第2弾・・・焼きあがりました!


陶芸教室に通い始めて半年余り、2度目の窯だしです。


d0043602_1510266.jpg

どのように焼き上がっているか・・・ドキドキする瞬間です。

d0043602_15104673.jpg

1年生から3年生までのおよそ60点余りの作品が焼きあがりました。

d0043602_15111052.jpg

焼きあがった作品の批評をする飯田倫久先生(右から3人目)

d0043602_15141362.jpg

 
3番目の作品「花器」・・・弁柄(べんがら)で胴周りと口部分を縁取りして白萩をかけました。

d0043602_15152590.jpg

ほぼ、思っていた色合いが出て満足です!

d0043602_1518186.jpg

4番目の作品「水差し」・・・飴1号を全体にかけ、木の葉の部分に織部を刷毛塗りしました。

d0043602_15194233.jpg

滑り止めにワイヤー・ブラシで縦に筋目を入れたところ木製の感じになりました。

by makimaki59 | 2007-11-09 15:11 | 陶芸 | Comments(16)
Commented by gonkappa at 2007-11-10 23:41
これが陶芸半年の人の作品ですか?驚き以外の何者でもありません。
ほんとにびっくりです、白い花器は何ともいえない良い色がでてますし、水差しは、容器とふたのマッチングなんか半年の人の作品とは信じられないくらいすばらしいです(感服・・)
Commented by 風の旅人 at 2007-11-11 08:05 x
gonさんへ
あまり褒めると・・・「豚も木に登ります!」(笑)
陶芸の面白さは「釉薬」の変化かも知れません。
釉薬の樽に浸け込む時間によって、
色合いが大きく変化します。
陶芸の奥の深さを感じます。
Commented by netton at 2007-11-11 09:42 x
やったぁ~~!!完成しましたね
花器がいいですねぇ 使ってみたいです。
活ける立場から言わせていただきますと、穴は底に向かってナナメに空いていた方が活けやすいかなぁ~♪と思ったのですが、いかがでしょう?
水差しは木の質感が表れていて面白いですね
本体の色と蓋の葉っぱに季節感が出ていていいなぁ~♪
Commented by 風の旅人 at 2007-11-11 19:35 x
nettonさんへ
・・・その通りですね。
さすがnettonさん、イメージ的には
どこかからでも挿せるようにと思ったのですが
知恵が足りませんでした(反省)
飽きたら底に穴をあけてランプにしようかとも思っています。
Commented by みっちゃん♪ at 2007-11-11 19:46 x
さっそく遊びに伺いましたよ^^
陶芸もなさってるんですね~!
すごく素敵な作品でびっくりです☆

写真もさすがですねー!
お祭りの写真、感心しました!
私は地元のお祭りの写真はしっぱいばかりでしたから。

私は家は津幡ですが、太鼓や人形劇で内灘にお世話になりっぱなしです。
昔住んでいたからというのもありますけどね。
どうぞ宜しくお願いいたしますね(^0^)
Commented by くてくて at 2007-11-11 19:47 x
すごーい。いい色あいですね。秋から冬にぴったりの色。
木の葉がかわいいなぁー。
Commented by reiko at 2007-11-11 20:42 x
わお~!!
陶芸をはじめて半年ですか?
素晴らしいできばえですね。
家のお店に展示しても十分売れますよ!(笑)
水差しの飴色といい、両手にすんなりと収まる
ころあいの大きさといいGoodです☆
ひょつとして風の旅人さんは茶道も達人(?)ですか。
Commented by 風の旅人 at 2007-11-11 20:51 x
みっちゃんへ
お疲れ様でした!
太鼓の演奏素敵でした~♪
特に金沢の皆さんとの競演「加能の響き」
迫力がありました。
mixiでプロフィルまでたどりついたのですが、
操作が良くわかりませんでした。
近々、学習してお邪魔します。
Commented by 風の旅人 at 2007-11-11 20:57 x
くてくてさんへ
飴釉は、あたたかい感じがして、秋・冬には良いかもしれませんね。
褒めていただいてありがとうございます。





Commented by 風の旅人 at 2007-11-11 21:22 x
reikoさんへ
お褒めの言葉ありがとうございます。
皆さんにこれだけ褒められると、穴の中に入りたい気持ちです。
お茶は、ずぶの素人、武家茶で作法知らずです。
一度、千宗室さんのお点前でお茶をいただきましたが
緊張で「油汗」が出ました。
その時、宗匠がおっしゃった言葉は、「作法はいりません、ただ、美味しく
おのみになれば、それでけっこうです」と武家茶についてお話くださったことが今でも強烈な印象として残っています
Commented by 下町娘 at 2007-11-12 10:47 x
どんな色が出るのだろうと楽しみにしていました・・・とっても素敵に仕上がりましたね、凄いですね!!
Commented by 風の旅人 at 2007-11-12 14:21 x
下町娘さんへ
ありがとうございます。
どの釉薬を使用しようかと悩むところですが
まずまずの想いの色が出ました。
釉薬の色によってイメージが、大きく変わり
釉薬の奥の深さを垣間見る思いです。
Commented by tokimekiroman at 2007-11-12 18:37
2度目の窯出し、おめでとうございます!
シンプルでありながら、芸の細かい作品ですね。
とても1年生の作品とは思えません。
kazetabiさんは、才能があるんですね。
Commented by 風の旅人 at 2007-11-12 22:50 x
tokimekiさんへ
ありがとうございます。
3作品の花器からサインを「風」と変更しました(笑)
Commented by 東シナ海 at 2007-11-13 20:08 x
水差しには驚きました。お茶に早速使ってみたいですね。実物を見るのを楽しみにしています。
Commented by 風の旅人 at 2007-11-14 07:14 x
東シナ海さんへ
大樋焼の飴釉風の感じとなりました~♪
小ぶりですので扱いやすいかも知れませんね。
<< 芸術の秋です~♪ 2007全日本学生ヨット選手権... >>