レースシーズン開幕!

長らく雪に閉じ込められていた北陸水域の大型艇ヨットですが、
5月6日(日)和倉温泉沖での第1回大型艇ポイントレースで
レースのシーズンを開幕しました。


d0043602_15392198.jpg


第1回ポイントレースには そよ風・カパルアベイ・U&U
フェアⅤ、翔波、ビックベア、フェニックス,アナコンダ艇が、エントリ。
9:30受付 10:00 艇長会議 10:25 予告信号
コースは和倉桟橋沖スタート→能登島大橋付近マーク→
種ケ島・机島→和倉桟橋沖マーク→能登島大橋付近マーク→
和倉桟橋沖フイニッシュでスピードが競われました。
                        ※赤字は訂正部分

d0043602_15545610.jpg
d0043602_15561884.jpg


艇長会議を終えてレース海面に向かい離岸する各艇

d0043602_15594873.jpg


スタート10分前、好位置からスタートするために
各艇の駆け引きが、つづきます。

d0043602_16042247.jpg


翔波
波はあまりたっていないもの西よりの風5~6m/s
空は曇り空ながら絶好のレース日和です。

d0043602_16062084.jpg


そよ風とアナコンダ(右)


d0043602_16103973.jpg


ビックベアとフエアⅤ
2分前なのにスタートラインから離れ過ぎの感じです・・・

d0043602_16201280.jpg


スタート!
1番手はU&U 次いでそよ風 それを追う翔波!


d0043602_16231028.jpg


2~3分遅れでスタートラインに近づくフェニックスとカパルアベイ


d0043602_16263871.jpg


第1マークに向かうトップグループ
左からU&U・翔波・そよ風



シーズン開幕こ恒例の記念写真です。

d0043602_16380748.jpg


※着順&修正順位の結果はいましばらくお待ちください。


# by makimaki59 | 2018-05-06 17:19 | Comments(0)

ゴールデンウィークあれこれ~♪

ゴールデンウィークの前半は天候に恵まれ絶好の行楽日和!
長女もたまたま帰省してきたこともあって泊りがけで
義母たちも誘ってファミリーで能登方面に出かけてみました。
ゴールデンウィークとあって、どこもほぼ予約で満室状態!
幸い外浦に位置する富来の「シーサイドヴィラ渤海」に
5人部屋が1室だけ空いていてそこに泊まることしました。

d0043602_17571328.jpg


富来の増穂浦海岸の「世界一長いベンチ」(469.9m)として
ギネスブックにかってはも登録されたことがあるベンチですが
その後、お隣富山県南砺市の瑞泉寺に参道に作られた
木製ベンチ(650.02m)に抜かれたようです。
海外ではブルガリアに1015mのベンチもあるとのこと・・・
現在のギネスの本当のタイトル保持者は?

d0043602_18171580.jpg


富来町入口付近にある機具岩

若い頃に ジュニアのヨット大会や
ウインドウセーリングの全国大会を開いた増穂の海。
透明度抜群で海の底に泳いでいる魚やイカ類を見つけ
感動したことが思い出されます。

d0043602_18272768.jpg


日本で一番古い木造建ての旧福浦灯台
福浦港は天然の良港でかつて渤海との交流もあった。

d0043602_19081375.jpg


松本清張の「ゼロの焦点」で知られている巌門では
何十年ぶりに遊覧船に乗ってみました。

d0043602_19042057.jpg


うねりが残っているのか岩場に叩きつける波

d0043602_19063205.jpg


巌門の洞口付近まで船が入って行きます。

d0043602_19174010.jpg


この海域は浅瀬や暗礁、岩礁だらけの危険水域です。
そこを悠々と操船して行く遊覧船の船長に腕前に感動でした。!


d0043602_19304090.jpg


増穂浦のサンセット

★ 西海漁港にある寿司処「西海丸」・・・噂とおりネタが新鮮で大満足!
★シーサイドヴィラ渤海の食事も新鮮な魚中心で期待以上の美味しさでした。


# by makimaki59 | 2018-05-04 21:34 | Comments(0)

2018年度のヨットシーズン開幕!

石川県セーリング連盟の新年度の活動スケジュール等を決める
2018年度総会が4月22日午後、いしかわ総合スポーツセンターで開かれました。
総会には連盟加盟の高校生、大学生を含む会員およそ50名が参加しました。

例年、総会に先立ちヨット関係するゲストを迎えて講演を開いていますが、
昨年、県連の長い歴史の中で初の水難死亡事故が発生。
練習中の金沢工業大学ヨット部の選手1名が亡くなるという
悲しい事故がおきたことから、今回は七尾海上保安部交通課の
担当者を招き「海難防止」をテーマに講習会を開きました。

d0043602_08095116.jpg


それによりますと2016~2017の2年間で全国で起きた
ディンギー(小型艇)の事故は30件で大半は転覆、復元できなくて
他の船に救助、曳航されれケースのようです。
原因の多くは前線通過による気象の変化によるもので
「可能な限り気象情報の把握に努め事故防止につなげてほしい!」
と呼びかけました。また、海上保安庁では津波警報や注意報などを
メールで配信する「緊急情報配信サービス」を提供しており
メールアドレスの登録(無料)を勧めています。

この他、事故防止のために海上衝突予防法、航行ルールや
ISAFセーリング規則の確認、ライフジャケットの着用、
落水した場合の体力の温存、それに体温低下を防ぐ工夫が大切です。
特に冬場の海水温は低く、5度以下の場合は1時間もたないそうです。
ウエットスーツやドライスーツを着用などの対応をしたいものです。

d0043602_08303829.jpg

中日新聞、23日朝刊に掲載されました。


この他、海に出る場合は、携帯電話やスマートフォンを
防水パックに入れとおくことを勧めています。

d0043602_09213956.jpg


講習会の後は総会に移り、前年度の事業報告、決算報告
新年度の行事日程、予算案が承認されました。
今年は福井国体の本番! 石川県連も支援体制をとっており
昨年につづき、何かと忙しい年になりそうです。





# by makimaki59 | 2018-04-23 09:42 | Comments(0)