春の三国へドライブ ②

三国の歴史民俗資料館ともいえる「龍翔館」を
たっぷりと見学したあと、久しぶりに東尋坊へと向かいました。

d0043602_18203521.jpg



切立つ断崖絶壁
覗き込むと、さすがに目がくらみそうです!
断崖の先に人影が・・・

d0043602_18242733.jpg


望遠で捉えてみると子どものようです。
見ているだけにで足がすくみます。

d0043602_18290909.jpg


どうも親に向かってVサインを出しているようです。


 
d0043602_19401755.jpg

平日とあって客足が少ないのか・・・
それとも一時期のブームが去ったのかシャッターを閉めた店や
貸店舗の張り紙をした店もあり、
逆に高度成長期の観光ブームにわいた頃の
賑わいが、思い出されました。



d0043602_19513731.jpg

えちぜん鉄道(福井-三国港)
東尋坊からの帰りたまたま三国みなと駅に
電車が止まつていたので、車を止めて撮影しました。
「満開の桜に一両だけの電車」
なかなか絵になります。この電車30分に1本の割合で
運行されているそうですが、乗客の姿は見えませんでした。
d0043602_20004984.jpg

レンガ造りの陸橋のトンネルをくぐる電車
なかなか趣のある風景でした。




by makimaki59 | 2018-04-04 20:17 | Comments(2)
Commented by 花咲か爺 at 2018-04-05 08:35 x
東尋坊は一度行ったことがあります。
あの断崖に至る狭い道路際に土産物屋がぎっしり。
神社仏閣の門前ならまだしも景勝地にあれでは興ざめですね。

地方の鉄道も経営が大変ですね。
中国地方でもJRの三江線が廃線となりました。
Commented by makimaki59 at 2018-04-05 09:02
花咲か爺さんへ

そのとおりですね。
せっかくの景勝の地が、
あれだけお土産屋が並ぶと台無しですね。

三国沖でレースがある場合は、
レースの合間をみてジュリーのゴムボートを
東尋坊まで走らせて、崖の下から見上げてると、
そんなに高くは思えないないのですが、
崖の上から見下ろすと、その高さに
身体がこわばります!
※歳をとると高目がきかなくなりますね・・・

投稿連絡・・・携帯、PCにも連絡なしです。
砂時計で対応します。
<< 河北潟の桜街道 満開を迎える 春の三国へドライブ >>