七尾港のタグボート

1通間前、七尾に用事があり、時間があったので港を見にいつた。瞬間、青空も見せたが、あいにくの曇り空で、港も寒々とした感じであった。府中の波止場に2隻の「タグボート」が接岸していたのでスナップした。ヨツトなどの小型船は、ほとんどお世話になることが無い船であるが、小回りの利かない大型の艦艇にとっては港の入出港時にはなくてはならない船である。
船自体は、100トン~200トンクラスと小さいが、馬力は2,000~4,000馬力もあり、小さくて力持ちで、その上小回りが利く船である。 船舶の港への出入りの他に、作業船台の曳き船として、また、座礁した船の離礁作業などにも活躍している。~頼もしい存在である~
d0043602_1042930.jpg

d0043602_105462.jpg

■タグボート「SADO」「SUZU」の2隻。湾口近くで大型貨物船の座礁事故がありその引き離し
作業に当たっていたのかなぁ~。七尾港は天然の良港であるが、港の入口に当たる小口瀬戸は間口が狭い上、岸近くの海底は浅く岩礁があり要注意の港でもある。しっかりと位置を割り出し赤と青の浮標を頼りに(本船航路)入出港しないと危険ですョ!それに、この辺は大敷網銀座と呼ばれる海域、網にもご注意!
by makimaki59 | 2005-12-02 22:29 | 日本海の景色 | Comments(0)
<< 尾山神社の夜景と金箔雪吊 穏やかな「師走」の入り >>