MROヨットフェア

セーラーの海の祭典、第31回和倉温泉MROヨットフェアが24日(日)に開催された。
参加艇は富山県からのエントリーを含め23艇。140名を超えるセーラーが参加した。
開会式の後、10:30分、Aクラス・Bクラス一斉にスタートしたが、生憎の超微風。権利艇を避けるにも艇速が無いために舵がきかない!
その上、風向きが急に180度近く振れ、権利艇が、いつの間にか被権利艇にと立場が逆転。あちこちで接触する艇が続出した。
しかし、抗議書の提出は1件もなし!おおらかなセーラーの集いである。レース委員会、出来れば「回答旗」を展開し、スタート時間を延3~4分後には、風が吹きだし、まずまずのレースコンディション。
試乗会に訪れた留学生たちもレース艇に分散乗船、ヨットレースの醍醐味を味わっていた。

d0043602_231563.jpg

d0043602_2382100.jpg

 留学生たちもヨットースを堪能! 

レース結果:Aクラス ①ワンダ(富山)②トゥインクルR(七尾・西岸)③レインボー(七尾・和倉)

        Bクラス ①そよ風(金沢)②KAZE ③ランファン(七尾・西岸)④しらゆき
              ⑤プリマベーラ ⑥トゥリンクル8 ⑦ソフィア ⑧裕邦 ⑨レッド
              ⑩極楽トンボDNF
# by makimaki59 | 2005-07-25 22:29 | セーリング | Comments(0)

Bクラス優勝はとよ風?

七尾港まつりヨットレースの修正タイムが出て、翌日の朝刊にその結果が掲載されていた。
昨年はコッパⅡ(和倉港)がAクラス優勝を果たしたが、今回は富山からの遠征組のワンダーに
優勝を奪われた。ひょっとしたら着順3位のレインボー(和倉港)が修正タイムで優勝の可能性があると思っていたが、とどかなかったようだ。Bクラスはそよ風、2位はブログでも紹介した富山のオドゥール、3位はレース初参加の空蝉(七尾港)。
新聞ではBクラス優勝は「とよ風」と誤記・・・「そよ風」がかわいそう!相撲の力士名だと「とよ風」でもいいが、ヨット名としては、いただけない。
レースを終え、初陣のUTZSEMI(空蝉)見学に出かけた。艇年数20年前後レーサーというよりはクルージング艇。いろいろ手づくりのアイデア製品を見かけたで紹介してみよう!

d0043602_234565.jpg

 「オカモトK-30」 横浜のオカモト造船所の製作で設計は熊沢時宗氏

d0043602_2364046.jpg

 キャビン内の内装もしっかりしていて綺麗だ!

d0043602_2383752.jpg

 新オーナーが手づくりしたオーナーズチェア。見事、ちょっと塗装の色が濃いか・・・

d0043602_23105924.jpg

 これもアイデア。ウインチの頭部を利用したボトルラック。
# by makimaki59 | 2005-07-19 23:31 | セーリング | Comments(0)

西岸ヨットハーバーに訪問艇

七尾港まつりヨットレースを終え、中島町にある西岸ヨットクラブのハーバーに艇の整備に行った。
ゲスト用バースに日本海航海中のフネが繋留していた。艇名は「DoNTaKu」。七尾に「どんたく」というスーパーマーケットがあるが、どうも違うようだ・・・・。
博多どんたくが有名だから福岡県の艇だろうか?しかし、艇体には静岡と書いてある。お年寄りのヨットマン2人で航海しているようだが、残念ながら話をする機会が無かった。取材不足・・・今度、クラブ長のN氏に詳しいところを聞いてみよう。

d0043602_20245558.jpg

長距離の航海の場合、マストにステップを取り付けてあると便利!
この4月から航海の途中にこのハーバーに寄港したフネは3艇目。いずれの艇もフェンダー(防舷財)の立派さに感心している。

d0043602_2039148.jpg

d0043602_20412974.jpg

d0043602_20433985.jpg

艇の大きさは26フィートクラスか、ドッグハウスも高く、日よけ用のオウニング・・・強風時のクロスホルドは厳しいだろうなぁ~。
「風車」は気に入りました!最近では充電のためのソーラーパネルを取り付けてある艇を見かけますが、ヨットは風で走るもの、充電も風の力を利用したいものですネ。
# by makimaki59 | 2005-07-18 22:03 | セーリング | Comments(1)