ユネスコ・スタディーツアー壮行式

今年もユネスコ石川青年部の学生たちがベトナム、カンボジアの寺子屋訪問に旅立ちました。
単に寺子屋を建設するだけではなく、そこに学ぶ子ども達と交流を深めようと
一行は本日の深夜旅立ちますが、それに先駆け昨日、関係者が集まり壮行式を行いました。

d0043602_7524073.jpg
県広坂庁舎の会議室を借りての壮行式
式には県ユネスコ関係者や青年部スタディーツアー経験者ら
約30名が参加して行われました。

d0043602_7562063.jpg
今回のツアー参加者は金沢大学・金沢学院大学、
金沢医科大学・北陸学院大学の学生たち合せて15名で
この他、ツアーのガイド役として体験者の学生2名が加わります。
d0043602_757598.jpg
参加者たちは3チームにわかれ
それぞれ現地の寺子屋で行う教育プログラムを約2ヵ月をかけ作成、
授業や遊びをとおして現地の子ども達と交流を深めます。

d0043602_7582531.jpg
一行は9月12日に帰国しますが、寺子屋訪問の他、
ベトナム戦争・カンボジア内戦の悲惨を実感できるいくつかの施設、
現地大学生との交流、アンコールワットなどの世界遺産等を訪ね
見聞を広めることになっています。


d0043602_8422388.jpg
ベトナム・ホーチミンの寺子屋(FFSC)の子ども達(資料写真)

d0043602_8425624.jpg
カンボジア・シェムリアップの寺子屋(EADC)

d0043602_8442910.jpg
カンボジアの寺子屋は完成して間もないため
まだまだ継続支援が必要・・・今回も県内の小学生から寄せられた
鉛筆やノートをはじめ企業・団体からの寄付してくれたTシャツなどを
ツアーメンバーがダンボール箱に詰め手荷物として運び寺子屋に届けます。

by makimaki59 | 2010-08-27 08:03 | ユネスコ | Comments(0)
<< 羽化した蝶! ファミリーカップレース >>