀メダルを獲得しました。日本セーリング連盟によると
この種目の男子日本チームの準優勝は五輪・世界選手権を通じて初の快挙。
磯崎/高柳組は昨年、愛知県蒲郡市で開催されたワールドカップで準優勝するなど
2020東京オリンピックに向けて着実に力をつけてきており
同種目の現在の世界ランキングは3位です。


d0043602_23053597.jpg


470級 磯崎・高柳組

レース経過
予選シーリーズを2位通過。9日最終のメダルレースで好スタートを切り
上位のポジションをキープしたが、予選同点3位のフランスが先行。
予選1位のスウェーデンが順位を落としたが、先行するフランスを抜くことが出来ず
5位でフイニッシュ。この結果フランスが金。磯崎・高柳組は銀メダルと
惜しくも金メダルを逃しました。



高柳選手は「東京オリンピックのメダル獲得に向けて、この結果を自信につなげて行きたい。
さらに技術を高めるため来年は拠点を海外に移し、更にステップアップしてゆきたい」と
抱負を語っています。 (岩城先生⇔高柳選手LINE)



高校時代に高柳選手の指導に当たった前羽咋工業高校ヨット部顧問の
岩城宏志教諭(県立東雲高校)は「着実に成長している姿に逞しさと
喜びを感じています。これからも日本のセーリング界の方々の夢を乗せて
世界の大海原で挑戦を続けて欲しい」と喜びを語りました。


この朗報は北陸放送「レオスタ」(8/10)・北國新聞(8/11朝刊)
北陸中日新聞(同)朝刊でも大きく取り上げられました。










# by makimaki59 | 2018-08-11 08:00 | セーリング | Comments(0)