内灘町の風車


 しばしも休まずクルクルまわ~る♪    


風さえあればの話ですが・・・内灘町のサンセットブリッジ近くにある風車は、「村の鍛冶屋」の歌のように働き者です。
松任のCCZの風車はいく度かの落雷被害で再起不能といわれていますが、雷銀座と言われる
河北潟周辺にあって元気に回り続けているのは、風車の守り神「誘雷塔」のおかげのようです。

d0043602_22551832.jpg


■CO2削減が叫ばれていますが、この風車(風力発電)による削減効果は年間約930トン、地球温暖化に一役買っています。
風車の概要・・タワーの高さ65m/羽根(ブレード)を含めると100.25m・年間発電量約25万5000kwh/年(標準世帯700世帯分)。「誘雷塔」は風車よりも5m高く105m。雷が風車を直撃しないように誘雷塔の方に誘導しています。
by makimaki59 | 2006-09-12 22:55 | 河北潟の四季 | Comments(10)
Commented by くてくて at 2006-09-13 00:09 x
ライトアップされているんだ。幻想的ですねぇ。
その電力はもちろん風車のものか、な?;-p
松任はそのままなんですか。。。
Commented by chiba at 2006-09-13 10:07 x
青森へ行ったときに、電車からの車窓の向こうに、風車が何台も回っているのをみました。風車の羽根が回る姿は、なぜか、気持ちまで元気にしてくれます。
Commented by 風の旅人 at 2006-09-13 11:34 x
くてくてさんへ
当初は、風車の電力をサンセットブリッジなどのライトアップなどに使うことも検討したようですが、電力会社に売電したほうがコスト面で有利なようで・・・・このライトアップの電源は北陸電力のものです。
松任の風車は日本海側初(1993年3月)の風車としてCCZのシンボルタワー的存在でしたが、デンマーク製とあって部品を調達するにも時間が、かかることと、財政難から再起は難しいようです。
Commented by 風の旅人 at 2006-09-13 11:43 x
chibaさんへ
風車や水車のある風景を見ると、本当に心が休まりますネ♪
青森は特に風の強いところ・・・風力発電の立地条件はいいかも。
能登でも風車が増えてきていますョ!
Commented by gonkappa at 2006-09-13 21:46
きれいな写真を楽しませていただいています。また、ちょくちょくおじゃまさせていただきます。山里くつきへもまたお越し下さい。
Commented by 風の旅人 at 2006-09-13 22:19 x
gonkappaさんへ
朽木は自然豊かなところですネ♪
よろしくお願いします!
Commented by fumika-fumika at 2006-09-14 07:10
毎日みてる風景なのに、、、きれいって思ってしまう
わたしも 今度サンセットブリッジのショット狙ってみようかな(^^
Commented by 風の旅人 at 2006-09-14 08:10 x
fumikaさんへ
雨の日も雪の日も風さえ吹いていると夜も休み無く働き続けている風車の姿は、けなげですね。
師匠のお手本、「サンセットブリッジのショット」を期待しています♪


Commented by gonkappa at 2006-09-14 21:04
風の旅人さんこんばんは。
風車の話題で一つ。滋賀県はもともと盆地なので全般に風が弱く風車にはやや不向きな地形なんですが、2つの風車があります。
一つは草津市にある風車で内灘町と同様のプロペラ型風車でドイツ製ということです。
そしてもう一つがわが高島市の新旭町の琵琶湖畔、道の駅でもある「風車村」にある6枚羽根の風車です。形からして決して発電に向いている訳ではないのですが観光用も兼ねて作られたもので、内湖のエアレーション用水車の電気を供給するというコンセプトです。20年ほど前にこの風車の建設に少し関わったもので紹介させていただきました。
Commented by 風の旅人 at 2006-09-14 21:39 x
gonkappaさんへ
クリーンエネルギーはいいですネ。これだけ石油価格が高騰すると、もつと風力や太陽光発電、それにエタノール・水素などの代替エネルギーの
研究開発に更に拍車がかかりそうですね。
風車のエネルギーを利用して内湖の浄化・・・環境にやさしいプロジェクトですね。
<< お庭焼き・・・北陶 実りの秋へ >>