陶芸ー小物3点

9月末、本焼きで窯入れした小物3点が焼きあがりました。
なかなか、自分の思うようには焼きあがらないのは常ですが
今回はかなりイメージどおりの焼き上がりとなったのでアップします。

d0043602_09390724.jpg

「ぐい吞」
高さ6.4 径6.7
信楽赤土 白萩&透明釉

d0043602_09425936.jpg


「一輪挿し」A

高さ9.7 口周4.4~5.0  胴回8.4  底4.7  
信楽赤土 白萩&透明釉

d0043602_09485046.jpg


「一輪挿し」B

高さ9.5 口周3.4  胴回7.5 底5.5 
信楽赤土 白萩&透明釉


土と釉薬との相性、釉薬の濃度、それに焼成温度
窯のどこに置くかによっても微妙に焼き上がりに差が出てきます。
ここが難しいところであり、思うようにならないところが
逆に陶芸の魅力なのかもしれません。

いつの日にか、想像もできないような素晴らしい作品が
焼きあがることを夢見ている風旅です。


by makimaki59 | 2018-10-18 10:02 | Comments(0)
<< 秋晴れー浅野川散策 うろこ雲 >>