<   2019年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

石川県セーリング協会 総会

2019年度石川県セーリング連盟の総会が4月21日(日)
いしかわ総合スポーツセンターの第1会議室で開かれ
前年度の事業報告並びに収支決算報告。新年度の事業計画案
収支予算案、それに役員改正について審議され、
全議案について異議なく承認されました。

d0043602_07434172.jpg
総会に先立ち例年、セーリング関係の講座として
講師をお迎えして講演を開いていますが、
今回は金沢市消防本部から救命士をお迎えして
緊急時の救急救命の方法を勉強しました。

d0043602_07462801.jpg
d0043602_09001445.jpg

d0043602_07483243.jpg
d0043602_07493659.jpg


ところで役員改正の件ですが、
風旅、理事を務めて45年。かねてリタイアの時期を
考えていましたが、新しい「令和」を迎えるにあたり
若い人にバトンタッチすべきと考え理事職を辞することにしました。
永年にわたり、至らぬ私を支えてくれた皆様に深く感謝いたします。

理事を辞したことから県連から「参与」という肩書をいただきました。
永年お世話になった、県連への恩返しの思いも込めて
元気なうちは、引き続きお手伝いしていく覚悟います。










by makimaki59 | 2019-04-22 08:58 | Comments(0)

浜は漂流物で一杯!

海も春の装いですが、このシーズンは荒れる日本海の
風と波に岸辺に寄せらられた大量の漂流物で一杯です。

d0043602_08442511.jpg



浜には発泡スチロールやペットポトル、漁具類が
打ち上げられています。

d0043602_08480842.jpg


ドラム缶 浜に到着。
「流れるつくヤシの実一つ・・・」はメルヘンチックで
良いのですが、ドラム缶はいただけません!

d0043602_08505920.jpg


d0043602_08521494.jpg


海を眺めていると心が癒されます。
いよいよセーリングシーズン開幕です!


by makimaki59 | 2019-04-18 08:54 | Comments(0)

アカシア林帯遊歩道

内灘町には住民の憩いの散歩道ともいえる「林帯遊歩道」があります。
かっての内灘砂丘の頂上付近のアカシア林を切り開いて造成されました。
この林帯遊歩道は緑台地内から金沢医科大近くの恐竜公園間の約2.2km.
春にはアカシアの花が楽しめるほか、造成後に植樹された桜や山茶花
椿、それに四季それぞれの海浜植物の花々を楽しむことができます。

d0043602_22571013.jpg
あさ6時台の遊歩道

d0043602_23002213.jpg
海浜植物のハマダイコンの花が満開です!


d0043602_23243381.jpg
ハマダイコンの花

d0043602_23075525.jpg
コブシは満開時を過ぎたようですが、綺麗です。

d0043602_23162871.jpg

d0043602_23182757.jpg

小鳥の巣を見つけました!
林帯遊歩道は小鳥たちにとっても憩いの場所。
ウグイスやシジュウカラ、ヤマガラのさえずりが
心を癒してくれます。 

d0043602_23272969.jpg


ソメイヨシノに遅れて咲き始めた
「オオシマザクラ」も8分咲きです。

d0043602_23302095.jpg


 
ソメイヨシノは散り始めました・・・・


d0043602_23342904.jpg


この林帯遊歩道、我が家の愛犬もお気に入りの散歩道です~


by makimaki59 | 2019-04-16 23:42 | Comments(0)

河北潟の桜街道 

内灘から津幡を結ぶ河北潟の桜街道
この桜街道、またの名前「母恋街道」とも呼ばれています。
謂れは、隣町の津幡から日に3回、母の看病のため
金沢医科大病院に通っていた娘さんが、
母が見たがっていた桜を植えたのが始まりで、
その後、金沢、津幡、内灘の1市2町が
「母恋街道」の桜並木道として整備したそうです。

それから、今年で21年目を迎えた「母恋街道」の桜、
随分と立派に成長、今では桜の見物の名所の一つに数えられています。


d0043602_11322327.jpg
d0043602_11334142.jpg
d0043602_11373156.jpg
d0043602_11400407.jpg

d0043602_11410828.jpg
河北潟堰堤沿いに約9㎞に1,500本の桜が植えられています。



by makimaki59 | 2019-04-15 10:51 | Comments(0)

桜ー見物!


久しぶりに暖かい日となった昨日、94歳になる義母を連れて
金沢の桜の名所の一つ金沢市高尾町の「県教育センター」に
出かけました。この町名は室町時代、加賀を治めていた守護大名
富樫氏の居城「高尾城」が,あったことからこの名前がついています。
d0043602_16430087.jpg
この旧高尾城にのぼると途中に「県教育センター」がありますが
この駐車場の桜は見どころの一つです。

d0043602_18140482.jpg
一昨日に「兼六園の桜」が満開を迎えたと
NEWSでも取り上げられていましたが、
山側に位置するここ高尾の桜も満開を迎えた感じです。

d0043602_18193954.jpg
山腹に広がる桜・さくら・桜・・
見事です~♪

d0043602_18211332.jpg
桜の下にはタンポポと踊子草が一面に広がっていました。

d0043602_18290723.jpg

d0043602_18302822.jpg



この日は「花曇り」ですこし残念ではありましたが
それでも満開の桜を見ることができて
義母も「今年も綺麗な桜を見ることができた」と
心から感激している様子でした。



d0043602_18403563.jpg


内灘の河北潟堰堤沿いの、通称「母恋街道」の桜並木は
6~7分咲きと云った感じ、見頃は2~3日後になりそうです。





by makimaki59 | 2019-04-09 18:46 | Comments(0)

富山へ撮影旅行

写真同好会のメンバーと春恒例の撮影旅行へ
今年は撮影地を「日本さくらの名所100選」にも選ばれている
富山市内を流れる松川の桜の撮影と決めて出かけました。

d0043602_16264313.jpg


金沢駅8:48発の普通列車で富山へ
所要時間は約1時間、のんびりと列車の旅です。

当初はメンバー全員で賑々しく出かける予定でしたが、
前日は季節外れの雪に見舞われ、旅行当日の予報も
朝方まで雪か雨が残るとあってか、リタイア組が続出、
結果、列車組5名 マイカー組1名の合わせて6名の
一寸寂しい旅となりました。

d0043602_16325616.jpg


富山駅には立山連峰を写したパノラマ写真があり
ここでも記念写真です。
途中の倶利伽羅峠付近は雪が残っており
全員、冬装束で正解でした!

d0043602_16454116.jpg


名残の雪で開花のスピードが大幅にダウン・・・

d0043602_16494004.jpg


早い段階では満開の桜を楽しむはずだったのに
2~3分咲きと言ったところでした。

d0043602_17034642.jpg
d0043602_17023169.jpg
d0043602_17071009.jpg


松川の船着場のすぐ近にはお城があります。
先の大戦での「富山空襲」で城も焼けてしまいましたが、
戦後、天守閣はコンクリートで再建されています。

d0043602_17140787.jpg


富山城の天守閣

d0043602_17344194.jpg


園内の枝垂桜

d0043602_17371760.jpg


昼食はお酒も呑めるお蕎麦屋さん
神通川河畔近くの「田村」へ
早速、冷えた身体を温めようと「立山」の燗酒900円と
十割蕎麦と国産鴨汁セット1.600円(16食限定)を注文。
蕎麦の美味しさはもちろん、「立山」の絶妙とも言える
燗の仕方で、抜群の「旨酒」に!ついつい止まらなくなり
追加注文する羽目と相成りました!(笑)

もう一度、行ってみたいそば屋さん「田村」でした。



昼食後は富岩運河環水公園へ

d0043602_18310723.jpg



腹ごしらいを終えて、今度はティータイムです!

d0043602_18334257.jpg


環水公園内にあるスタバで一休みです。


d0043602_18343549.jpg


店内ではなくて外のデッキスペースでいただきました。
厚手の冬装束が役に立ちました!
今回の旅は撮影旅行というよりは食の探訪と言ったところでした。

d0043602_18372095.jpg


富山市には市役所をはじめ近代的なモダンな建物が多いようです。

d0043602_19423486.jpg


駅前通りの街灯には「チンドン・コンテスト」のバナー広告が・・・

d0043602_19434925.jpg


富山は通称チンドン祭の開催地としても知られていますが
今回で65回を数える「全国チンドンコンテスト2019」が
4月5日(金)から6日(日)の3日間実施され
街は多くの見物客で賑わいをみせるそうです。

※スナップ写真は同行者からの提供です。




by makimaki59 | 2019-04-05 20:20 | 日記 | Comments(0)