「函館」散策 ②


元町公園

d0043602_13105028.jpg
旧北海道庁函館庁舎

この建物のある元町公園には4人の銅像が設置されています。
函館の発展に功績があった「四天王」と呼ばれた方々を顕彰した銅像で
その碑文を見て、大いに驚くとともに、誇らしくも感じました。

そこには「今井市右衛門」天保7-明治20(1836-1887)年
石川県能登の生まれ、若い頃に函館にきて西洋雑貨店を開き、
また、北海道で最初の新聞社「北溟者」を設立・・・
福祉事業の育児会社、恵まれない人たちための学校を設立するなど
多くの私財を投じて少しも惜しまなかった・・・と書かれてありました。

まるで「能登は優しや土までも!」を絵にかいたような人物だつたようです。

d0043602_13130783.jpg

d0043602_13115548.jpg
インターネットで調べて見たところ能登は珠洲市正院の出身。
子供の頃に父を亡くし、親戚を頼って江差に行き、行商などを経験して
函館で西洋雑貨の店を開き、成功したようです。


d0043602_13163336.jpg

旧イギリス領事館

d0043602_13155549.jpg


旧イギリス領事館の庭園

d0043602_13175042.jpg


たくさんの種類のバラが咲いていました。

d0043602_13145551.jpg

d0043602_13155496.jpg


新島襄の像

同志社を創立いた新島襄は、元治元年(1864)
鎖国の禁を破り、小舟を漕いで沖止めしている米国商船に
乗り移りアメリカへの密出国を果たしました。
それをイメージしてつくられたブロンズ像。


つづく


by makimaki59 | 2018-07-23 13:43 | Comments(0)
<< 「函館」散策 ③ 「函館」散策 ① >>