湖北「長浜」の旅 ②



豊臣秀吉を祀る「豊国神社」

d0043602_09370398.jpg

秀吉の三回忌(1600年)に長浜町民によって建てらた神社でしたが
徳川の世になり秀吉信仰が禁じられ社殿も取り壊された。
その後、えびす神を祀る神社の奥宮に密かに合祀されていましが
明治31年に拝殿が再建されました。

d0043602_09373155.jpg

秀吉は、信長の家臣時代は「五三桐」を使っていましたが
姓を豊臣と改めたのちには後陽成天皇から与えられた「五七桐」を用いました。
この神社に掲げられている紋も「五七桐」でした。


d0043602_10094251.jpg
長浜の観光エリア?
「黒壁スクエア」を散策

d0043602_10104182.jpg
昼食は黒壁スクエアにある「翼果楼」(よかろう)の2階で・・・
d0043602_10100836.jpg
湖北の郷土料理という「焼鯖そうめん」
900円と喉を潤すビールをいただきました。
海のない琵琶湖近郊では敦賀や小浜にあがつた鯖など
海の幸がご馳走だったようです。

初めて口にしましたが、焼鯖は骨まで柔らかく
大変おいしゅうございました~♪


d0043602_12312430.jpg


黒壁スクエア
旧黒壁銀行(第百三十国立銀行長浜支店)のあった周辺地域
ガラス工芸を中心としたショップや郷土料理が楽しめるお店、
お土産屋などが軒を連ねる人気のスポットです

d0043602_12320837.jpg

ノスタルジックの趣のある、お店が軒を並べています。


d0043602_12323467.jpg

d0043602_12333490.jpg


曳山を入れてある保管倉庫

d0043602_13222780.jpg


町屋を利用した長浜バイオ大学・
町屋キャンパスの布製看板が目に入りました。
滋賀県は環境問題の先進県ですネ!


d0043602_12341534.jpg


旧開知学校(明治4年):滋賀県初の小学校
木造3階建てモルタール造りです。


d0043602_12343663.jpg



JR長浜駅前

地方都市の駅前とは思えないほどの立派さ!
観光産業に力を注いでいることが肌で感じることができました。
もう一度、訪れてみたい湖北の地でした。





by makimaki59 | 2018-10-26 13:30 | 日記 | Comments(0)
<< 秋の落日ー内灘の浜 湖北「長浜」の旅 >>