宇宙食のアイスクリーム

まだ、ディスカバリーが無事帰還できるか固唾を呑んでいるとき、宇宙食のアイスクリームをいただいた。まだ封を切っていないが、初期のアポロミッションの頃に開発されたものらしい。
本当のバニラ・イチゴ・チョコレートの3色味を1個にまとめた欲張り製品である。成分は牛乳脂肪・砂糖・コーンシロップ・イチゴ・ココア・セルロースなど。重さは風袋込みで21グラムと軽い。
d0043602_8224881.jpg

d0043602_8232613.jpg

最近では、いろいろなものが宇宙食として持ち込まれているらしい。
30数年前、最初の長距離レースに食パンや果物、野菜類を船に積み込んだが、キャビン内は
温度と湿度が高いため、すぐにアオカビが生え苦労したことがありました。その時、カビが生え
にくかったのは、水分の少ないフランスパンに近いスティク状の堅パン類でした。
今では、冷蔵庫を備え付けた艇もあり心配はないかぁ~
               -アイスの味は後日、報告します!-
# by makimaki59 | 2005-08-12 08:01 | 日記 | Comments(2)

諏訪湖

春の全国少年少女オープンヨット大会(東地域)の会場となる諏訪湖。ここ2年間は山中湖に
会場を移したが、子どもたちを連れて十数年通った諏訪湖は懐かしい。聞くところによれば、長野県の伝統校、茅野高校ヨット部も一昨年廃部となり、寂しい限りである。これも少子化の影響なのだろか・・・・・。再興を望みたい。
 
ー諏訪湖は渇水期、水質はだいぶん良くなったと聞いていたがアオコが目に付いたー

d0043602_13125345.jpg

d0043602_13133063.jpg

# by makimaki59 | 2005-08-11 12:36 | セーリング | Comments(0)

「ヨット体験講座」②

体験講座で学生たちをコーチして、「学生気質」は随分と変わってきていることを感じる。もちろん個人差はあるが、全般的には「唯我独尊」的・・・団体として行動することが不得意になってきているようだ。
この中にあって、今回の体験講座に参加した中国から留学生たちの立ち振る舞いには感心させられる。ヨツトは海に出てのセーリングは楽しいが、マストを立てたり、セールを張ったり・・・擬装する作業が大変!また、練習を終えフネやシート(ロープ)類を水洗いしてかたずけるのも大変な労力を必要とする。
誰もやりたくない作業はあるが、留学生たちは率先して身体を動かしていた。学ぶ姿勢も真剣である。高度成長期前の日本の学生の姿を見るようであった。 
我が国の21世紀を担う若者の奮起を期待したい。

d0043602_940342.jpg

# by makimaki59 | 2005-08-07 09:42 | セーリング | Comments(0)